政府、アベノマスク「国葬」余剰分30万枚再資源化も止まぬ批判

政府が、アベノマスクの国葬に踏み切ったようだ。配送可能な7100万枚の在庫に対して宛先不明等で戻ってきた30万枚について再資源化したと発表した。ネット上では「その30万枚も勿体ない」「ばらして布にすれば良かったのに」「それを再配布すれば良かったのに」等政府への批判が多いようであるが、配布可能枚数の0.5%で誤差の範囲であり目くじらを立てるほどではないだろう。それに文句を付けるならコンビニやスーパーで期限切れで捨てられる食品ロス廃棄率の方がはるかに高いのである。
安倍元総理の国葬については決めない岸田総理が唯一即決で決断したと野党に指摘される等賛否両論あるが、海外から続々問合せが来るなど注目が高いので窓口として大規模な会場で儀式を行う事にしたというのが本来の経緯であり、名前だけが先行しているが「国葬」という名前ではあるが国民全員に何らかの行動及び思想を強制する物で無いのは明らかだろう。アベノミクスで日本の貧富の差が大きくなったとか2回も3回も増税したじゃないかとか彼の政治姿勢を取り上げて批判する人も居るが、ここではそれらの政治的部分は置いておき元総理が凶弾に倒れたという経緯を考えれば大きな会場で大きな儀式を行う必要があるのは明らかであるが、一旦廃止した法律を復活させてまで国会の議決を経ていない閣議決定で国葬を持ち出す必要があったのかどうかについては冷静な議論が必要だろう。

UUUM不審者騒動、運営不備露呈も問われる再発防止策

UUUMのヒカキンに対して肩を組んだりマイクを奪う等の不審者が侵入した件について、通常ではあり得ない方法で侵入したとUUUMは発表した。
ネット上では「ある意味UUUMらしい」「事務所しっかりして」「法人なのに緩すぎ」「警備はどうなっているのか」等運営への批判が多いようである。専用のチケットを持っている人とスタッフのみ入れる場所であったが、カルガモ方式で入ったのかなど詳細は不明であるが、ダブルチェック等の体制強化を行い資格の無い人間が入れないような警備強化が必要であると言えるだろう。このチケットがどのような運用なのか不明であるが、スタッフ1名が目視でチケット有無を確認する程度では緩く友達なのでとか同行者とか二人分なのでとか言われたら悪い人は居ないだろうという性善説がよぎって通さざるを得ない訳で5-10人程度で2回チェックすべきであろう。受付で一人毎の間隔を空けつつ、ICカード入室システムを導入し専用のICカードが無いと会場内のドアを開けられないようにすれば不審者が侵入するリスクを物理上ゼロにする事が出来る。
そして犯人であるが、警察に拘束されたとしているが暴力的な言葉を発した訳でも無く、武器を振り回した訳でも危害を与えた訳でもないのでせいぜい建造物侵入かマイクを奪って進行を妨害したとして威力業務妨害が良いところであり、微罪として処理されるのは明らかである。UUUMもヒカキンはVIPとして扱いSPを5人ぐらいつける等、ネット界隈の総理大臣と思って扱う必要があるだろう。

新幹線指定・グリーンを任意のsuicaに紐付けする方法 紛失・盗難対策に有効

新幹線サービスに関しては超ドル箱路線を抱える新幹線専門会社(JR東海)に比べ、JR東日本の方が運賃支払面では緩めというか顧客本位な感じがするが、えきねっとを使って新幹線切符を購入、それを任意のsuica(交通系マネー)に紐づける手順を解説する。東日本は以前から自由席に関してsuica残高で乗車できる「タッチでGo新幹線」を展開しているが、最近は指定席やグリーン席もスマホに紐付け出来るので改札で切符を取るまでの間に他人に盗まれたとか寝ている間に盗まれた・途中で落とした無くしたという事態を防ぐ事ができる訳で政府及びJRも積極的に「スマホで指定・グリーンに乗れる!」等としてオンライン完結の買い方を推奨すべきである。クレカで購入した場合は発車4分前まで何度でも予約の変更が可能だ。ちなみに区間等によってはネット購入の方が10~30%割引になる場合もある他、JR東海も同様にオンライン完結のシステムを展開している。

まずはえきねっとで新幹線切符を購入する。紙きっぷではなく「新幹線eチケット」を選ぶようにしよう。この場合、駅で紙切符を受け取る必要なく、自分が持っている任意のsuicaに紐づける事が出来る。勿論スマホでもOKだ。情報をsuicaに書き込むのではなく、事前に改札機側に情報を送信する事で改札を通れるようにする仕組みだ。支払が終わると「ICカード情報の確認・変更」が押せるようになるので、そちらをタップする。すると「おとな1人目」が表示される。複数人購入した場合は2人目とか3人目、こどもとかも出てくるのだろう。事前に登録しておいた番号、あるいは番号が無い場合は新規で手打ちする。これの何が便利かというと、親が一括して新幹線切符を購入し子供の番号を書き込んでおくとか、会社で代表者が一括購入して社員の番号を打ち込むみたいな使い方も出来るのだ。

手入力の場合はこのように番号入力画面になる。交通系マネーの裏には番号が振られており、その番号を入力する形となる。スマホ等のモバイルsuicaも紐付け可能で、その場合はアプリから番号を確認しよう。紐付けが完了すると「ICカード設定完了」となり、当日紐づけたsuicaを改札機にかざすだけで新幹線改札に入場・乗車可能となり非常に便利である。新幹線切符は高額な場合が多く盗まれたり落としたり無くしたりすると数万円単位で買い直しが必要になり楽しい旅が一瞬にして悲しい旅になるのは避けたい所である。そもそも一枚数万円するものを薄い紙でさらに無くしても自己責任というのは今の時代ナンセンスであり、積極的にスマホに紐づける方向のデジタル化を推進すべきである。JRも民営化したのだから上記のやり方も良いがクレジットタッチ決済で新幹線に乗れるようにする等、更なる買い方の多様化を含めてサービス向上を検討してもらいたいものである。