食べると危ないコンビニ食品7種類

「コンビニは体に悪い」といいますが、コンビニにある物全てが体に悪いわけではありません。
この記事では、私が人と接してきた経験から、これを食べるとイライラしやすいというものを主観的に選びました。
コンビニ店員に風情や表情のかけらもない短気な人間が多いのも、これらの廃棄物をほぼ毎日食べているからだと思われます。

基本概念
消費期限の長いものは、食べない
自然に存在する物質(果汁100%)を積極的にとる

1.揚げ物
各チェーンが必死にチキンを宣伝していますが、油の汚さも宣伝してほしい。
1~2日経った劣化した油で揚げた場合、酸化している物質があると思われます。
買った揚げ物がどのような状態の油かは買った客には分からないため、買わないことをお勧めします。
またチキン類は油の塊でしかないため、肥満にもつながります。

2.弁当、おにぎり
コンビニチェーンは明言していませんが、多少なりとも日持ちさせる添加物が入っています。「保存料・合成着色料不使用」を謳っているチェーンは多いですが、合成ではない着色料や保存料の役割を果たす別の物質は使っています。物は言い様です。
大手チェーンでは消費期限が半日、小さいチェーンでは消費期限が1日程度に設定されていますが、それでも着色料や酸化防止剤は体に悪い。外国では禁止されている物質が日本では使えたりと、日本はその辺の規制がまだまだ緩いです。禁止するとコンビニ自体がなり立たなくなるからですかねえ。
店内調理の弁当やおにぎりを展開するコンビニもありますが、あれの賞味期限は8時間前後。センター仕分けや配送の時間ロスが無いため、PBの弁当やおにぎりよりは安全といえます。

3.冷蔵総菜(パスタ、サンドイッチ、餃子など)
消費期限が2~7日と、比較的長いことから危ないと考えられます。食べるなとは言いませんが、週1日程度にとどめましょう。
特にブリトーを毎日食べるのは辞めましょう。電子レンジ加熱により破壊された物質を食べることになります。ブリトーを毎日買う人の沸点の低さは特徴的です。

4.PBパン
消費期限が3日程度と、比較的長いのが特徴です。
特にヤマザキパンの製品は少し違うにおいがするので、山パンの商品は選ばないようにしましょう。ネットでも真偽は不明ですが、山パンは食べ放題でも食べたくないという工場従業員の書き込みが見られます。
毎日食べるのは控え、週2~3程度にしましょう。

5.缶詰
賞味期限が数年のため、非常に危ないです。犬や猫用のえさならまだしも、人間が食べるのは辞めましょう。
カップ麺も同様の理由で既に皆さんご存知のように体に悪い代表食ですが、特別お腹を満たしたい時以外は控えましょう。

6.缶コーヒー
出勤するサラリーマンの味方とも言える商品ですが、これも賞味期限が1年程度と長いので、危ないです。最近は挽き立てコーヒーを買う方も増えていますので、時間がかかってでもそちらに移行されることをお勧めします。

7.ガム
これに至っては、賞味期限がないため、非常に危険です。せめて買うなら賞味期限表示のあるものを。

逆に食べても安全なもの

1.紙パックの乳製品(チルド飲料)
オレンジやアップルなどの果汁100%ジュースはそもそも果汁以外になにもないので、問題ないでしょう。逆に抗酸化作用が期待できます。
PB商品の麦茶も、比較的安全といえます。
コーヒーは砂糖が含まれているため、一日1個以上は飲まないように。特に甘すぎる商品は避けましょう。

2.ペットボトル飲料
着色料や砂糖が多く含まれているものでなければ、特に問題は無いでしょう。カルピスの派生品(カルピスのブドウ味など)は果汁を抑えてその分別の物質で甘さを表現しているので、注意が必要です。三ツ矢サイダーもノーマルのものはいいですが、派生品は体によくありません。ペットボトル飲料の中でも水、お茶、アクエリアスやポカリスエットは有意義な商品ですので夏は積極的に購入しましょう。
コカコーラもよく売れますが、あれは本当は黒ではないはずです。黒い着色料を使って砂糖も多いので、毎日飲むのは控えましょう。コカコーラのノンカロリーなんて、甘味料の味しかしませんからね。ノンカロリーで肥満になったらシャレにならないですね。
もしチルド飲料で代替できるなら、そちらの購入を検討しましょう。理由は、チルド飲料の方が消費期限が短いからです。

3.アイスクリーム、冷凍食品、ドライ食品(ポテチ、チョコ等)
こちらも食べ過ぎはよくありませんが、NGな食品に比べれば影響は小さいです。
糖尿病や虫歯など別の点で問題がおきうる可能性はありますが。

4.挽き立てコーヒー
コーヒー自体は問題ありませんが、ガムシロップやミルクなどを大量に入れるのはやめましょう。ガムシロは人工的な甘味料ですので、ほどほどに。

これらを見分けてコンビニを上手に活用し、少しでも病気になりにくい体にしましょう。
おでん100円やおにぎり100円などのセールは日本人の体を悪くするためといっても過言ではありません。本部の施策に乗せられないように注意!

ラムダッシュ洗浄機 水漏れ修理6,000円が無償になった件

個人的にラムダッシュ洗浄機を使用していますが、同じような人が今後出てくる可能性があるため投稿します。
この洗浄機は、ES-LV7A/ES-LV9A世代のものになります。

ラムダッシュの洗浄機は、1年半ぐらいで水漏れする機械的な脆弱性を抱えています。(ちょうど保証期間が終わった後に壊れるソニータイマーのようなものです)
人の手で掃除しても無駄です。
こんな症状があれば水漏れを疑ってください!
・洗浄終了後、周りが水浸しになる
・新しい洗浄液をセットしても2回でチェックランプが点灯する
どうやらチェックランプは、洗浄液の残り量で判断しているようです
・洗浄中、水があふれるんじゃないかというぐらいまでかさが増える

当方ヒゲは濃い方です。
使い方としては、かなり雑な使い方をしており、毎日ひげそりを使用後水洗い等はせずそのまま洗浄機に突っ込んでいます。
つまり1日1回洗浄ということですね。
洗浄機の洗浄方法というページもありますが、毎日忙しいのでそんな物は無視してきました。いや、だって洗浄機を洗浄するとか意味不明でしょ?何のための洗浄機?って壊れる前にパナソニックにクレーム入れたことありますがおそらく改善はされていないのでしょう。

価格.comなどのネットでは「無償で修理できた」という事例もあるようですが、どこが壊れているかによって有償になることもあるようです。
今回の場合はホースの破損ではなく目詰まりのため有償・6,000円(税抜)になるようです。
買った時の価格を考えれば安いんでしょうが、やはりこれだけ見ると高く思えてしまいます。

5年もった、10年もったという人もいますが、それは単体利用の場合のみ。
シェーバーは替刃ビジネスといわれますが、洗浄機の寿命をあえて短くすることで買い替えを促す、つまり洗浄機ビジネスとも言えるのではないでしょうか。

また、毎度のことですがパナソニックのシェーバーは5枚刃に関しては大きく機種ごとの機能差がありません。
大きくと言うか全くですね。ヒゲを剃ることに関する根本性能は全て同じで、充電器の段階表示がどうとか、メタルボディしか差はありません。
しかも洗浄機はすぐ壊れる。
それで最上級モデルとその下のモデルの差が1万円もありますので、どっちがお得かはいうまでもありません。
何でも最上級が良いという人もいますが、これに関してだけは、よく考えてください。シェーバーは消耗品ですので。
とにかく、購入に当たって、洗浄機が壊れやすいと言うことは頭に入れておく必要があるでしょう。

ヒゲを剃る性能に関しては日本メーカーらしく、そり残しもなく自然に剃れるだけに、洗浄機の改善を今後期待します。

続報
「この見積もりに納得がいきません」「通常使用の範囲によるもので、無償修理にしない場合は今後のパナソニック製品の購入は考えさせて頂きます」という旨のメールを送信したところ、電話がかかってきており折り返すと購入日を聞かれ
「1年半」と答えたところ「今回は無償で」「おつけできる洗浄液は1個のみとなります」という結論になりました。(実際は2個や3個、それ以上の洗浄液をロスしていますが)
ネットでの修理申し込みサービスもありますが、やはり修理に関しては電話での交渉が有利なようです。
世の中は声を上げない人はこの商法に飲み込まれてしまうようです。お気を付けください。

冬にアイスが売れるようになった4つの理由

従来の考えでは、冬はアイスは売れないが常識でした。

しかし今、真逆のことが起こっています。
夏ほどではないですが、冬のアイスの売り上げが伸びているのです。

その火付け役となったのが
①数年前に出てきたハーゲンダッツの新味(華もち、きなこ黒みつ)
ストロベリーのような標準的なものしかない中、プレミアムな商品を投入したところ、SNSで話題になり全店即日完売状態に。
製造が間に合わず一時販売休止になったほどです。
コンビニの商品は全てが高いので、もともとお金に余裕がある人が来店します。本当にいい物を本当にいい価格で売れば、売れるのがコンビニなのです。
しかも全国に5万店を超えるネットワークがあり、CMを打たなくても置いてもらえるだけで宣伝効果になります。

②コーヒーマシンの全店普及でアイスコーヒーがいつでも飲めるようになり、人々の間で冬に冷たいもの(アイスクリーム)を食べる抵抗がなくなってきているのかもしれません。

③SNSの普及。誰かがアイスを食べたと投稿すると見た人も食べたくなるのがSNSです。一緒に食べよう、後で食べよう、などと会話のきっかけになるのは間違いありません。

④コンビニ店舗数の増加。コンビニが増えることは、すなわちアイスが買える店が増えることを意味します。全チェーン合計で、毎年約1,000店規模で店が増え続けています。
店が増えてアイスの売上が上がればその利益はメーカーにも配分されるため、より競争力の高い商品投入が可能になります。

一方、割を食っているのがアイスクリーム専門店。いわゆるサーティーワンなどのことですが、2016年ついに上場以来初の赤字に転落したというニュースがあります。
この理由としてコンビニに需要を食われたと認めていますが、単純にアイスは冷凍なので「できたて」という概念がなく、どこで買っても同じだからというのが客の心理でしょう。
トッピングが無料でできるなど、付加価値を付けていかないと専門店は厳しいと思います。
とはいえまずは、味。サーティーワンを超える味のコンビニアイス商品が出てきている現状、老舗の技術力を生かしてハーゲンダッツと肩を並べるクオリティのアイスをコンビニ向けに投入することが急がれるでしょう。

コンビニはここ数年で冷凍の販売スペースをかなり増やしています。
もちろん自社のPB商品を販売するためでもありますが、アイスクリームは賞味期限がないため、ストックさえあれば廃棄も出ずに、理論上はいくらでも売り上げられる商品だからです。
(実際はトラックの容量・人手等の限界があるので無制限ではないですが)

そしてここ数年、ハーゲンダッツにあやかって、ガリガリ君やチョコモナカジャンボなどの定番銘柄も違う味を投入。
夏は定番商品に絞り、冬はバラエティに富んだ味を投入することで、工場の稼働率をなるべく落とさないようにしているとも考えられます。(そしてSNSで運よく話題になって売れればいいなーって感じで)
最近わけのわからない味のアイスが出てきているのはこのためです。アイスに限らず、カップ麺でもチョコレート味のものなど、昔だと上司に企画段階で蹴られてたような商品が出てくるようになってきました。いずれも、話題性を重視してのことでしょう。
数年前は冬のアイスの新商品は皆無状態でしたが、ここ数年は夏と同じぐらいのペースで新商品が出てきています。それだけニーズがあり、売れると読んでいる企業が多いからでしょう。

現在、ペットボトル飲料は定番として生き残る商品が数%といわれている熾烈な業界ですが、冬のアイス業界も今後そのようになることが考えられます。