丸亀製麺と丸亀市は仲が良い?丸亀市に聞いてみた

丸亀製麺といえば香川県外の人には人気ですが、県内の人たちにはあまり人気はありません。特に個人でやっているうどん店主からすれば黒船がいきなり来たようなもので「同業他社に客を取られたくない」「同じ味ではないのにブランドを名乗らないで」など反発が強い部分もあります。例年この時期になるとうどんの話題、そして次に丸亀製麵が炎上するのは毎年の流れで、そして丸亀製麺と丸亀市は直接の関係はありませんが、仲が良いという情報もありましたので関係性を丸亀市に聞いてみました。

まず「丸亀製麺」を運営するトリドールHDの代表取締役社長である粟田貴也氏は丸亀市文化観光大使に任命されています。
https://www.city.marugame.lg.jp/itwinfo/i28086/

また全国の丸亀製麺店舗(一部除く)には、丸亀市のイベントポスターの掲示をしていただいているほか、昨年崩落した丸亀城石垣修復支援のためにも、全国のおよそ600店舗に募金箱の設置を申し出ていただくなど様々な形で支援をいただいております。

こちらは丸亀市の広報誌に掲載した丸亀市の商店街で開催したチャリティイベント(うどん作り体験)の記事です。
https://www.city.marugame.lg.jp/itwinfo/i33953/file/1011.pdf

という事だそうです。つまり丸亀製麵はちょっとというのは香川県民が勝手に思い込んでいるだけで、市とは比較的仲良くやっているという事が伺えるかと思います。県内では店の数も少なくブランド力が低いために県内の人からすれば「あれは讃岐うどんちゃうで」などと言われることもありますが、喧嘩のようなものは辞めてどちらも歩み寄ればお互い共存できるのかもしれません。