コンビニレジ袋有料化「袋要らない」先に言って 店員悲鳴

全コンビニ加盟店において、7月1日からレジ袋の有料化が実施される予定だ。国のコンビニ潰しとも思われる施策でありコロナで中止すべきと思っているが、おそらくならないのだろう。コンビニ本部としてもサッカー台を設ける、客に袋詰めさせるなどの施策は実行せず、現状の店員が詰めるオペレーションのままで何とかやり過ごしたい考えのようだ。本部からすれば苦虫を嚙み潰す思いなのだろう。

コンビニ全店に対して、JFA経由でレジ袋有料化を知らせるポスターが配布された。ポスターには「7月1日から有料化」と書かれており、経産省や環境省の名前が次々並んでおりビビッた客も多いだろう。これを見た客は早速「袋要らない」などと言ってくるが、袋詰めした後に袋要らないと言われても二度手間なので先に、つまり店員が袋詰めしようとする前に言って頂きたい。レジ袋が必要か不要かをハッキリと、必要なら何枚必要かも言って頂きたい。セブンはレジ袋不要カードを展開しているが、他チェーンも真似すべきである。あるいは客向けにタッチ画面があるのだからこの画面を活用して客がレジ袋不要ボタンを押せば店員にも分かる仕組みを構築するのも良いだろう。
コンビニ客はレジ袋不要という事に慣れていないが故に、客もどうすればいいか分からない節があるのだろう。レジ袋は1枚1~3円程度になる見込みだが、じゃあジュースに弁当買えば追加されるのか、熱い弁当を手で持てというのか、店員がレジ袋をくれなかった、一枚と言ったのに店員が勝手に追加したなど新たなクレームの温床になる事も予想される。国はその為に例外規定も用意しているが、JFAは配合率に関わらず全てのレジ袋を有料化する事が望ましいと推奨した。コンビニはあらゆるサービスを無料で提供してきたが、その負担は全て加盟店が行っておりそのせいで店舗運営が疲弊し最低賃金が上がる度に廃業続出しているのが現状だ。箸やスプーン、トイレの水道代やゴミ処理費、コーヒーのマドラーやガムシロやミルクも全て加盟店負担だ。コロナでこれらのサービスを縮小あるいは中止する動きが出てきているが、コロナ後はトイレ使用も1回100円、ゴミ捨ても1回100円、など全てのコンビニのサービスを有料化して金を取っていく方向にする事が望ましいだろう。