国民年金 特別催告状の意味とは


国民年金は義務ですが、何もしていないと督促の文書が届きます。
黄色い封筒で今すぐ開けろと書かれていました。
中にある特別催告状には強い文面で以下のように書かれています。

上記期日までに保険料の納付が確認できず、免除等の申請も無い場合は、納付意志がないものと見なして、法に定める滞納処分を開始することがあります。
滞納処分が開始されると、国民年金保険料に延滞金が課せられるほか、あなただけでなく連帯納付義務者である、あなたの配偶者や世帯主の財産を差し押さえることになりますのでご注意ください。

財産差し押さえ=給与差し押さえ これは困ります。金とは書いていないので、クルマなどの全財産が対象になるとのこと。
すぐに年金事務所に届いた旨を電話し、どういうものなのか聞くと「期日までに支払わないと今すぐどうこうという趣旨の物ではない」「記載の金額を一括で払えという物でもない。できれば一括で支払って欲しいが、無理なら1ヶ月ずつでも」「まずは1ヶ月分でも未納分を支払って欲しい」とのこと。
ん?強い文面に比べて問い合わせてみると意外とぬるい対応。というかいつも通り。
年金事務所の電話がつながりにくい場合は、3回ぐらい繰り返してかけてみましょう。それでも無理なら期日までに直接行くしかありません。何も行動を起こさないと、支払う意志のないものとしてステップが進んでしまいます。

さらに根掘り葉掘り聞くと、どうやら今まで毎年免除申請を出していましたが、うっかり免除申請を出し忘れていたことが原因で納付意志がないものと見なされたようです。
継続に○をつけても、全額免除の人しか継続にならないそうです。もし審査結果が全額免除では無い場合は、毎年申請を出す必要があるということです。申請は役所で簡単に出せます。年金手帳を見せ、住所と名前と年金番号を書くだけです。印鑑も要りません。後は役所が本人の収入に基づいて審査して判断し、本人に結果を通知します。
その後もステップが進んだ催告状が届くかもしれませんが、免除申請を出してさえいれば入れ違いになり何も問題はおきないとのことです。
収入が一定以下の場合は全額免除が認定されますので、数十万円の対象額が0円になる人も普通にいます。だがしかし、免除申請を出さなければそれはできません。役所は勝手にやってくれません。

いきなり何もしていないのに催告状が届いたという人は、まずは年金事務所に問い合わせて実態を確認しましょう。

ダイレクト型自動車保険は辞めるべき3の理由

自動車任意保険は高いので、少しでも安くしたいと思う人は多いはず。
しかし、ちょっと待ってください。
安さだけで選ぶと、万が一あなたが痛い目に合うかもしれません。

安い保険といえばネット通販型保険(いわゆるダイレクト型)ですが、ネットで調べると一括見積もりを勧められ、昔ながらの黄色背景に赤文字でかなり煽ってきます。安い安い、年間数万円得すると。
しかし、都合の悪いものは公表しないのがこの世の中。デメリットには一切触れられていません。
一般的に走行距離に制限があり、ゆえにロードサービスが弱いと言われています。保険会社のレビューサイトでも格安会社には批判が多く集まっています。
大きく考えて欲しいのは3点です。その他にも細かい違いはありますが省略しています。

1.ロードサービス

走らない人にとっては安く済みますが、車買ってて走らないってあり得ないですよね。走るために車買ったんでしょう。特に田舎なら必需品ですので。
クルマのトラブルでよくあるのがパンクですが、パンクした場合は自走できませんので予備タイヤが無い場合はレッカーする必要があります。
レッカー距離に制限があると、超過分は実費。格安は50kmや100kmが多いようですが、大手損保は15万円まで補償。15万円は近年のレッカー単価で言うと270kmに相当します。特別な理由がある場合は無制限です。
50や100でもその付近の修理工場やディーラーなら事足りますが、問題は修理工場が営業していない深夜や早朝。
例えば自宅から150km地点で深夜や早朝にパンクしたとしても、家までは帰らせてもらえず、どこかで待機するハメに。その間仕事には行けなくなります。(JAF入ってても長距離レッカーは相手しません)
「深夜や早朝に運転する機会なんてない」という人もいるかもしれませんが、将来何があるか分かりません。その為の保険です。
年間1万円浮くからっていわゆる格安に移ったとしても、スマホと違い人に迷惑をかけるという点が厄介です。

またロードサービスが2年目からしか利用できない、バッテリー上がりが年に1回しか利用できない会社もあり、それに気づかず契約して使う時に保険会社ともめて解約するパターン。大手損保だと燃料以外は1年目から使い放題です。
車両保険の免責0-0が設定できなかったり、特約が少なかったりなど制限がある分安いと言うことです。

2.走行距離

走行距離も保険会社によってタイプが違いますが、前年の走行距離を申告して契約した後は走り放題、また翌年に走った分に基づいて契約するタイプと、契約した距離を超過した時点で報告し速やかに差額保険料を納めなければいけない2種類があり、どちらも代理店型大手保険ではあり得ないシステムです。
後者の場合は申告および差額納付を忘れていた場合、保険が使えないという重大な事態に陥ります。高い保険料にはなりますが、走行距離を全く気にしなくて良いのは大手損保のメリットです。
試算してみると、確かに走行距離を絞ると安くなりますが、走行距離フリー(15,000km超)とした場合は大手損保と大きく変わりません。厳密には年間数百円格安の方が安いですが、それなら大手損保に軍配が上がります。

3.事故対応

事故の当日受付時間も大手だと24時間以内対応だったりしますが、格安は何も書かれていなかったり、対応時間が9:00~19:00など極端になっていたりする例も。もちろんロードサービスはどこも24時間ですが、今はもはや当たり前。そんなことよりもいかに重大事故の時に保険会社社員がすぐ駆けつけて初期対応できるかが重要です。相手の保険会社は社員がいるのに自分は格安だったがために来なかったというのはすごく惨めです。

高速によく乗る人(年間2万km以上走るのが明らか)・・・大手損保
日々の通勤にしか使わず遠出は公共機関を使う人・・・格安保険
いいことしか宣伝しないネットに騙されず、自分の目的に合った保険を契約しましょう。

シムシティ Simcity Buildit Android攻略法

市の経営者つまり市長になって街を作る課金ゲーではあるが、無料でも全然楽しめる数少ないゲーム。
ルールはこちらにあるので省略するが、最初でも親切にチュートリアルがあるので初心者でも安心だ。
スマホの高い処理能力を生かして、3Dになってグリグリ視点を動かせるのは感動ものだ。おまけに描画も綺麗。

シムシティ2000をプレイしたことがあるが、スマホではルールの緩和が行われている。
・予算設定、赤字(負債)の概念を廃止。赤字になることはないのでゲームオーバーもない
・道路が水道、電気を兼ねている
・住居は勝手に建つのではなく、プレイヤー(市長)が指示
・道路の建築や取り壊しは無料、住居の建築や移動、取り壊しも無料
・税金は勝手に決まる
・公共施設維持費の概念を撤廃。なので勝手にぶっ壊れることもない。忠実にやれば誰でも人口は右肩上がり
・災害は発生しないので対処も必要ない

よって市長の権限は「何をどこに建てるか」「何をケチるか」「何の生産を指示するか」「何を買って何を売るか」だけなので、電車等の隙間時間でも楽しむことができるようになった。
どこかで火災がいきなり発生したら、消防を派遣する操作をしなくてよくなった。ポンプが破裂することもなくなった。等々。
支持率が下がるか、建物を壊すかなどしない限り人口が減ることはない。

対処が必要な時は「!」が表示されて、電力、水道、消防、警察、下水、ゴミの処理については街の壊滅(支持率減、税収減)につながるので早急に対処する必要がある。発電所や水道の公害も問題となる。
最低限住居は警察と消防のエリア内かつ公害の範囲外に配置すること。警察は放置していると廃墟となり人が住まなくなる、消防は放置していると家が燃えてしまうので注意。昔のバージョンは家ごと消えていたが、今のは優しくなったのか?消防署を建てると建物は復旧。
範囲外の警告や公害は住居のみが対象となり、それ以外の施設は考慮しなくてよい。例えば市役所やホームセンターが警察の管轄エリア内である必要は無いので、どこか適当なところに置いておいてもよい。
一方、「住居追加で建てることができますよ~」「学校が欲しい~」などといった住民の提案は無視して構わない。特に教育系に金を投じてもいいことは無いので放置。住居そのものは無料だが、住居を建てると市のリソースを食うことになり、結果費用発生源になる。
発電所もコスパ(費用対効果)を考えて、見栄っ張りなどといって金を使ってしまうと後々苦しくなるので注意。金がない間は一番最下位の安い施設でやり過ごすしかない。
ステージが進むと病院の建設も必要になるが、病院がなくてもすぐに廃墟にはならないので問題ない。

ノルマ達成して報酬をもらうには人口を増やす必要がある。人口を増やすには住居の建築が手っ取り早いが、建築にはアイテムが必要なので時間がかかるのが難点だ。
最初の内は人口は公園や森などといった安いものでかさ上げしよう。そして建物はどんどんアップグレード。住居を新規に増やすとリソースを食うので、金がない内はアップグレードで済ませていくのもよいだろう。

最初の内はアイテム(建築に必要な部品)は工場で生産する必要があるが、ある程度プレイすると「貿易」といって金でアイテムを売買できるようになる。
この貿易を通じてアイテムを買うことで、自分で生産しなくてもプレイを進めることが可能。アイテムは他の都市を訪問することでも手に入れられる。
農作物の建物や家具店を建設するぐらいなら、貿易で手に入れた方がよい(これらの商業施設は建てることはできても壊すことができないので場所を食う)。ただしステージが進むとアイテムの種類が膨大に増え、貿易に出てこなくなることがある。今すぐ欲しければお金出してね、ということのようだ。うまくできている。
金は住居建築やノルマ達成などで結構入ってきて、街が発展すると税金だけで黒字運営も可能となる。いかに最初の内に巨額投資をせず、余計な物を建てずにケチるかがポイントである。
ステージが進むと4車線や6車線が建築可能となるが、これは渋滞の提案のないまま勝手に使うと金の無駄となる。ながめていたら車が10台以上連なっていて渋滞じゃないか?かわいそうだ、という思いは捨てるべき。概ね人口10万人を超えると渋滞の提案がくる。もし渋滞の提案が来ても逃げ道があって、一度道路をぶっ壊して再建築するとある程度はしのげる。4車線で渋滞提案→ぶっ壊す→2車線で建設となるが怒られない。これで税金が貯まるまで待つのだ。なので車線増=必ずしも渋滞が緩和するというわけでもなさそうだ。渋滞するのは道路の寿命の問題かもしれない。

1日ぐらいやり込むと誰でも☆15ぐらいまで進めることができるが、そのあたりから手詰まり感が出てきて住民からのアップグレード要求が少なくなるので、警察や消防のエリアを調整しながら住居の新規建設に作戦を変更する必要がある。このころになると部品の種類も増えており貿易で入手した方が効率がよい。
その後はペースが落ち込み、5日やってようやく☆19、人口10万人を目前といった状況になる。(無課金の場合)
☆25で人口15万人ほどになると工場のアップグレードやリーグ内のノルマをこなすことしかやることがない。やることがないので収入が増える一方だ。多くのユーザーが無課金でも10~30万シムミリオンを超えることだろう。無課金だと敷地の拡張も難しいので、最初の方に建てた公園や森をぶっ壊して住宅に変えていき「住宅のアップグレード」ノルマを満たしていくしかない。
ちなみにリーグのノルマも裏技が有り、カウントダウン開始前に所定のアイテムを工場で作り込んでおくことにより時間節約になる。タップした時点で収集となるのがポイント。シムミリオンを20000ほど集めるノルマは、税金徴収を半日ほど放置しておいてからタップするとかなり有利に進められる。また自分で絶対に不可能なノルマは開始してすぐキャンセルすると他のノルマが出てくる。ただし30ほどと上限があるので注意。

すべてを1から作り直したような印象で、よくいえば「簡単になり誰でもプレイできるようになった」「新しさの中での懐かしさ」
悪くいえば「忠実さがない。以前のような難しさは?」ということになる。
一方、やはり課金ゲーだなと思わせるのが、無料の道を壊すのは確認画面が出るくせに、金を使う部分に関しては確認画面がなくワンタップで行えてしまう点。これは怖い。
皆様も一度プレイしてもらいたい。