最近の開発サボりXperiaに物申す

Xperiaはもう成長しないのか。期待していたが、残念。黙ってても売れるってブランドに甘んじていないか。
なぜZシリーズのようなスペック重視を辞めたのか、コスト削減か?auがiPhone売り出してからコスト削減に走ったように思う(XP世代から)。
キャリアを通してしか端末を入手できない以上、最新のチップ・最新のスペックで端末を出すべき。
毎回Galaxyに負けているではないか。どうした国産、日の丸端末だろう。
Z1のような「よくやってくれた」というワクワク・感動は、もう無いのか。

と最近考えることが多くなりました。
がさて、auの最新端末XZ1の製品ページを見ながら、文句をつけていくことにします。
・カメラ
イメージ積層型センサーで高速データ読み出しを実現。 ・・・ほとんどのユーザーは連写しないので必要ない。
先読み撮影 ・・・これもバッテリー浪費の原因になるのでは。
スーパースローモーション ・・・需要はあるかもしれないが、3日で飽きそう。
オートフォーカス連写 ・・・連写する場面はそうそう多くないと思います。
サイバーショットで培ったF2.0のカメラレンズ ・・・GalaxyはF1.7。これは数字が小さい物ほど優秀です。
“イメージセンサーのピクセル(画素)サイズが大きく、多くの光を取り込める” これだと画素が多いほど光が取り込めるという風にも読めてしまいます。厳密にはイメージセンサーの画素一つあたりの大きさが大きければ大きいほど多くの光を取り込めると言うことです。同じサイズなら1,200よりも800のほうが光は取り込めるのです。
4K動画撮影 ・・・試してみましたが、発熱のため5分程度しか連続撮影できず使い物にならない。HD撮影でも30分ぐらいでダウンしてしまう。

・オーディオ
ソニーは、ハイレゾ。 ・・・今はハイレゾはどこでもやってます。
デジタルノイズキャンセリング ・・・これは確かにウォークマン時代からのソニーの技術と認めてもよいが、対応イヤホンが高価。
フロントステレオスピーカー ・・・前のモデルよりうるさくしましたというのはよい。
DSEE HX ・・・これを有効にするとバッテリー食いの要因となります。

・ディスプレイ
ソニーの技術が生んだ、感動の映像体験。 ・・・相変わらず言うことだけは一丁前。
トリルミナスディスプレイ for mobile ・・・あまり実感はありません。
X-Reality for mobile ・・・これはソフトウェア側の機能で、有効にするとバッテリー食いの要因となります。私は常時無効です。映像を見る時にはいいですがネットサーフィンには向きません。
ダイナミックコントラストエンハンサー ・・・よくわからない英語を並べてすごそうにみえる技術。
広視野角ディスプレイ ・・・有機ELには構造上勝てません。有機ELは紙です。
ここまで画素数や狭縁化に関する記述は一切ありません。これらに対する進化は辞めたと言うことでしょうか。
いつまでHD画素で売り続けるつもりでしょうか。時代は4Kです。(ドコモには4KのXperiaもありますがauにはありません)

・パフォーマンス&ユーザビリティ
いたわりバッテリー、いたわり充電 ・・・ハードを変更すると金がかかるのでソフトで実現しましたという機能。「おおバッテリー長持ちか凄い」と思うかもしれないが、所詮2年で変えるなら誤差の範囲。バッテリーは容量(mAh)が全て。いつの時代もね。早く無線充電とか導入すべき。
STAMINAモード ・・・結構前からある機能ですが、今度は何時何分頃に電池がなくなると予告機能がついた。オンにするとフレームレートを落とすので、多少操作がしづらくなる。
・3D撮影
まず使わないし、このようなアプリがデフォルトで入っていたらすぐに無効にします。
・デザイン
ここをこう頑張りました、という記述は特にない。いつも通り。

ネットを探すとXperiaの提灯記事が数多く並びます。「デザインが凄い!カメラが凄い!充電いたわりも凄い」などと。
しかし、一番の弱点を突いている人は少ないです。国内メーカーとして安全性重視でスペックを落としているのかもしれませんが、それにしてもひどい。
「いつまでフルHDなんだ?早く有機ELにして解像度上げろよ」
「Galaxyと同じく上下の縁をもっと狭くしろよ」
「F値もっと攻め込めよ。サイバーショット売ってるんでしょ」
これらの最新のハードを搭載している端末は、AndroidだとGalaxyしかありません。
別にGalaxyを褒めるわけではありませんが、技術革新や技術の進化という点でも「5年先でも余裕で使える端末」を世の中に出して欲しいとも思います。
このXperiaのスペックだとどうも「2年で使い捨てる端末」という風にしか読めません。キャリアも2年ごとに買い換えてもらわないと困るのかもしれませんが、こちらとしては余計な金は払いたくないですし2年ごとに買い替えていたら永遠ローンを組む状態になってしまいます。

Galaxyは好きではないですが、乗り換えるしかないかもしれません。
もう一度Xperiaが息を吹き返してワクワク・感動する端末を世に出してきたらまた戻ってきます。「最低でも有機EL・上下ベゼルを狭く」これは条件ですね。

コメントする(承認制)