阿武隈高原SA(下り)で1,000円の高級カレー食す どんな味?

秋になり高速道路を使う人も多いかもしれないが、旅に彩りを添える上で見逃せないのがSAのご飯。磐越道の阿武隈高原SAといえば磐越道の中では比較的大きなSAとして有名だが、ここのカレーがなかなか美味だったのでレポートする。

磐越道の阿武隈高原SA(下り)だ。典型的なデザインの施設となっている。中には定食屋と売店が入っている。今回は定食屋で税込1,000円のエゴマ豚カツカレーを頼んでみた。券売機購入なので現金のほか電子マネー決済にも対応する。食券は店員に手渡す。「手作りの為お時間頂きます」と言われ待つこと20分、こちらが1,000円のカレーだ。メニューの写真より実物はかなり大きかった。写真を見ても分かるとおりかなりボリュームがある商品だ。味は東京で言えば2,000円ぐらいしてもおかしくないぐらい美味で、ご飯の美味しさのみならずカツの揚げ具合も最高で良くできている一品で旅の気分を盛り上げてくれるのは間違いないだろう。サラダのドレッシングは数種類ありお好みで好きな物をかける。
「高速のご飯って高いだけでしょ」と思っている人はぜひ一度食べてみて頂きたい。最近は特にレベルが上がっていて下手な下道の飲食店より美味しい店が増えてきた。きっと価格以上の価値を感じられるはずだ。