災害時無料”00000JAPAN”の注意点 どこでも繋がる訳ではない

台風の影響によりマスコミ等で通信各社がWi-Fiを無料開放して”00000JAPAN”の名前で使えるようにしているという報道があるが、一方「見つからなかった」という意見も多い。どういうことなのか。

00000JAPANは、基本的にau WiFiなどの通信各社が提供しているWi-Fiが繋がるエリアでのみ提供され、それは4Gや5Gエリアと同じではなくそれよりも遙かに小さいエリアでのみ提供される。例えば駅の中や飲食店の中などといった具合だ。Wi-Fiの性質上、外では使う事ができない。(5.2G、5.3G帯のWi-Fiの屋外使用は総務省が許可していない。2.4Gは許可している)屋内であっても個人の住宅や会社で繋がる事はまず無いだろう。「どこでも無料でつながる」という訳ではないので注意が必要だ。

また、このSSIDも含めて無料の公衆Wi-Fiは暗号化がなされていない。つまりどのページを見たか、どういう内容をやりとりしたかはハッカーなどに傍受される可能性がある。氏名や住所などの個人情報を入力したり、IDやパスワード等の入力、クレジットカード情報など重要な情報はやりとりしない方が良い。メールを送るなど必要最小限の用途で使った方が良い。また通信各社も3ヶ月程度は通信料の支払い延滞を認める、特に被害の大きい地域ではデータ通信量を無制限にするなどこれ以外の対策も求められるだろう。