都内では当たり前!パーキングメーターの使い方

都内には、パーキングメーターと呼ばれる公道上の駐車場がたくさんある。違法駐車を抑制したいが土地がないのでしょうがなく公道に例外的に止めれるようにしたものだ。需要があり儲かりそうな所に設置してある。
看板にはP 60と書いてあって「無料かな?」と思うかもしれないが、実は有料。
路駐は警察または駐車監視員にバレなきゃセーフだが、バレると約2万円の反則金や出頭すると点数が引かれたりもする。
300円払って駐車違反切られないならば、保険と思えば安いものだ。
ただし条件を満たさないとパーキングメーターに止めていても切符切られるケースもある。

1.看板を確認する
時間帯が限定されていたり、土日は除くなど禁止の条件に当てはまっていないか確認する。
2.パーキングメーターが作動していることを確認し、枠の中に停車する
パーキングメーターが作動していない時間帯は、その道路の規則が適用されることになる。
3.表示が0になっていることを確認し、先に料金を投入する
例えば300円の指定ならば300円を投入する。本当に300円数えてはいないようで、100円入れた時点で時間のカウントが始まった。
結構ぬるいというか善意に任せているシステムなのかもしれない。
ただし入れすぎた硬貨は返ってこないので注意。
※足りないケースや後から入れるケースもあるため59分までに満額投入すれば摘発されないそうだ
4.超過時間になるまでに出庫して終了
帰る際の手続は不要でそのまま出て行って良い。
場所によって20分や40分、60分の時間制限がある。これを超過すると駐車違反となる。
カメラやナンバー読み取り装置はついておらず単純に液晶と投入口、車がいるかいないかのセンサーしかない。

民間のパーキングのようにゲートやバーはないため、悪さをしようと思えばいくらでもできてしまうが、これは「バレたら反則金2万円」「路駐は本来タダのはずだ」というところでバランスを取ってあえてこのような曖昧な形にしているのだろう。
パーキングチケットの場合は、チケットをガラスに貼り付けていないと一律違反になるので注意が必要だ。

Q:メーターが壊れていたりカバーが掛かっている場合は?
故障など何らかの理由が考えられる。その場所に駐車した場合は枠内であってもその道路の規則が適用になり、最悪違反となる場合もあるので注意が必要だ。「0」の表示が確認できないメーターには止めないこと。

Q:超過したら?
警察に聞いても「駐車違反になります」と答えるだろうが、それは形式上の話で、実際の運用は自己責任というか速やかに出てくださいとしか言いようがないらしい。警察や監視員に見つかれば駐車違反となる。

Q:未納したら?
未納ランプが点滅する仕組みになっているが、制限時間内に満額投入すれば取り締まりはされない。
万が一取り締まりされた場合、「小銭を下ろしにいっていた」などと警察に連絡すれば何とかなる。

Q:なぜ手数料という呼び方?
おそらく公道なので民間のパーキングのように「駐車した対価」ではないからだと考える。
警察の手間を省いて頂きありがとう、神社で言う賽銭みたいなものなんだろう。
利益を目的にしていれば1時間で600円以上の設定になる場所はたくさんあるだろう。
また「駐車料」としてしまうとそこに駐車して良いという解釈も可能になってしまう。
あくまで例外であるという法との兼ね合いもありこの名前になっている可能性が高い。

他のwebサイトを調べると「日本人のモラルに任せています」という警察の発言もあり腑に落ちない人も多いだろうが、公道で駐車違反を切られるリスクを少し下げることができるツールと考えれば納得いくだろう。あくまでもリスクを下げるツールでしかないのだ。

ヤマトより厳しい?! コンビニドライバーの現実

皆さんがコンビニで商品を買えるのは配送ドライバーの存在があるから。
しかしこの配送は、本部からかなり厳しい締め付けをされている。
あるチェーンの規則を取り上げるが、他のチェーンも同じようなものと思ってもらって差し支えない。
※小さいチェーンは締め付けが緩いケースが多い。

①納品時刻制限
原則規定の時刻に納品せよ。ただし早く来るのは1時間までなら良いが、遅れるのは15分まで
実際早く帰りたいので、多くのドライバーは規定より1時間早く来る。
店舗でドライバーのバーコードをスキャンすると、何時何分に何をスキャンしたかが本部に送信される。
よく物だけ早く運びに来て、トラックに戻って時間つぶししているドライバーが多い。
「何時何分以降にスキャンしてね」と言い残してトラックに戻っていくドライバーもいる。
万が一時間外にスキャンした場合、上司に怒られることになる。

②GPS追跡
トラックにGPS(またはタコメーターの履歴)が搭載されていて、指定のコース以外の場所に行くと上司にバレる。
例えばSチェーンのトラックがLチェーンに入ることはできない。ドリンクなどを買いたい場合は原則そのチェーンの店で買うこと。
吉野家などの牛丼屋もダメ。
緊急時やトイレ利用を除いて、入ることはできない。

③速度制限
それぞれの道路での規制速度以内での走行が求められる。トラックにリミッターが入っていて、80km/h以上は出せない。

④納品場所の指定
これはここに置いて、台車を使う・使わない、ウォークインに入れる・入れないという指定が店によって全て異なるので、
それに合わせて応えなければならない。
またチェーンによってはドライバーが検品するチェーンもある。

⑤店もうるさい
店も店で都合があるので「14:00にこられたらタバコとかぶるから変えて」や「22:00にこられると客が多いから変えて」などほとんどの店は何かしらリクエストを出している。ドライバーには1時間程度の猶予(休憩時間)があるので、それらの店の要望に応えつつ自分の休憩も確保するというシビアな計算が求められているのだ。
また「あのドライバー態度悪いから変えて」など出禁にされた場合、上司に相談してコースを変えてもらうしかない。

これらの理由から、どの商品も基本的に毎回±5分程度に収まっていることが多い。(違う人が運ぶ場合は±15分程度)
ヤマトの配達には午前中という指定があるが、コンビニドライバーはA店10:15 B店10:35などバスや電車のようなダイヤを持って配達しているのだ。±5分の精度で毎日配達するなんて、ヤマトもビックリだろう。このような高精度な時間で届くことによってお客様に新鮮な商品を常に供給し続けているわけだが、ドライバーの負担は計り知れず同業他社に転職したという例も良く聞く。

Q:規定時間外になることがあらかじめ分かっている場合は?
大雪など、遅れが見込まれる場合はあらかじめ店舗充てにメッセージが配信され、電話が来る場合もある。
またドライバー側もそれを見込んで「早く出勤してこい」と言われる場合もあるそうだ。

Q:入荷や仕分けが遅れると?
当然出発も遅れる。店に行くたびに店員から「今日は遅い」「もっと早くして」などとやんわりと怒られることになる。

Q:商品を運んでいる間に床に落とした場合は?
箱に入っている菓子はセーフだが、弁当類は床に落ちた時点で買取り。上司に相談し、店長が傷んでいるものをピックアップしドライバーが自腹(あるいは上司が自腹)する。

Q:店が増えたり減ったりすると?
当然時間も変わる。

Q:都心ではどうする?
都心ではトラックの駐車場がないので、路駐するしかない。

Q:一回でどれくらい運ぶ?
場所にもよるが、一般的な場合、トラック一台に10店舗分前後の商品が入っている。
都心ならまだしも、田舎だと一店舗間の距離が30分や1時間はザラにある。単純に30分×10店舗なら純粋に運ぶ時間だけで300分(5時間)なので朝礼や準備・休憩も含めれば通常のサラリーマンと同じぐらいの勤務時間になるだろう。

Q:事故したら?
上司に報告し、これから回る店全てに自分でお詫びの電話を入れるしかない。
酔っぱらいに突っ込まれた、急ごうと配達コース外の踏切に入って事故した、などというケースを聞いたことがある。

Q:給与は?
長距離輸送ではないのであまり稼げないらしい。稼ぎたいならば深夜に長いコースを運ぶしかない。

Q:コース指定とはこの道を走れ、ここを右に曲がって、ということ?
概ねその通り。どの道を走ってどこでどう曲がるかなど全て指定される。
ベテランになると近道や細道を覚えて早く来るドライバーもいるが、何か起きたとき補償がないので問題になる。

メリットは、冷凍やおにぎりの担当になればそれほど重い物はない。ドリンク担当は筋肉が必要だ。
またコンビニだけを回るので食事補給や水分補給は嫌でもできる。またトイレも嫌でもできる。
コンビニドライバーはなかなか光が当たらない存在だが、これで裏側を理解頂けただろう。

積み重ねて楽に!家事の時短テクニック17個

共働き世帯が増え従来の主婦像が当てはまらないと報道されているが、それらに合った時短テクを紹介しよう。

・ゴミ箱を無くし指定袋を配置
そのまま捨てられるので楽。
・スーパーの買い物は週一回に
無理に毎日スーパーに通う必要は無い。行くとついつい無駄遣いしてしまうので行かないようにするのが吉。
・弁当に冷凍食品を活用
作るのが面倒ならば冷凍食品を活用しよう。
・掃除機は使わずコロコロでゴミを取る
重い掃除機を取り出しコンセントを差し込んでうんぬんというのは体力も使う。
コロコロであれば女性でも気軽にゴミ取りができる。
・米とぎ機を使う
スイッチを押すと精米してくれるので楽。
・野菜や牛乳は配達サービスを使う
ヤクルト、ヨシケイなど家まで毎日牛乳や野菜を配達してくれるので楽。
・洗濯は三日に一回
一人暮らしなら一週間に一回でも十分だ。
三日分の衣類や下着等を持っておくのは最低条件。
・布団を干すのは月に一回
干さないとダニがどうこうというが、大きな影響はない。
・風呂掃除は週に一回
単純に見た目の問題でしかない。
・宛名のないDMは即ゴミ箱
すぐ捨てることで見る時間を節約。
・掃除機のごみを掃除しない
・洗濯機のごみ取りを掃除しない
10回分ぐらいなら余裕。
・乾燥機能付の洗濯機を導入する
値は張るが、干す手間がなくそのまま取り込めるので楽。
・長期間洗わない食器は水につけておく
・ハンガーで干したものを畳まずハンガーに吊ったままクローゼットへ
・服を買わない、靴を買わない
破れるまで使う。買いにいく手間や金が省ける。
・テレビ廃止
テレビを見る時間は無駄。
・新聞廃止
新聞を見る時間も無い人が多いはず。古紙が増えるだけでいいことはない。契約解除がおすすめ。

反対意見ももちろんあるだろうが、それは幼少期に刷り込まれたなにか。当たり前と思っていたものを減らしても、意外とデメリットがないことがわかる。できるものから実践していくと家事の時間が減り、その分他のことに時間を使えるようになる。誰しも一日は24時間なのだから、時間を有意義に使えるよう工夫したい。