五輪ホントにできるの?日本が収束しても世界が収束しないと中止も視野


海外のニュースサイト等から「五輪中止もあり得る」というような報道が出てきつつある。1年延期が無理なら中止しか選択肢は残されていないからだ。安倍総理や公務員等は五輪を推進する立場である事から「中止になるだろう」と思ってはいても口にできず、「絶対に1年後実施できる」と自信満々で答えるか、あるいは表面上何かを匂わせるコメントをする事が多い。テレビ局等はスポンサーである事から中止等の話は逆立ちしてもできないだろうが、一般常識的に考えれば例え日本が収束しても世界が収束しないと五輪として成り立たないのは言うまでもない。
・1年後、感染症が完全にクリアになる保証はない
・選手村等の宿泊で完全に感染が起きない保証はない
・発展途上国などはまだ感染症が収束していない
・各国の代表選び等も進んでいない
・飛行機(国際線)が殆ど止まっている
・追加の費用負担を誰がするかで揉めている
・国内の機運も1年後やるぞ!というようにはなっていない
これらの条件を全てクリアして初めて五輪が開催できる訳で、これらのハードルを越えられるかどうかが開催できるかどうかに掛かっているという事だ。ネット民は「中止にすべき」と主張する人が多いが、一方で中止になった場合五輪のために建設した新国立競技場等の施設をどうするかという課題も出てくる点については今後議論が必要だろう。