コンビニ生活を止めて生活費節約!

コンビニは、ほとんどの商品が、スーパーなど量販店の価格の2倍となっています。
たとえば、ドリンク。これはコンビニでは利益率50%を誇る商品で、売れるとお店にとってありがたいんですが、
スーパーでは半額。アクエリアス1.5リットルはコンビニでは398円とかですが、スーパーでは150円前後で買えます。(安売り期間だと120円前後になる)
コンビニの最大の売りは、弁当やサンドイッチなどの中食(なかしょく)ですが、
これも各チェーンがそれぞれ製造管理まで一貫しているので利益率はいいですが、牛丼屋に行けばもっと安い。500円出せば1,000kcal超えの熱々の特盛が頼めます。
アイスや菓子、調味料も原則定価販売です。スーパーの2倍とまではいきませんが、1.5倍程度の値段です。
スーパーで99円とかで売っているポテトチップスは、コンビニでは120円前後といった具合。
そして一番ぼったくっているのが、生活用品。どれだけ高い値段にしても雨の日は必ず買ってくれる使い捨て傘ですが、コンビニでは500円もしますが、100円ショップにもあったはず。
2,000~4,000円近くするスマホ充電器も、電気屋なら半額。USBメモリーやSDカードに至っては、近年大容量化と価格下落が進んでいますが、5年前の商品を5年前の値段のまま販売し、一切値下げせず。ラインナップも2GBや4GBなど、一時しのぎにしかならない商品しか置いていません。今電気屋には64GBや128GBも並び始めている時代です。

 

このように、それぞれを専門としているお店の値段に、コンビニは負けています。値段だけでなく、種類も。
もちろん24時間運営する人件費というのもありますが、24時間やっているドンキは24時間安いので、その法則は今は通用しません。

 

なぜコンビニだけが異常に商品が高いのか。
それはやはり、何億もかけてキー局へのCM出稿をはじめとする広告宣伝費が大きく占めているからではないかと思われます。新規顧客開拓のため、売れない場所にも店を出したり、採算の取れないセールをやったり、かなり背伸びしています。
また、コンビニは小さい店舗スペースしかないため、在庫を確保できず、少量を繰り返し発注する多頻度発注スタイルで店を運営しています。
よって、一店舗あたりの発注量も少なく、大口顧客ではないため一ケース当たりの値段が高くなる。商品は基本的に、大量に納入してくれると値段が下がります。
地域ごとにコンビニ各社の物流センターがありますが、やはりスーパーの物流センターと比べると規模が違います。その分、値段に跳ね返ってくるというわけです。

スマホ充電器などは普段必要ないけど、必要になった時はものすごく必要な商品。
だからこそコンビニへ急ぐのですが、なかったり種類が少なかったりで幻滅する。
これではいくらウリの弁当やサンドイッチなどを強化しても、ドンキやトライアルなど24時間スーパーなどの台頭で、コンビニそのもののモデルが終焉に近づいていると思われてもおかしくありません。

また、先ほど説明したようなモデルのためにコンビニの商品は高いので、急ぎでないならばそれぞれの専門店で買うことをおすすめします。
食品・飲料ならスーパー、電気関係は電気屋、弁当なら牛丼屋等。

例えば毎日コンビニで120円のコーヒーを買っている人が、激安スーパーで同じ商品を単価90円で箱買いすると、一個あたり30円の節約で、月にすると900円、年間10,800円の節約です。
コンビニでコーヒーを買う人は、他の商品も合わせて買っているでしょうから、それらもスーパー等で買うことにすれば、かなりの節約効果が期待できます。

店員は教えない!Android 6.0で電池持ちが良くなる14項目まとめ

はっきり言いますが、Android 6.0は、4.4よりバッテリー持ちは悪いです。そしてイースターエッグも難しすぎます
この端末の個体差かもしれませんが、ディスプレイよりもAndroid OSのほうがバッテリーを食っています(暴走状態なのかもしれませんが)
80時間の電池持ち(キャリア調べ)を謳っているのに、ネットサーフィン程度でも24時間ぐらいしか持ちません。
※これからはYouTube連続視聴可能時間の指標も必要かもしれませんね
初期化で直ったという人もいるようですが、アプリやデータの入れ直しが面倒なので、あくまで初期化をしないやり方になります。




仮に暴走状態でないとしても、使い心地に影響を与えない範囲で、バッテリー持ちをよくする項目を調べましたので、まとめておきます。
キャリアショップの店員はマニュアルを覚えたロボットのように「理由は分かりません」「再起動を試してください」
「SDカードやSIMカードを抜き差し」「初期化してください」「修理になります」としか言いませんので、聞いても無駄です。
設定項目がかなり奥の方にあり、もしキャリアショップの店員で知っていたらかなりのマニアックだと思います。
こうやってかなりの項目を自分でカスタマイズできるのがAndroidの魅力です。こんなに締め上げて大丈夫なんですか? と思うかもしれませんが、問題ありません。
(こういうことをしないと長持ちしないのはどうなんだ?初期設定にしておけよ、という考えには納得ですが)
これを変更しても、壊れたり、保証が無効になることはありません。通常の設定変更の範囲内となります。私の端末は全項目設定していますが、動作に支障は無いです。
Xperiaをもとに記述していますが、Androidはソフトが共通化されているためほとんどの端末でこの技が使えます。ただ、STAMINAモードはXperiaにしか入っていません。似たような名前のものが他のメーカーにもあると思いますので、探してみてください。

 

0.Wi-Fiは常時オンでもいいが、GPSやBluetoothは必要な時のみオンにする  これ常識ですね。
1.Wi-Fi→「・・・」→設定→ネットワークの通知「オフ」 スリープ時のWi-Fi接続「接続を維持しない」
2.その他の設定→モバイルネットワーク データローミング「オフ」 ローミング時にVoLTEを有効「オフ」
3.画面設定→明るさの自動調節「オフ」 スマートバックライト「オフ」 高画質モード「オフ」 機器が回転した時の表示「縦のまま」 スクリーンセーバー「オフ」 タップして起動「オフ」
屋外など、眩しいところで使う場合が多い人は自動調節オンでもいいかも。
4.アプリ→アプリの権限  ・・・不必要な権限を持っているアプリは個別に権限を取り消す。取り消しすぎるとアプリが動かなくなったり、バッテリー浪費の原因になる場合もあるので様子を見る
「Google Play Music」を使っていない場合、無効にする
アプリのレビューを見て、バッテリーを食う・無駄な通信をしているなどと書かれているアプリはアンインストールする
アプリの入れすぎも電池に影響するので、最近使ってないアプリはアンインストールする
※私の端末で自分で追加したアプリの数はたった25個です。多すぎても管理しきれません。スマートフォンなんですから、スマートに運用しましょう
また「Google Play開発者サービス」のストレージに入り、容量から「データを消去」戻って「キャッシュを削除」、そして無効にする。通知が表示されるので、もう一度インストールし直す
5.バッテリー→STAMINAモード「常に有効」   ・・・バッテリー→「・・・」→電池の最適化で最適化しないアプリにChromeやキャリア独自アプリなどが入っていたらチェックを外す
「Android Service Liberary」「Androidシステム」と「com」から始まる物は最適化しないアプリに入れておく(浪費の原因になるようです)
6.ストレージとメモリ→スマートクリーナー「オフ」  ・・・常駐しているのか何なのか?周期が不明なためオフ。
1週間に1度ほど、高度な設定からストレージに入り、キャッシュデータを押して自分でキャッシュを削除すること
7.ロック画面とセキュリティ→使用履歴へアクセスするアプリ→Google Play開発者サービス以外をオフに    開発者サービスをオフにするとバッテリー浪費の原因になると言われています
機器管理機能→Androidデバイスマネージャーを「オフ」
端末をなくした時に追跡後ロックやデータ削除ができるそうですが、普段からGPSオフにしてる場合は使えないのでオフ
※よく端末をなくす人はデバイスマネージャーオンをお勧めします
8.位置情報→オフ さらに「・・・」からスキャンに入り、「Wi-Fiのスキャン」「Bluetoothのスキャン」2項目ともオフに
9.アカウントと同期→「・・・」でデータの自動同期を「オフ」
10.Google→セキュリティ→端末をスキャンしてセキュリティ上…「オフ」
なんだかよく分かりませんが、今まで警告されたことはありませんのでオフ
11.バックアップとリセット→データのバックアップ「オフ」
基本的にはオフになっているが、オンになっていた場合はオフにする
12.NFCタグリーダー、NFCメニュー、おサイフケータイ設定アプリ、webプラグインセットアップを無効に
このアプリは暴走します。ネットでもこれで改善したとの報告多数。このアプリを無効にしても、おサイフケータイには影響ありません
13.開発者オプションからアニメスケールを0.5x、再生時間スケールをオフに
ネットサーフィンなど、画面の行き来が多い場面で電池を消耗する場合はこの設定を必ずしてください
0.5xにしてもあまり体感は変わりません。電池持ちを重視する方はオフにしてもいいかもしれません
ただしオフにするとアニメーション効果が一切なくなるので無機質な雰囲気になります
※開発者オプションがない場合、端末情報のビルド番号を連打
14.LINE、カカオ、キャリアメール、Twitter、YouTubeなどの「通知」を見直し
私はキャリアメールアプリは使わないので無効にしています。
画面オフ時の通知や、ポップアップ通知など不要な通知をオフにすると電池節約。
また話していない友だちはブロック、削除することで電池節約
LINEはバッテリー最適化という点では未熟なアプリで、1,000人友達がいるとかなり電池を食ってしまいますのでブロックをかけて常に200人程度に抑えておきましょう

おまけ
電池を温存させたい時の緊急避難的対処法:電波オフモード(機内モード)にする
連絡が全く取れなくなるので携帯としての意味はなさなくなりますけどね。電車に乗っててコンビニもないしやばい!って時にオススメです




これらをやって、念のため一度再起動をかけ、数日様子を見ます。
※ガラケーとは異なり、スマホはパソコンと同じという考えを持ってください。なので、何も不具合がなくても最低週に一度は再起動をかけることをおすすめします
そうすると、バッテリーの使用状況でAndroid OSの暴走状態が解消されているのが確認できました。
またAndroid 6.0.1は発表されて1年も経っておらず(今年の春モデルからの実装が多い印象)、ハードとソフトの最適化が進んでいないのではないでしょうか。今後のアップデートに期待ですが、とりあえずできることをやっておきましょう。
どれが原因か分かりませんが、皆さんもお試しください。

初心者にBIOSアップデートは危ない5つの理由

Windows Updateはみなさんご存知の通り、Windowsを最新にしていくためのパッチで、毎月更新されるため会社などでも目にかかる方は多いかと思います。
皆さんがお使いのiPhoneやAndroidも、定期的にソフトウェアの更新通知が来ると思います。
しかし、アップデートだからと行って、何でもやって良い訳ではありません。
世の中には、危ないアップデートもあります。

世の中で一番危ないアップデートは、BIOSアップデートです。
ハードとソフトを制御し、Windowsなどにこう立ち上げろと命令するのがBIOSです。いわばWindowsの上司。
服を着替えるのがWindows Updateと例えれば、心臓手術・臓器移植をするのがBIOSアップデート。
成功したからといって成功前より元気になることはありません。あくまでも新しいパーツや不具合などに対応するためのアップデートです。
そしてこのような高度なアップデートである事から、失敗のリスクもあります。

パソコンの場合、BIOSアップデートに失敗すると起動しなくなります。
そしてほとんどのケースがメーカー修理となるのですが、デスクトップだと3万円前後、ノートパソコンだと7~10万円程度取られるようです。新しいパソコンが買えてしまいますね。
メーカーサイトなどにBIOSアップデートの知らせが来ていても、目的や理由、更新内容が把握できない場合は適用しないことをおすすめします。

 

なぜ初心者にはBIOSアップデートをオススメしないのか、理由を書いておきます。
1.BIOSアップデートをしなくても何も問題はない。脆弱性もない。
古いバージョンであっても、システムの動作には影響ない場合がほとんどです。新しいメモリや新しいCPUがほしいなんていう人は、ほとんどマニアですから。
2.書き換え後、必ず機器が使用できる保証はない。
例え「成功」と表示されても、実は失敗だったというケースも報告されています。
3.停電した場合、確実に壊れる
書き換えは5分程度で終わりますが、その間に停電した場合、確実に壊れます。
4.ユーザーでのBIOS書き換えはできない。
BIOS書き換えはWindows上でもできますが、間違った場合、元に戻すことができません。一部のマニアックなマザーボードはダブルでBIOSを搭載していて元に戻せたりしますが、ほとんどメーカー製PCには採用されていません。
5.修理金額が高くなる
特にノートPCでやらかした場合、新品のノートPCが買えるんじゃないか、という額の修理代を請求されます。やはり、やらない方が無難です。

 

このように初心者にとってはリスクしかないBIOSのアップデート。
知識や経験が無い場合は、たとえアップデートの知らせが来ていても無視しましょう。