コンビニレジ袋有料化 お勧めのマイバッグ3選

コンビニのレジ袋有料化だが、本部は単純に「有料になります」としか言っていないので炎上している側面もあるのかもしれない。スーパー等では「マイバッグ販売してます」「マイカゴ販売してます」という店も増えてきており、レジ袋を有料にするなら代替案、つまりマイバッグも販売すべきである。雑誌コーナーの棚を全廃してマイバッグを販売する棚に変更すれば本部も売上を獲得できるに違いない。
・シンプルなものがいい
アマゾンで売っていた商品で価格は1,730円であるが、3円のレジ袋を576回と考えれば元が取れる計算だ。一日3回買い物したとして約192日という計算になる。耐荷重は18kg。
・保冷機能が欲しい
25L入り、保冷機能があるので冷凍や冷蔵ものを買う時も安心だ。価格は1,982円。3円のレジ袋を660回と考えれば元が取れる計算で、一日3回買い物したら約220日という計算になる。
・柄付きがいい
女性でおしゃれな柄がいいという場合には、このような商品がオススメだろう。価格は1,380円。3円のレジ袋を460回と考えれば元が取れる計算で、一日3回買い物したら約153日という計算になる。耐荷重は20kg。
「有料化は嫌だ」というのは確かにそうであるが、反発しても変わらないのであればいっそのこと受け入れてマイバッグを買ってしまうと言うのも一つの手だろう。小売業全体で有料化が導入されるわけで、一度しっかりしたマイバッグを買っておけばスーパーやコンビニのみならず、様々な業種で活躍する事は間違いない。