“レジゴー” そのまま素通り?!イオン最新鋭セルフレジが常識覆し画期的

イオン版の「アマゾンゴー」と言わんばかりの新しいセルフレジ「レジゴー」がイオンモール幕張新都心で展開されている。幕張といえばイオンの本社があるのでミニストップやイオンが大量にあり新しいサービス等が実験的に投入される場所であるのは言うまでもないが、このレジは従来のセルフレジよりも一歩進んだ取り組みである。まずレジゴーにはスマホ版とカート版があり、通常のレジとはルールが大きく異なるので解説する。
○スマホタイプ ・・・ステーションからスマホを取り、それで客自身で商品のバーコードを読ませる(退店時は返却する事)
○カートタイプ ・・・カートにタブレットが装着されており、カートについているバーコードリーダーで客自身で読ませる
※どちらの利用においても申し込みや申請、身分証明書等の提示は不要で誰でも利用できる
買い物を終える、つまり決済する時は通常のレジカウンターではなく「レジゴー」専用カウンターに行き、そのレジのバーコードを読ませてセルフレジに商品情報を送信、セルフレジでは決済のみ行う。実際に体験してみたのでご覧頂きたい。

通常のショッピングカートが置いてある場所の近くに、スマホタイプとカートタイプがそれぞれ置いてある。スマホタイプのステーションは充電もしているようなので買い物中に充電が切れる事はほぼあり得ないだろう。カートタイプはどのように充電しているのか不明だが、バッテリー容量が大きいので少なくとも開店時間中は充電無しで動くように設計しているのかもしれない。前述したようにスマホタイプは各自がスマホを持ち出す形、カートタイプはカートにタブレットが備え付けられている。

スマホタイプはバーコードを読み取るボタンを押すとカメラが起動し、カメラでバーコードを読ませると商品が登録される。数量変更や商品の削除も可能。タブレットタイプはカメラではなくリーダーに読ませる形だ。

支払う時はレジゴー専用のレジカウンターに行き、専用レジに備え付けられているQRコードを読ませるとそのセルフレジに情報が送信されて右の画面のようになる。送信にかかる時間は1商品1秒程度と、普通にスキャンするより早い。後は通常のセルフレジと同様、現金または電子マネー、クレジット等多彩な決済で決済して決済が終わればそのまま出ていってよい。年齢確認が必要な商品があると強制的に係員呼び出しモードに切り替わり係員が客を目視で確認し認証コードをスキャンすると元の画面に戻る。セルフレジへの転送時間をもう少し速く、セルフレジでのバーコード読み取りを無くしカートを置いたら即転送ならもっと便利という課題もあるが、いっその事カートに電子マネーの決済機取り付けてカート単体で決済まで終わらせてしまうのも面白いだろう。年齢確認の課題はあるが、カートのままレジを通らず出て行けるようになればまさにアマゾンゴーだ。
「レジゴー」をなぜ展開するのかという目的だが、セルフレジは客がスキャンするのでスキャンに不慣れな客が手間取ってセルフレジ自体で時間が取られる現象(渋滞)や誤って二回スキャンしてしまったなどのトラブル、数量を変えたい、消したいなどといった際には従業員対応が必要になりセルフレジなのに店員の手間が取られるという課題があった。このレジゴーであれば数量変更や削除は客側で行うのでレジで決済する段階でどうのこうのとなる事は少ない。セルフレジでは決済だけ行うという本来のレジの役目に回帰したという印象が強い。数量変更や削除を客に任せたという点で画期的なセルフレジであるのは間違いない。またイオンとしても少ない投資で既存店のセルフレジをレジゴーに切り替える事が可能だ。現在は幕張新都心の店のみということだが、全国に広がることを期待しつつ試してみたい人はぜひ来店して頂きたい。