コンビニ廃棄持ち帰りは違法?禁止の理由は?

コンビニバイトを始める理由の一つとして「廃棄が食べられるから」というのがある。これ故に最低賃金でもこの業界が崩壊せず成り立ってきたのであり他の飲食業界のまかないと似たような構図である。直営店では安全上許可されていないが、オーナー店では多くの店で許可されている場合が多い。直営店で禁止の理由はやはり安全面で、腹痛になったとか言われたら困るからだ。
しかし、オーナー店でも以下のような条件が課されている場合がある。
・一人一個まで、食べられる分まで、何が起きても自己責任
・持ち帰った商品と数量、金額の報告
・店長がいる時間帯の人のみOK
・勤務時間帯に出た廃棄のみ対象、休みの日に取りに来るのは禁止
・エナメルバッグに入れて大量持ち帰りや友達等に売るのは禁止
これらを知る方法だが、募集ページで「まかない有」「食事補助有」で見分ける、あるいはいいオーナーであれば面接時に「まかないありますか?」と聞けば教えてくれる場合もあるが、多くの場合は1か月ほど勤務してから教えてくれる場合が多い。なぜならすぐに教えると悪さする人が出てくるからだ。遅刻しないかなどの勤務態度を見て問題ないと判断した人にのみ教えているのが実態だ。
違法かどうかという話だが、オーナーが許可していれば違法にはならない。オーナーが許可していない場合には窃盗罪や横領罪などに問われる可能性がある。
「どうせゴミだから」「どうせゼロ円だから」といっても、オーナーがお金を払って仕入れている訳で所有権はオーナーにある。オーナーが許可していれば問題ないが、許可していない店舗、あるいは許可していても条件を破れば廃棄分の商品代を払わされたり解雇になる可能性もある。たった数百円の弁当で解雇になるリスクを考えると、その店舗の規則等を守って勤務するのが一番である。