すき家「デビルおんたまMix」発売 ヤミツキ必至で中毒性Max?!

すき家が昨年12月25日から「白髪ねぎ牛丼 デビルおんたまMix」を発売した。6サイズで注文でき、価格は並だと税込630円。すき家にしては攻めているメニューと感じたが、一体どういうものなのか実際に食べてみた。

実際に並サイズで頼んで出てきたのは、まるで牛丼屋とは思えない見た目の商品だ。ちょっと変わったお皿の上に乗せられたチャーハンのようなものと、卵、かつおぶしである。見た目と全然違ったので度肝を抜かれたが、自分でやれと言う事なのだろう。チャーハンのようなものは厳密にはチャーハンではなく、牛丼、ネギと揚げ玉が入っている。

卵は半熟のようであるが、生だと全体の風味が変わってしまう事を考え半熟にしたのかもしれない。一口食べてみると、いつもの牛丼にバーベキューソースらしきもので味付けされネギの苦みがプラスされ刺激的になっていて、それをかつおぶしが中和するというある意味パンチが強すぎる一品だ。隠し味で香辛料がちょっと入っているのかもしれない。牛丼がピアノだとすればこの商品はオーケストラというか口の中でいきなり全ての楽器が鳴り出すようなそんな印象だ。

誰かこの演奏を止めてくれと思いつつ10分ぐらい水を飲みつつ食べていたら、やがて収まった。一応メニュー名に牛丼と冠しているだけあるので、通常の牛丼も入っている。その上にネギなどを乗せたのが今回のメニューで、通常の牛丼の2倍近い値段はするが、ヤミツキになるのは事実だ。食べてから3時間ぐらい経っても余韻が残っているのだから中毒性は半端ない。いつもの牛丼ではつまらない、普段と違う物を食べてみたい、刺激のある物を食べたいという人はぜひ試して頂きたい。