ペイペイ40%還元 還元率競争は辞めるべき

ペイペイは2月1日から飲食チェーンで支払うと40%還元キャンペーンを実施する。しかしこの還元率に安易に飛びついてはいけない。一回の会計は500円までで、期間中の還元上限は1,500円という注意書きがある。
最近はどこのペイ会社も還元率をウリにして「○○%還元」というキャンペーンを多く実施している。これはお得感をアピールして新規ユーザーを獲得したい狙いがあるのだろうが、上限500円の40%還元に果たして意味はあるのだろうか。これは500円×40%=200円相当になるわけだが、なぜかというと景表法の規定で無料であげられるのは200円までと規定があるからだ。
かといって上限額をなしにしてしまうと換金性の高い家具や家電などを買われてしまうことになり、ペイ会社の負担額も増える為避けたいところ。とはいえ「○○%」「○○倍」など数値の高さを競うようになっている今の世の中はそれはそれで問題だ。

還元率が高ければそれで良いのか、結局上限あるならいくら還元率が高くても意味が無く、例えば極端な話、上の画像は実在のペイやキャンペーンを示した物ではなく例で作成した物だが、このように還元率100%(上限200円)というキャンペーンを実施することもできる訳だ。なぜなら景表法の規定はあるものの、そのルールの範囲内であればどんなキャンペーンを実施しても法には問われない。
多くの会社が多くの資金を投入してどこもかしこもペイ競争、還元率高い所にまるで電車のように次々乗り換える強者もいたり、それを奨励するサイトがあったり、ペイ競争が本末転倒感を高めている部分は強い。家を一歩出れば○○ペイ、△△ペイ、□□ペイといった状況だ。消費者が適切なペイを選択できなくなっているのが現状であり、消費者庁などの所管官庁がこのペイ競争にメスを入れる必要があるだろう。例えばキャンペーンを実施する際には還元率を謳う広告は禁止、「全員お得」「戻ってくる」「返ってくる」「実質無料」など著しくお得感を与える広告は禁止、景表法の範囲内で運用する事、会計上限や期間上限などの条件は転売や換金を阻止する適切な金額を全体の2割以上の面積で明記するなどといった内容だ。タバコの価格のように皆横並びであれば消費者がサービス内容やアプリの使いやすさなど適正な基準で適正なペイを選択することが可能になりサービスの品質競争にも繋がる。消費者も消費者でただ資本があるか、大規模なキャンペーンがあるから使う、還元率高い所を使う、というような視点でしかペイを選ばないのは業者の餌にホイホイと乗っかっているだけでしかなく、情報を適切に収集し比較する事が重要だ。

写真は清楚が命 カメラフラッシュ使わない方がいい理由

ある水族館が「フラッシュ焚かない方が綺麗に映ります」と書き込んだツイートが話題となっているが、私もかれこれ数万枚写真を撮ってきているが、ほぼ全ての写真はフラッシュを使っておらずフラッシュを使ったのは1%以下だ。理由を5つまとめたので参考にしてもらいたい。
1.F値の向上
最近のスマホはF値が向上しておりフラッシュ無しでも明るく撮れるようになってきているので、そもそもフラッシュの必要性がない。デフォルトの設定ではフラッシュオートになっているかもしれないが、設定でオフにして撮影している。
2.ガラス面でフラッシュを焚くと反射する
水族館といえば殆どガラスとなっている。これに対してフラッシュを焚くと多少なりともフラッシュの光が反射して不自然な写真となる。フラッシュの光に影響されて全体の色味が変わったりバランスが崩れてしまう。
3.被写体に迷惑
フラッシュを焚く旨を伝えている人物被写体ならばまだ良いが、伝える事ができない鳥や魚、動物などが被写体の場合、大きな光をいきなり発射するフラッシュは被写体にショックを与える事になる。「フラッシュ撮影禁止」などという掲示が出ている水族館も多い。
4.なるべく素の写真を届けたい
同じ景色は二度と手に入らないと考えてなるべく品質の高い写真を撮るように心がけており、現にこのブログに掲載している写真もほぼ全てフラッシュ無しで撮影している。フラッシュは明るいシーンでは無意味、暗いシーンでは光源が強すぎて写真として破綻してしまう事が多いので、なるべく部屋の照明など外部光源を調整して撮影するようにしている。暗い物を明るくするのは簡単だが、明るくしすぎて破綻した写真を加工で戻すのはかなり難しいのだ。
5.バッテリーが消耗する
数枚程度なら問題ないが、数十枚、数百枚となるとスマホであってもバッテリー持ちに影響し撮影可能枚数が減る事になる。バッテリー切れで貴重なシーンを逃す事になれば本末転倒だ。
これらの事を総合的に勘案して水族館は「フラッシュオフの方が綺麗に撮れる」とツイートしたのだろう。そうなの?知らなかった、という人はぜひ今日からフラッシュオフで写真を撮ってみて欲しい。

揚げ立てホクホク「ポテりこ」って何?海老名SAで食べてみた

ポテりことはじゃがりこの姉妹商品だ。じゃがりこといえばどこの店にも置いてありじゃがいもをスティック状に加工したような商品であるが、このじゃがりこを温かい状態、ホットの状態で食べられるカルビー公式店舗があるので紹介する。その名もカルビープラスという店で新千歳空港や東京駅などにも店舗があるが今回は海老名SAの店舗で食べてみた。「ポテりこ」という名前が付いていてチーズとサラダ味がある。

パッケージは本家とそっくりだ。というか本家が出している店なので権利上も問題ない。価格は税込310円。「じゃがりこ」よりは少し太めで本数は少なめであるが、まるで舌がとろけるぐらいホクホクしていて外が寒い冬には最適の商品だ。マクドナルドのポテトよりクオリティはこちらの方が上だが、食感は似ている。油分もしつこくなくアッサリしていて口に入れた時のホットな感じがたまらなくもう一本と行きたくなるところだが、本数が少ないのであっという間に終わってしまう。紙袋も用意されているのである程度は保温した状態を保つこともできる。興味がある人はじゃがりこでは味わえない新感覚の味、カルビーが本当に表現したかった味をぜひ試してみてもらいたい。