ミニストップ店主が本部提訴 「なんでこんな場所…」実際に行ってみた

ミニストップ本部の通行量調査を信じて契約し開店したが、実際の数値はそれを下回る物だったとして店主が本部を提訴したという報道があった。
舞台となっているのは「ミニストップ 福島大笹生インターチェンジ店」で既に直営での運営になっている。高速を走り実際に行ってみた。
磐越道の福島JCTから東北中央道に乗り換え、その一つ目のインターが「福島大笹生」である。
実際に降りてみると一等地と思わしき場所にセブンがあったが、この店はそれより3km車を走らせなければならない。付近は田んぼと一軒家しかなく、小売店は一切無い。かなり奥めいた場所にピカピカの新築ミニストップがあった。気合い入れて開店したのだろうが日販27万、これが現実だ。
そして深夜に来店した為か信号は赤点滅となっていた。交通量の少ない所は点滅で運用しているのは知っているが、この時点で察しである。信号が点滅しているという事は交通量が少ない=ここに住んでいる人口は少ないという事である。
またインター店と言っておきながらもインターに近いのはセブンであり、セブンに売上を取られている節もあるだろう。

深夜4時頃であったが車は殆どおらず、従業員の車しかなかった。このウォークインのフェイス数を見ればコンビニ関係者ならばこの店の異常さが分かるはずだ。商品はほとんど3フェイス以上の陳列で、おにぎりもサンドイッチもパンもガラガラ、まさに開店休業状態だ。直営で営業しているとの事だが、いつどうなってもおかしくないと言えるだろう。
インター出入口付近に出店ならばまだしも、3kmも離れていたら周辺住民しか使わないのは明らかで、かつ上は東北中央道の橋脚がある訳だから金持ちの人(コンビニの見込み客)は皆高速に乗ってしまっていて無意味だ。「なんでこんな場所を紹介した」と店主が憤るのも無理はない。

今更新規加盟する人はいないと思うが、万が一新規加盟、あるいは新店を紹介される事があっても
本部の書面を信用しない、自分で見に行く、自分で一日張り込んで通行量調査する
交差点か、分離帯の有無、入りやすく出やすいか、通過交通はあるか、マンションアパートはあるか、付近の小売店の状況、駐車場は広いか
小さいチェーンは日販25万スタートは当たり前、日販35万で優良店扱い
コンビニは立地が9割と言われているので、これらの大原則を絶対に守って頂きたい。「加盟店オーナーはサラリーマン根性が抜けていない」などと一部で言われる事もあるが、本部に任せっきりではなく疑う所は疑って自分で調べる事が重要だ。仙台では同じくミニストップで「困ったら銀行からカネ借りて下さい」と言われ家や車も売って最終的に店主が送金できず強制閉店され裁判となっている報道もあるが、店主側にも土地を見極める力が求められているに違いない。