すし銚子丸で贅沢な新鮮絶品高級寿司を思う存分味わう

寿司屋「銚子丸」といえば関東を中心に展開する高級寿司チェーンであるが、いわゆる100円格安寿司屋とは一線を画する高級戦略を打ち出しており、その分ネタも高価な訳であるが、2人来店で4,000円ほど使ってどういう物なのか実際に食べてみた。

注文は基本的にタッチパネルで行う形式となっていて完全受注生産方式で回らない寿司となっている。タッチパネルで注文を入れるとレーンが動き、到着する仕組みになっている。今回は公式サイトのメニュー表にもない「天然本まぐろセット 1,200円」を2人前頼んでみた。もしかしたらオープン記念の特別品なのかもしれない。

わさびの量やしゃりの量なども自由にカスタムできる。到着したのがこちら。金箔があしらわれた皿に乗っているそれはタッチパネルで見ていたメニュー画像とは大きく異なり全く違う世界に来てしまったかと思わせる錯覚、良い意味で高級感が出ていて驚いたほどだ。
ネタは中トロや大トロなどが並び、普段100円寿司を食べているような人からすれば考えられないほど絶品で、みずみずしくキラキラしていて、歯ごたえもしっかりしておりマグロ本来の味を楽しむ事ができる。小さくて高級なだけでなく大きくて高級なのも特徴で、おそらく100円寿司の2倍ぐらい大きいボリュームになっているのだからビックリ。コスパ的にはもしかするとこちらの方が勝っているのかもしれない。

もちろんそれ以外の比較的リーズナブルな商品のクオリティも高く、一つ一つが丁寧に作られており、安かろう悪かろうの格安寿司屋の常識を覆すチェーンとなっている。普段安いチェーンで食べている人からすればそのクオリティの高さに衝撃を受けるに違いない。「今日は少し贅沢したい」「今日は少し良い物を食べたい」という時は銚子丸にしてみるのもよいだろう。