星の王子さまPAってどんなPA?海外気分で異国情緒溢れる空間

関越道といえば日々渋滞情報で上がってくる常連であるが、その中に全国でもまれに見る一風変わった、いや変わりすぎたPAが存在する。関越道の寄居PA(上り)だ。看板ではあくまでも寄居PAとなっているが別名「星の王子さまPA」と呼ばれていてむしろこちらの名前の方が有名かもしれない。実際に行ってみたのでご覧頂きたい。

そこに着くと、従来のPAとは全く違う空間が広がっている。まるで高速道路とは思えない、日本ではなくフランスのような異世界の空間に誘われるのだ。(何度も繰り返すが、あくまでもここは高速道路上のPAだ)ツリーがたくさんあって通常のPAに多いおじさんは皆無で、まるで世界はディズニーランド。カップルの利用が多い印象だ。一般道から出入りする事もできる。

お店は一つの建物ではなくいくつかの建物に分けられており、カフェやパスタ、土産物、喫煙所、トイレなどとなっている。自販機も完全にカモフラージュされているのには衝撃を受けた。「え、ここ高速道路だよね?」と何度も聞きたくなる。

こちらがちょっとお高めのハンバーグ店。青いテントの店では鯛焼きを売っていた。レジを見る限り現金専用のようだ。

こちらはトイレとなっているが、トイレである事を思わせない演出の仕方になっているのはさすがだ。売店も見つけるのが大変なのだが、売店に入るとスタンプを押せるようになっていた。ここの記念スタンプは一生の記念になるだろう。

こんな感じで押せた。ここでしか買えない記念グッズや海外の商品などを買う事ができる。決済は通常のネクスコの売店同様、クレジットカードや電子マネーなど多彩な決済に対応する。
 
試しに水とサンドイッチを買ってみた。眺めに来る人が殆どで買う人はあまりいないようなのでビックリされていたが、買わない事には何も分からないのである。140円ぐらいしたちょっとお高めの水で「王子さまの水」みたいに名付けられているが、一口飲むと普通の水とは何か違う印象を受けた。裏の栄養表示を見るとミネラルウォーター(湧き水)となっていて品質の高い水を使っている印象を受けた。サンドイッチはヤマザキ製造なのでどこにでもあるサンドイッチだが、この特別な空間で食べるとプラシーボ効果なのか味も自然と美味しく感じられるのである。



喫煙所の近くにはこのようなスポットがたくさんあり、ここが高速道路である事を忘れるぐらい、違う国にいるぐらい、時間を忘れてゆったりと過ごす事が可能だ。関越道が渋滞している時は皆ここに寄って渋滞が落ち着くまで待つのだろう。

建物が独特すぎて入りづらい部分はあるが、先ほどのハンバーグ屋で人気商品第1位であるハンバーグステーキトマトソース(税込1,300円)を注文した。ライスが付けられるという事だったので大盛りのライスを付けてみた。カップルの利用が多い印象だったが一人での利用も可能だ。


しばらくすると料理が出てきた。ハンバーグそのものは家庭の味という印象でものすごく絶品という所までは行かないが、飛び出す肉汁には迫力がある。この高級な空間でこの見栄えと考えるとお釣りが来るといっても過言ではないだろう。空いている時は空間を独り占めしてハンバーグを頂けるのはありがたい。

そしてコーヒーとデザートも注文してみた。コーヒーは喫茶店で出てくるコーヒーとさほど変わらない印象であるが、ミルクがかなり多めについてくるので苦いのが苦手な女性でもミルクを加えて甘くすれば飲めるはずだ。後から判明するが、コーヒーは定価400円程度とメニュー上は書かれているが、レジで請求されなかった。後から聞いてみると「ハンバーグステーキトマトソースと飲み物はセットの価格」らしい。すなわち、実質コーヒーはタダという事でありサービスエリア価格にしてはかなり安いと言う事になる。


デザートはヌガーグラッセ(690円)を注文してみた。出てきたものは予想以上で、ものすごい装飾がされており価格以上、かなり気合いの入った商品であると感じた。本体はチーズ味のようなアイスとなっており、少し放置して溶かして食べるのがコツである。最後にお金を払う形となるが、3,000円近く行くかなぁと思っていたところ、これだけ食べてたったの2,090円であった。ハンバーグ(飲み物込み)が1,300円、セットライス(大盛り)が100円、ヌガーグラッセが690円である。高速価格にしてはかなり良心的で安いと感じた。施設全体で既に利益が取れているか、あるいはネクスコへの上納金が低い施設なのだろう。高速道路で関越道を使う人はもちろん、一般道からも入れるので異国気分を味わいたい人はぜひ寄って頂きたい。