五輪1年延期確定、IOCバッハ会長「100%合意する」


IOC協議後に安倍総理が短い記者会見に応じ、「森会長と小池都知事同席のもとにバッハ会長と電話会談を行い、五輪の中止はないという事についてバッハ会長と確認を致しました。その上で開催国日本として東京五輪について”現下の状況を踏まえアスリートが最高のコンディションでプレーでき、観客の皆さんにとって安心で安全な大会にする為に概ね1年程度延期を軸として検討してもらえないか”と提案したところ「100%合意する」という答えを頂き、遅くとも2021年夏までに東京五輪を開催するという点で合意致しました。今後人類が感染症に打ち勝った証として完全な形で東京五輪を開催する為にIOCバッハ会長と緊密に連携する事で一致した所であります。開催国日本の責任をしっかり果たしていきたい」とした。
Q:1年程度とした理由は?会場のめどは立ったか?
現下の感染症の広がりを見る中において年内は難しいという事において、1年程度とした。その上で遅くとも2021年の夏までと合意をしたところであります。この目標の上においてしっかりと会場等の調整をしていく事になります。この後IOCの理事会を開催する事になります。

五輪が1年延期する事が確定した。延期となれば史上初である。日本は感染症対策が遅れているという批判が多かったが、政府側も五輪の影響を気にしていたのは言うまでもなく延期が確定した事でこれから少なくとも1年間は五輪を気にせず本腰入れて感染症対策を行う事が可能となる。これは世界各国も同様で胸を撫で下ろしている人も多いだろう。選手からすれば1年という時間の経過は大きくコンディションの変化もありうるわけでこれらの再調整、選考方式等の変更、観客からすれば既に予約したホテル等はどうなるのか、2020関連グッズ等はどうなるのか、チケットの返品返金はどうなるのか、マラソンと競歩の会場となる札幌はどうなるのか、聖火リレーやボランティアはどうなるのかなど課題山積であるが、IOCやJOC、東京都、組織委員会等が一丸となって諸問題に対応し延期した暁には完全な形で大会を迎えられる事を期待したい。