甘すぎて歯が溶ける?! ローソン 悪魔のコーヒーⅡ

ローソンが悪魔のおにぎりの次に「悪魔のコーヒー」という甘めの飲料を出したが、これが好評だったようで、さらに甘くした「悪魔のコーヒーⅡ」が話題なので買ってみた。180mlで税込178円というなかなかお高めの商品だ。砂糖の量が前作に比べて160%増えているという。

パッケージは5種類あるらしい。「砂糖は飲み物です」と書かれた商品もあるらしいが、明らかに他社を意識しているだろう。他社では絶対商品化されないであろう、ネタに走るあたりというかある意味ローソンらしい、独自性豊かなぶっ飛んだ商品作りは嫌いではない。

普通に上から挿して飲む人が殆どだと思うが、あえて開封した。このストローに付いたギラギラ模様は全て砂糖だ。かなり甘そうである事は分かるだろう。コーヒーというと本来黒い物であるが、ここまで茶色いという事は、おそらく雪印コーヒー以上だろうなというのは飲む前から想像が付くところだ。実際に飲んでみると、もはやコーヒーではなく砂糖を丸飲みしているような味で、ぶっちゃけ三口ぐらいでお腹いっぱいといった感覚だ。甘さに慣れている人でないと飲み干すのは困難だが、私は飲み干した。これを500mlにしたら皆飲めないから、あえて180mlなんだろう。かなり甘い事で有名なマックスコーヒーと比べると違うベクトルでぶっ飛んでいるような気はするが、コンビニPB商品として出せる限界はこの辺なんだろうなという事で、マックスコーヒーに近いと言えば近いがあれを超えるまでは至っていない。甘党絶賛とパッケージに書いてあるが、逆に歯医者は非推奨、飲んだら即歯磨き必須の商品に違いない。「悪魔のコーヒー」というより「悪魔の砂糖」という商品に仕上がっているので、コンビニの甘さの限界に挑みたい人はぜひ試してもらいたい。