給付金で殺到「免許コピーして」コンビニ店員悲鳴

自治体によっては給付金の申請書類が届き始めているようであるが、これに絶対必要なのが免許両面のコピーだ。しかしコピー機の使い方が分からないシニア等が「コンビニならコピー機がある」とコンビニに駆け込んで、さらに店員に「コピーしろ」という事案が多発しているという。
コンビニのコピー機は基本セルフだ。店員が手伝う事はない。白黒10円であるが、セルフだからあの価格でできているという事を理解して頂きたい。しかもコピーの操作は数分間かかる上、店員が手伝っていたら他の事が全くできなくなり業務に支障が出て業務妨害になるのは明らかだ。なぜ役所の文書を全く金銭的な手当無しでコンビニ店員が手伝わなければならないのか理解不能だ。一件千円とか手当が行政から貰えるのであれば別だが、行政は一銭も支払わない。役所の職員も「コンビニはインフラ」「コンビニでコピーできます」等とはやし立てておいて、金は一銭も払わないケチ臭い組織が行政である。とにかく役所が発行した文書なのだから、コピーして欲しければコンビニではなくコピー屋か役所に行って頂きたい。
とりあえずやり方としてはコンビニに行って人に頼まず自分でやるか、あるいは家にプリンターがあるならそれを使うのも手である。
☆コンビニで自分でやる方法
「セブン コピー」などとネットで検索すればやり方はたくさん書いてある。ただしレーザープリンターの仕様上、四辺5mm程度はカットされてしまうので、なるべく中央付近に置く事。白黒は1枚10円。2~3回ほどタッチすればプリントできるので、それほど難しい物ではない。シニアであっても画面を見れば分かるはずだ。コピー後の原稿の取り忘れが多いので取り忘れには注意。
☆家のプリンタを使う方法
家にインクジェットプリンタがある人は多いだろう。複合機がある人はそれのスキャナ機能を使えばいいが、プリンターしかない人はこういう裏の手もある。まず免許証をスマホで撮影して、メール添付等でパソコンに送って画像をダウンロードする。次に、その画像を印刷する。ファイルを右クリックして印刷を押すと印刷ダイアログが出てくる。
スマホで電子申請が可能ではあるが入力項目の不備が多いとして「やっぱ郵送にして」と役所が言っていたニュースがあるが、なら最初から郵送だけにしとけよと言いたいところである。とにかくコンビニのコピー機はセルフで店員は一切手伝わないという事を理解頂きたい所である。