常磐道煽り強要容疑で再逮捕 全国初

常磐道のあおり運転で逮捕された容疑者について、茨城県警は高速道路上で車を止めさせる必要がないにも関わらず無理やり止めさせたとして強要容疑で再逮捕した。強要容疑での立件は異例で全国初だ。前回の傷害罪での逮捕が処分保留になった件も関係しているとみられる。

煽り運転で強要罪を適用するのは全国初で、関係法令を駆使した例と言えるだろう。強要容疑は懲役刑のみが課される重い罪である。高速道路上での車間距離不保持は法定刑:3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金、反則金:違反点数2点で9,000円(普通車)であり、暴行罪は2年以下の懲役or30万円以下の罰金or拘留or科料である。
起訴されるかどうかも含めて議論が必要だが、起訴されなければ意味がない。また初犯であれば執行猶予がついて終わりという可能性もある。被害者感情や世論に配慮して適切な処分が必要だろう。

捜査関係者も「日本中が注目しているといっても過言ではない」「これより大きな適用法令は考えられない」としていて世論に後押しされた形だ。当人に厳しい処分が下るのはもちろんだが、模倣犯や今後の被害者を増やさないためにもあおりを禁止する法令の創設も含めて厳罰化が求められる。