300円を10円玉30枚で出したら違法!合法・違法の境界線は?

特にスーパーやコンビニ等の小売店の店頭で、お年寄りが「財布が軽くなったわね」などと言いながら小銭をちょろちょろ出している光景をよく見かけるが、実はこれには法律の定めがあり、貨幣(小銭)については20枚以内という決まりがある。威力業務妨害ではと言い張る人もいるが、繰り返し暴言を吐きながら要求した場合は当てはまるかもしれないが、店員に事前に相談して店員が許可したのであれば威力業務妨害になる事はない。

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律
(法貨としての通用限度)
第七条 貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。

つまり、同じ種類の貨幣は20倍までしか使えないという事だ。貨幣合計で20枚までではなく、同じ種類の物は20枚までしか使えないという事だ。
合法になるパターンと違法になるパターンは以下の通りだ。
(合法)
100円を10円玉10枚で、200円を10円玉20枚で、900円を100円玉9枚で
500円を10円玉20枚、50円玉2枚、100円玉2枚で
(違法)
500円を10円玉50枚で、300円を10円玉30枚で、3000円を100円玉30枚で
しかし実際には「受け取らない事もできる」というような運用となっており、裏を返せば「受け取る事もできる」という訳で、最終的にはその店舗やその店員の判断次第という事になる。客の利便性向上のために今まで断らず引き受けてきた店側も店側であるが、これからは「多すぎるので受け取れません」という等、いくら返り血を浴びようがしっかり言うべき所は言っていく事が大事なのだろう。