コンビニのゴミ箱 マナー極悪 全店廃止すべき

コンビニと言えば店内もしくは店外にゴミ箱がある場合が多いが、本部の想定とは裏腹に家庭ゴミばかり捨てられているのが現状だ。最近は店外のゴミ箱を無くしたらゴミ処理代が激減したという店主の報告があるようだが、それでも家庭ゴミを店内に持ち込んで捨てようとしてくる。コンビニには、店内店外問わず、以下のようなゴミが捨てられているケースが多い。
・レジ袋を結ばずに捨てているゴミ
・カップ麺など臭いのきついゴミ
・他コンビニチェーンのゴミ
・スタバやマックなどの他チェーンのゴミ
・スーパーの総菜等のゴミ
・スーパーの刺身等の発泡スチロールゴミ
・牛丼屋の持ち帰り容器のゴミ
・吸い殻
・スポーツ紙などの新聞(競馬欄だけ読んだら後はゴミらしい)
・ジャンプなどの雑誌
・長靴や手袋などの工事関係用品
・飲み残しや食べ残し(液体のまま捨てる人も。残さず食べてから投入を)
・その店で買った商品ではないゴミ


かなりマナーが悪く、正直何が入っているのか分からないという印象だ。これらは全て店員が何ら追加料金や手当も一切無く無償で処理していて、時にはコーヒーのような謎の液体が飛んできて手やズボンや服を汚しながらやっているのだ。「ここで買った」「毎日買っている」と主張する客も多いが、ゴミ処理は本来客の責任であり買ったかどうかは関係無い。それなら商品を買えば強盗をして良いのかと同じ話になるのである。
要は他の店でゴミ箱を撤去した分、ゴミ箱のある店にゴミが流れているだけでしかないのだ。本部は「ポイ捨ての原因になるので全廃は考えていない」と回答しているようだが、ゴミ箱がある事でポイ捨てされているのであって、ゴミ箱は無い旨を掲示などで宣伝すれば客も納得して帰るだろう。一度本部はコンビニのゴミ箱を開けて何が捨てられているか一個ずつ分析すべきで、自社のゴミが全体の何%か公表すれば良いだろう。客の中には「ゴミを捨てさせてくれたらなんか買うから」などと言い訳めいたことを言う人もいるが、そういう客は無くなったら困ると遠回しに言ってるだけでゴミ箱がなくなってもなんだかんだ買いに来るのである。本部が店舗拡大の過程で何でも屋としてゴミ箱設置を始めたようだが、コンビニはインフラではない。何でも屋の時代はもうとっくに終了している。既に業界が成熟し人手不足である現状、また学生はゴミを触りたくないという部分も考えると、業界で申し合わせ全店で店外・店内含め全てのゴミ箱を撤去する事が妥当だろう。