auデータMAXプランPro 1,500円値下げ 20GBから差額480円で無制限

auがデータ容量無制限の「データMAXプランPro」について、1月下旬から1,500円値下げする大胆な施策を実行した。総務省に何度言われても絶対に料金を値下げしなかった通信会社が通信料金自体をここまで値下げするのは極めて異例で、楽天対策と思われるのは間違いない。またテザリング使用時のデータ容量上限(テザリングのみ適用)を20GBから30GBにアップし、動画を見る人には絶対にお勧め、かなりお得なプランとなっている。同じく無制限プランを展開する競合のドコモよりも安くこのプランの為だけに乗り換えるという選択もアリかもしれない。
20GBを契約している人で一度でもデータチャージした事がある人は切り替え必須、20GBのプランと480円しか変わらない点も非常に素晴らしい。値下げによって整合性が崩れた既存3プランの新規加入は終了する方向で、今後auはデータを殆ど使わない人向けの7GB上限3段階定額プランである「新ピタッとプランN」、それ以外の人は全員この無制限プランに移行させたい考えのようだ。
私は20GBのプランからアップグレードしたが、これによりデータのくりこし機能は廃止となるのでなるべく前月の内にデータを使い切ってから料金プランを変更するのが望ましい。注意事項として「大量に通信が行われた場合は速度を制限する」とあるが、これについてサポートに問い合わせた所、具体的な基準は申し上げられないとした上で「従来の料金プランで設定していた3日で6GBよりはゆとりある設定にしている」というコメントを頂いた。また料金プランの変更は自身のスマホからmy auにアクセスし、下の手順でやれば5分程度で終わるのでわざわざショップに出向く必要は無い。なお当月適用は選べず翌月適用のみとなる。


通信識別機能のPDFを読めというリンクが示されるが、これはYouTubeやTwitterなどどのサイトを見たかというURLが送信されるだけで個人情報は含まれないという記述がされていた。3月に申し込んで翌月適用で4月から適用になった訳だが、リアルタイムでの容量制限を測るロジックが解放されたのか通信速度が2割ほど向上していた。テザリングは30GBの制限があるがテザリングで30GB使う事は殆どあり得ないのでこの制限で十分だが、ゆくゆくはテザリングも100GBぐらいにするか無制限にしてもらいたいものだ。時代はデータ無制限。まるで自分の体重を毎日量るかのように毎日容量を気にせず動画見放題、サイト見放題、ネットし放題なのは精神的にも楽だ。通信を全く使わない人は別としてYouTube見る、動画よく見る、うたパスよく使う、ネットサーフィンよくするという人は絶対にこのプランにすることを強くお勧めしたい。