硬貨20枚以上は拒否できる?法律・威力業務妨害も解説

コンビニやスーパーなどでシニアの客が「ほらよ」などと言いながら小銭をじゃらじゃらしている光景をよく見かけますが、厳密には一度の会計において同一種類20枚以上の貨幣(硬貨)の使用は違法となります。
これは「通貨の単位および貨幣の発行等に関する法律」第7条で定義されています。
つまり、110円の会計で1円玉110枚は違法ですし、5円玉22枚も違法です。
100円玉1枚と10円玉1枚ならばセーフです。

しかし、”正義マン”がいくら違法と唱えても、販売現場でそれを実際に遂行することは困難です。「じゃあいらね、帰る」となるのがオチですからね。決して受け取ってはならないという書き方にはなっていないからです。「違法であるので突っ返すことはできるが受け取ってもよい」という事で、販売現場では店員が渋い顔をしながら一枚一枚数えたりしている光景をよく見かけます。このような数える時間はお互いにとって無駄ですし、後ろの客を待たせることにもなります。最近は政府が本腰でキャッシュレス政策を進めていますので、suicaやWAONなどに移行できる人は移行するようにしましょう。