100円玉で開く?! ホンダスマートキーの電池交換方法

ホンダのスマートキーは使用状況にもよりますが2年程度が電池寿命で、電池が切れると車に乗る時に「スマートキーの電池残量が少ないです」などと通知が表示されます。電池はCR2032のボタン電池でコンビニや電気屋等で200円程度で売られています。取説にも書いてある作業なので十分客自身でもできますが、心配な場合はご自身で行わず販売店(ディーラー)でやってもらいましょう。
*他メーカーのスマートキーも殆ど同じような構造です
*容量低下のメッセージが出なくても反応が遅い場合は電池交換しましょう。車からの通知がなくても年に1回は交換する事をお勧めします

まずキーの表面にあるつまみを右に動かしながら銀のアナログのカギを引き抜きます。この銀のアナログのカギは、電池がなくなった時やスマートキーが壊れた時の開錠手段として非常時に使えるので覚えておきましょう。


真ん中部分にコイン(100円玉を推奨)をはめ込み、押し込んだ状態で右に傾けたり左に傾けたりするとパキッといって隙間ができます。傷を防ぐ為にコインにティッシュを巻く事をメーカーは推奨しています。さらにその隙間ができた状態でさらに同じような動作を繰り返すと最終的にはフタが取れて電池交換が可能となります。取り外す時は爪に十分注意し、電池は+が上になるようにして下さい。またボタン電池ですから濡れた手で触ると感電の恐れがあります。素手で上下を触ると感電の恐れがありますので必ずサイド部分を持つようにしましょう。フタを閉める時はツメの形状を見ながら押さえるとフタが閉まります。上にも書きましたが、不安な場合には無理にやろうとせずに販売店に持ち込んでやってもらってください。