絶品過ぎて舌が痺れる!松屋「シュクメルリ鍋定食」全店販売へ

松屋の「シュクメルリ鍋定食」が1月14日の午前10時から全店で販売を開始した。ジョージア料理の一つであり「世界一にんにくを美味しく食べる為の料理」として鶏もも肉、にんにく、チーズをあしらったホワイトシチュー鍋で、この材料の組み合わせからしてもおおっと思った人もいるかもしれない。2019年12月から一部店舗で限定販売していたがSNSで話題沸騰、人気に火がついたことから今回の全店販売が決まったという。
午前11時に早速松屋に行って買ってみた。食券機で買う店であったが、「シュクメルリ鍋定食」と「シュクメルリ鍋セット」の2種類があり迷ったが、後で調べてみると定食はサラダがついてセットの方はサラダがつかないだけの違いのようで鍋定食は790円、鍋セットは730円であるが、1月28日までライス大盛無料のサービスをやっている。今回はライス特盛で注文してみた。

そのメニューは、いきなりカメラのレンズを曇らすぐらい強烈な勢いで登場した。かなりパチパチ言っていていかにも「火傷しまっせ」オーラが出ている。そういえばすき家でチーズのメニューはよく見るが、松屋でチーズを扱うのは初めてではないだろうか。

定食といいつつごはんとサラダ、味噌汁までつくのは松屋の中では豪華仕様と言えるだろう。まずはご飯につけて頂こうかと思ったら熱すぎたのでしばらく冷ましつつも、一口目で感じたのは「うん?牛丼屋のレベル超えてるな」「専門店レベルでは」という事である。特にニンニクとチーズの組み合わせが絶妙だ。家庭の味というか全てが絶妙なレベルで組み合わさっていて、文章で表現しきれないぐらいのうま味が口いっぱいに広がるのだ。これを10分弱で提供できるのだからまさにみんなの食卓を体現していると言えるだろう。都心の店だと1,500円ぐらい取られてもおかしくないぐらいのクオリティの味に仕上がっている。
 
しばらくして落ち着いたところで、ようやく本願の鶏もも肉に攻め込む。柔らかい部分もありつつ歯ごたえがあって一口で食べやすいサイズにカットしてあるのも好印象だ。これをチーズソースに絡めると普通の鶏もも肉が絶品鶏もも肉に変身する。全てを食べ終わったら、残ったソースをご飯に絡めて食べるとこれがご飯と合ってご飯が進むのだ。牛丼屋でここまでのクオリティでこの価格、というこのコスパの高さがSNSで話題になった大きな理由に違いない。デメリットがあるとすればにんにくの香りが食べる人の服含めて店全体に広がること、鍋なので暑くなりやすいこと。この2点に配慮して客の少ない時間帯に薄着で行けば一番ベストなポジションでシュクメルリ鍋定食を味わえることだろう。最近はすき家もぶっ飛んだメニューを販売するなど、牛丼屋=牛丼=男というイメージを払拭する為に味や価格のみならず話題性も加味したメニュー開発にシフトしてきているようだ。牛丼は苦手という女性にもぜひ味わって欲しい一品であるので、気になる方はぜひ試してみてもらいたい。