Google PayでiDを登録する方法と登録できない時の対処法


Google Payは、Suica、nanaco、Edy、WAON、クイックペイ、iDを追加する事ができるグーグルのサービスであるが、実際にiDを登録してみた。これによってiD支払いの際、カードを出さずにスマホだけで支払いが行えるようになり店員やその他の客にカード番号を見られることがなくなりセキュリティレベルが向上する。ただし、クイックペイやiDなどカード会社が絡む物はカード会社のサーバーに接続して本人確認ができないと追加することはできない。またこのアプリを使う条件としてキャリア端末、おサイフケータイ対応、かつNFCをオンにしないといけない。

まずカード情報を入力するが、クレジットカード番号やセキュリティコードの他、住所はカード会社に登録している住所に完全一致しないといけないので注意。例えばカード会社には正式な住所で登録しているが、マンション名や地名を省略して入力した場合、いつまでも認証されない。

この画面までたどり着かずに「見つかりませんでした」というエラーが出る場合、Google Payアプリを最新にした上で、デバイス管理アプリからGoogle Payのチェックを外してGoogle 開発者サービスを削除し、再度インストールし直すと解決する。これはカード会社やキャリア、Googleに何度も問い合わせしたが教えてくれなかった解決法である。

この段階でエラーになる場合は、住所などの入力が誤っている可能性が高いのでカード会社に登録している住所になっているか再度確認を。

ここまで進めば登録の殆どは完了だ。最後のステップは本人認証で、SMS認証を行えば完了だ。コードを自動入力してくれるオプションもある。

このようにコードが自動入力され、送信を押し、コードが合っていれば「追加しました」というポップアップが表示され、店舗で支払いができるようになる。項目をサクサク埋めれば登録まで1分もかからないだろう。ちなみに店で支払う時は「グーグルペイ」と申し出ずにそれぞれの決済サービス名を言わないと支払えないので注意。(例えばiDならiD)非接触決済のほぼ全てを一つにまとめたグーグルペイ。バーコード決済に押されつつあるが、非接触決済を便利に活用して時代の波に遅れないようにしよう。