なぜコンビニは最低賃金なのか

アベノミクスといわれる中、まったくといっていいほど時給を上げないのがコンビニ業界。
「えっ、あんなにお客さん来てるのに?」なぜ時給を上げられないのか。

理由は大きく分けて3つある。
1 そもそも本部の取り分が大きい
売上の50%前後といわれるチャージ。
一日に40万円売り上げても、一ヶ月40万円しか儲からないのがコンビニ業界。
本部は「最低賃金でアルバイトを雇用してください」「交通費や社保、有給は想定していないモデル」と指導している。
つまり法律を守ろうとするとオーナーの出費になるわけだ。
そもそも本部指導員すら労働法の知識がないことが多く、オーナーはいつ労基に摘発されるかひやひや状態で運営している。
よって新店ほど指導が細かく、時給もなかなか上がらないというのが現状。
2 人手不足のための求人費増大
店舗に張り紙しただけでは、どうしても求人力では劣るため、外に向けて発信する必要がある。
その求人費用がバカにならず、一回5~10万円かけても誰も来なかったと言うことはザラ。
しかも来ても外国人等レジや接客という業務内容に似合わない人ばかり。夜勤の洗い物だけなら勤まるかもしれないが、はて。
そもそも人手不足になる原因を作っているのはだいたいは店長である事が多く、働きやすい店にしていれば人が辞めることもない。
コンビニから「いらっしゃいませ」という声が消える日も近い。
3 人件費はオーナー負担。オーナーもそこそこ儲けたい
本部はオーナーのことを「店長」だとか「社長」だとか「独立した経営者」だとか「個人事業主」ともてはやすが、オーナーの経営における裁量権はないに等しい。
オーナー収益を左右する項目は「人件費」と「廃棄」しかなく、廃棄をゼロに近づけたらあとはどうするかというと人件費を減らすことだ。
自分が入れば良いと言うが、それも限界がある。となるといかに時給を安くして人を雇用するか。
いかに法律に疎い学生を使って自分の出費を抑えるか。
個人事業主である事を理由に労基が動きづらい盲点を悪用して、全国で法違反ブラックコンビニが蔓延しているのが現状だ。

コンビニが最低賃金である理由は「人件費はオーナー全額負担である」「上げなくても人が来る」というのが大きいだろう。これは本部が人件費負担をしてしまうと加盟店の労基法違反が本部にも被さってくるからだ。
あなたの家でも、他人にお金を払うことに関してはシビアにならざるを得ないはずだ。
家計の見直しなどと言って習い事や保険などを見直すのがそれに当たる。
コンビニの人件費もそれと同じ要領でいかにケチるかしか考えていないが、それでは業界の終焉は近いだろう。
コンビニの賃金体系の見直しが、早急に求められている。

高速道路・深夜のパンクは注意!!レッカーを呼ぶとこうなる

保険会社のレッカーサービスは「修理工場等まで搬送」と書いていますが、
深夜は修理工場がないので、搬送できません。

なので、客が任意の場所を指定することになります。(自宅や会社など)

また、JAFを呼んでも応急処置は昼間よりも簡易的な物に限定されます。
どうやら時間の規定があるようでスペアタイヤへの交換など、簡単なことしかしてくれません。
一応スペアタイヤを持ってきますが型があわない場合もあり期待できません。
レッカー輸送も深夜のJAFは最寄りのPA/SAで打ち切りなので注意。その後は保険会社のレッカーに引き継ぎ。
まぁJAFは本当に初期対応にしか使えないと言うことです。

保険会社のレッカー距離は保険会社によりますが、多くは1回の事故で15万円(300km)まで無料でそれを超えた場合は実費のようです。また特別な理由がある場合は無制限という会社もあります。
高速でのパンクの場合は、応急パンク修理キットはタイヤの損傷がひどいためほぼ使えないようです。
※高速路肩での応急パンク修理キットの使用は推奨できません。むしろネクスコに怒られます

JAFや保険会社のロードサービスに一報を入れると、NEXCOのサービスカーが飛んできて初期対応をする仕組みになってます。
また周辺の掲示板等に一斉に故障車(事故)の情報が流れます。
ネクスコは仕事で悲惨な光景を何度も見ていて精神的に病んでいるのかかなり機嫌が悪く、それを警察がなだめるというのが通例です。
ネクスコ「路肩寄れ!!危ない!!白線の内側!!!」
警察「(´・ω・`)」

同乗できないという情報もありますがウソで、車の中の人が一人の場合はJAF車の助手席、その後はレッカー車の助手席に乗れます。
それ以上の場合は保険会社が対応すると思います。まぁ、無難なのは特別対応でしょうね。
家族で旅行していてパンク等にあって特別対応してくれなかった場合は、警察やパトロールカーが最寄りのPA/SAまで人間を運び、そこからはタクシー等各自で対応、になると思います。

深夜の場合はレッカーに乗せて、自宅や会社まで破損した車を持ち帰り、後日対応を考えるという形になります。
○ディーラーに任せる? ・・・田舎のディーラーは積載車を持っていることが多いので、夜が明けたらディーラーを呼ぶのも手です。ただしタイヤの在庫がないとか何とかいいそうで即日対応してくれるかは謎。ディーラーお得意の代車で引き延ばし。
○保険会社のレッカーサービスを再度利用し昼間に工場まで再輸送
・・・1事故に関して上限金額までなら何度でもレッカー輸送できます。(理由は必要ですが)
タイヤの交換だけならタイヤ専門店でよいでしょう。

・料金の支払いは?
事故現場の先のICで一旦退出し、客が料金を支払います。(ETCならETC、現金なら現金)
その後はレッカーに乗せられ貨物扱いとなるのでレッカー業者が高速代金を一時的に立て替えますが、その後保険会社に請求するので無料範囲内であれば客の負担はありません。
本来自分で払うべき高速代と燃料費が浮いたことになります。まぁでもそのぶん数時間浪費するので同じ事か。

・ポイント
要点をまとめると、こういうことです。
深夜にパンクすると・・・
○業者がないので自宅等の任意の場所にしか搬送できない。修理キットも使えない
○スペアタイヤがないとすぐには直らない
○深夜のJAFは15~30km程度しか牽引してくれない
○長距離レッカー搬送は深夜のJAFは対応しないので任意保険会社に
○自宅に運ばれても自走しないので翌朝再度JAF等に輸送依頼
→月曜会社なら月曜は半休しないと無理(タイヤ交換作業自体は1時間もかからない)
昼夜にかかわらずパンク修理工賃とタイヤ代は自己負担
※パンクのみの場合は車両保険は使えません

ちなみに大事なことですが、これらは任意保険の付帯サービスとして提供されている物で、何回利用しても等級は下がりません。深夜でも。
ガス欠も年に1回や2回程度であれば無料で使えます。
「有料かも・・・」「いくらとられるかわからない」という前に、まずは何か起きたら任意保険会社に電話してみましょう。

人気5栄養ドリンクを比べてみた

オロナミンC、デカビタC、リポビタンD、チオビタ、レッドブルの栄養成分をまとめてみました。
すべて単位は「1本あたり」に揃えています。

オロナミンC デカビタC リポビタンD チオビタ レッドブル
発売開始 1965.2 1992 1962.3 1964 2006.4
カフェイン 21mg未満 50mg 50mg 80mg
炭酸
容量 120ml 210ml 100ml 100ml 250ml
タウリン 1000mg 1000mg
エネルギー 79 113 74 70 85
炭水化物 19 28.35 27
ナトリウム 1~3 10.5~25.2 200
ビタミンB1 1.407mg 5mg 5mg
ビタミンB2 2.4mg 1.596mg 5mg 5mg 0.225mg
ビタミンB6 4.9mg 2.1mg 5mg 5mg 5.0mg
ビタミンB12 2.94μg 5μg
ナイアシン 12mg 18.06mg 7.5mg
ビタミンC 220mg 199.5mg

レッドブルは栄養ドリンクではないという人も存在しますが、まぁ成分的に見ればそうですが一般解釈の点では栄養ドリンクとみられていますので並べてみました。
名前に「C」がつくものは主にビタミンCの摂取用(なんとなくけだるいとき、頭が回らないとき)
瞬発的な行動力や判断力、頭や体を動かしたい時にはリポビタンDおよびチオビタ(中身は同じなので味の好みだけで選んでよい)
レッドブルは全く別物でカフェインがリポDより多く入っています。要は眠気覚まし。
そのときの気分や状態、睡眠不足の具合、頭の働き具合に応じて、左から順に選ぶとよいでしょう。
なお、レッドブルは海外では飲み過ぎて死亡の報道もあるので、「1日1本」程度にすること。毎日飲むのも体にはよくありません。ここぞという時のみ飲みましょう。
飲みやすさでいうと炭酸のないものが飲みやすいので、それらから始めてみるとよいでしょう。

私のオススメはリポビタンDのケース買いです。少し甘めではありますが、炭酸もないので飲みやすい。
ケースで買って、10本単位で冷蔵庫に冷やしています。