「バーコード決済の種類言って」ネットで話題 なぜ?

コンビニの多くでバーコード決済が利用できるようになっていて使っている人も多いと思うが、客が無言でスマホを出してくる行為、いわゆる無言バーコード決済はやめてほしいとしてネットで話題になっている。なぜなのだろうか。

店員はエスパーではないので客がどういう支払いをしたいかは分からないし、以心伝心などあり得ない。スマホを見れば分かると言われそうだが、レジでバーコードを読み取ればどの支払い方法かを自動判別するチェーンもあるが、本部の責任回避の為にあえて使いづらくして店員の手間を増やしているチェーンも存在する。そういうチェーンでは逐一支払い方法を店員がレジのタッチパネル上でタッチしなければならない。図にあるように「バーコード決済」というボタンではなくそのボタンの中に細かく決済方法が書かれたボタンが存在するという理屈だ。もちろんレジを開発しているのは本部であるから本部のレジシステムが時代遅れで金を掛けていない、100年遅れているので是正すべきと言うのはもっともだが、金がないのかやる気がないのか、直す気が無いらしい。客が支払い方法を言わずにスマホだけ出した場合には画面の内容を確認して頭で考えてレジのどの支払いボタンを押すかという無駄な手順が発生、余計なエネルギーを消費し、ただでさえ忙しいコンビニ店員の手をさらに煩わせてしまう事になる。現金は無言でもよいが、最低限現金以外の決済方法においてはどの支払い方法で決済したいか名乗る事は客の最低限のマナーであり、責務であると考える。なぜなら現金以外の決済は全て店員によるレジ操作が必要だからだ。「ペイペイ」とか「LINEペイ」とかダサい名前で「ペイ」というのが言いづらいし恥ずかしい気持ちも理解できるが、別に向こうからお願いされてその決済を使っている訳でもないのだから還元率がお得とかで飛びついたのかもしれないが、言うのが恥ずかしいのであれば他の決済方法を使ってもらいたい。