2011秋冬 ハイスペスマホ総比較

auとソフトバンクの2社は2011秋冬モデルの発表会を9月に前倒し実施、ドコモも10月に実施して出揃ったため、今回は発表されたハイスペックなスマートフォンの機能などを比較したいと思います。(本来は発表直後の9月末に公開予定でしたが、当方の多忙により延期させていただきました)

<スペック表について>
○・・・対応  △・・・後日アップデート対応  ×・・・非対応  -・・・排他的非対応
・あくまで執筆時点の情報であるため、今後情報が変更になる可能性があります。(OSのアップデート、毎月割価格など。基本的には追随修正なし)
・信頼できるネット情報だけでは確認できないものについては「?」とし、情報が入り次第随時更新します。
・ソースが求められそうな項目には事実証明のためできるだけリンクを張っています。
・キャリアが異なる機種の項目は、auに準ずる機能を搭載しているかどうかとします。
・用語解説については、2010秋冬2011夏の記事をご覧ください。
・比較の項目については、今現在では当たり前になった項目は外して、逆にユーザーが気にするであろうものを優先的に比較項目に取り込んでいます。

赤文字の基準・・・下線部以外=表内で少数対応、その機種の特長となりうる部分。  下線部=対応している、またはスペックが他より高い。

機種名 ARROWS Z
ISW11F
HTC EVO 3D
ISW12HT
MOTOROLA PHOTON
ISW11M
102SH GALAXY SⅡ LTE SC-03D IS12SH(参考)
・概要
メーカー 富士通東芝 HTC モトローラ シャープ サムスン シャープ
連続待受(時間) 290 320 138 ? ? 280
連続通話(分) 330 450 530 ? ? 480
発売日 11月下旬以降 10/7 10/7 12月上旬以降 11~12月 2011/6/29
本体価格 ? 63,000 63,000 ? ? 73,500
毎月割 ? 新規 1,750*24
増設 1,540*24
新規 1,750*24
増設 1,540*24
? ? 統一 1,700
実質価格 3万円台 新規 21,000
増設 26,040
新規 21,000
増設 26,040
? 3万円台後半 統一 32,700
・ディスプレイ
解像度(ピクセル) 1280*720 960*540 960*540 1280*720 800*480 960*540
タイプ TFT TFT TFT NewモバイルASV 有機EL NewモバイルASV
サイズ(インチ) 4.3 4.3 4.3 4.5 4.5 4.2
ppi 341.54 256.15 256.15 326.36 207.32 262.25
表示色数(万色) 1677 1677 1677 1677 1677 26
裸眼3D表示 × × ×
機種名 ISW11F ISW12HT ISW11M 102SH Galaxy S Ⅱ LTE IS12SH(参考)
・カメラ
カメラ画素 1310 裏面CMOS 2D:500 3D:200
CMOS×2
800 CMOS 1210 裏面CMOS 810 CMOS 805 CMOS×2
インカメラ 130 CMOS 130 CMOS 30 CMOS 30 CMOS 200 CMOS 31 CMOS
3D撮影(写真・動画) × × × ×
HD動画撮影 1080p 1080p 720p 1080p 1080p 720p
シャッターボタン ×
・基本
Android 2.3.5 2.3.4 2.3.4 2.3 2.3.5 2.3.3
CPU OMAP4430 1.2GHz MSM8660 1.2GHz Tegra 2 1GHz OMAP4430 1GHz APQ8060 1.5GHz MSM8655T 1.4GHz
コア数 2 2 2 2 2 1
RAM 1GB 1GB 1GB 1GB 1GB 512MB
ROM(本体ストレージ) 8GB 4GB 16GB 2.2GB 16GB 2GB
ROM空き容量 6GB 1.1GB 16GB ? ? 1.1GB
最大通信速度
(受信/送信:bps)
3G:9.2M/5.5M
WiMAX:40M/10M
3G:3.1M/1.8M
WiMAX:40M/10M
3G:3.1M/1.8M
WiMAX:40M/10M
3G:14.4M/5.76M
DC-HSDPA(4G):21M/5.7M
3G:14M/5.7M
Xi(LTE):37.5M/14M
3G:9.2M/5.5M
テザリング ○(WiMAX) ○(WiMAX) ○(WiMAX) × ○(有料) ×
マルチタッチ点数 ? 4 2 ? 10 5
機種名 ISW11F ISW12HT ISW11M 102SH Galaxy S Ⅱ LTE IS12SH(参考)
・搭載機能
ワンセグ × × ×
予約録画 ?
お財布 × × ×
赤外線 × × ×
伝言メモ ? × × ×
Eメール ○(共通メーラー) ○(共通メーラー) ○(共通メーラー) ○(シャープ独自) ○(シャープ独自)
Cメール(SMS) 受信のみ
(送信は来年
アップデート対応)
緊急地震速報 ?
無線LAN b/g/n b/g/n b/g/n b/g/n a/b/g/n b/g/n
GSM × × ×
Bluetooth 2.1 3.0 2.1+EDR 3.0 3.0+HS 3.0+EDR
日本語入力 ATOK iWnn iWnn iWnn SH iWnn iWnn SH
画面キャプチャ × × ×
ベールビュー × × × ×
地デジ持ち出し × × ×
AOSS ? × × ×
FM機能 トランスミッター ラジオ ラジオ × × ×
DLNA ? ? ?
機種名 ISW11F ISW12HT ISW11M 102SH Galaxy S Ⅱ LTE IS12SH(参考)
・外部
幅*高さ*厚さ(mm) 64*128*10.0 65*126*12 67*127*12.2 65*128*9.7 69.6*130.6*9.5 64*130*12.5
重さ(g) 131 171 158 135 135.5 145
形状 ストレート ストレート ストレート ストレート ストレート ストレート
防水防塵 × × × ×
カラー ○   ● ○  ● ○  ●
ゴリラガラス × × ×
microHDMI ?
卓上充電 ? ×
無線充電qi × × × × × ×
バッテリー 1,460mAh 1,730mAh 1,650mAh 1,520mAh 1,850mAh 1,240mAh
付属SD容量 ? 8GB × 4GB ? 2GB
不安要素 最新チップ採用の
一方、バグ多し
・ガラケー機能非対応
・高速3G非対応
・Cメール送信年明け対応
・高速3G非対応
・3D撮影不可 ・ガラケー機能非対応 ・背面デザイン
・起動に2分?

端末スペックについては、前回説明していたことが現実となり、デュアルコアの1GBRAMは当たり前、さらにはディスプレイ解像度を4.5インチ720p(1280*720)まで上げてきた機種もあります。これは想定外でした。
ROM増やしたいならSDカードを挿せばいいと言いますが、案外スマートフォンを使っているとROMの容量の重要さに気づかされます。ROMを占有するメインのコンテンツはアプリケーションでありますが、中にはSDカードに移動できないアプリケーションもあります。また、androidではSDカードは「外部ストレージ」であるため、パソコンで言えば内部にUSBフラッシュメモリが刺さってる感覚ですね。パソコンのハードディスクは「どんどん汚してしまえ」ですが、スマートフォンのROMは容量が少ない場合は「大事にとっておきたい」という考えが働いて、大容量アプリを積極的にダウンロードしなくなったりと、いろいろと行動が制限されてしまうので、ぜひとも大容量ROMを搭載してほしいところです。

バッテリーについては海外端末は積極的に大容量バッテリーを搭載していますが、国内端末は品質重視で爆発するのが怖いのか(爆発を肯定する向きではありませんが)どれだけ頑張っても1,500前後で止まってしまっています。(1,500の壁?)
バッテリー自体を技術革新せよといいますが、もしそれができないのであれば、内部のチップセットを革新して最適化して小さくして、バッテリーに割り当てる領域を大きくすればどうですか?もちろんコストや製造ラインの都合などいろいろ響いてくるかと思いますが、インテルなんて数年に一度新しいプロセスラインでCPUを製造しています。これができないのであれば、国内、いや海外で戦っていくことはできないでしょうね。
ノートパソコンを製造しているNECや富士通、などあの辺であればバッテリーの技術もある程度持っているのではないでしょうか。容量としてはデュアルコア高解像度大画面ディスプレイで負荷も増えるでしょうから、2011夏モデルの倍となる2,400mAh程度は必要となってくるでしょうね。ここまで来て、ようやく一人前です。大容量バッテリーのせいで多少端末が重くなっても厚くなったとしても、ユーザー需要は変わらないのではないでしょうか。これもスペックがハイエンドであればの話ですけど。

ソフトバンクの発表会では特に目立ったニュースはなかったようですが、auではiPhone発売の噂もあって、かなり盛り上がったようです。(当方auユーザーですので過大評価している点があるかもしれませんが)
IS03やIS12T、WiMAXのevoなどを通じて「ワクワク感」を訴えてきた田中社長でありますが、今回は「Android au」のサイトを終了してまで、
「未来は、選べる。」を宣伝文句としました。表向きはWindows Phoneも出てきてAndroid=auと言えなくなったというのが理由らしいですが、ユーザーニーズがそれほど高くないWindows Phone一機だけではこうもはならないと思います。前述の通り、Appleから何らかの圧力がかかっていると言っても過言ではないでしょう。過去には「iPhone auサイトは存在いたしません。」とわざわざ記述していたあたりもなんだか怪しい。普通なら404エラー出すでしょう。index.html置いてるあたりが無知な社員がいる象徴かなと。

以下は、少しばかり今回の発表会で田中社長が述べた考え方をまとめています。

・通信事業者は、今まで制約(テザリングなど)を設けすぎたのではないか
 →テザリングを+525円の安価(今現在は期間限定で無料)で解放したevo WiMAXのユーザ満足度 91%(テザリング) 82%(サクサク)
    →「ここまで満足度の高い端末は今まで無い」 ユーザーの不自由を取り去って回線・端末共にサクサクにしたのが要因

・新キャッチフレーズ「未来は、選べる。」
  →今まで回線事業者は、自己の論理をお客様に押しつけてきた
    論理=スマートフォンとはこうあるべき、ガラケーとはこうあるべき
         「Android au」も、ある意味auユーザーならばiPhoneは諦めてandroidを使いなさいという論理と言える
  →ユーザーの思いを受け止めて選択肢を用意すれば、業績は後からついてくる
    evo発表会の際に「収入が少しばかり減ってもいい」という発言からも余裕が見える
  →WiMAX端末を用意して、オフロードすることで3G品質を維持したい姿勢の現れ

ハイスペックのスマートフォンの機能を比較して、さらなる高機能化、高性能化の必要性を世に向けて発信してきたこの「スマートフォン比較」企画ですが、2011秋冬モデルにおいて、メーカーが反省して高性能の必要性を認識して、結果として私が求めるスペックにほぼ達したスマートフォンがいくつか出てきたこと、そしてスマートフォンユーザーも増えて宣伝的要素が薄まってきたことなども踏まえ、これ以降のモデルについては発展を見守っていくこととし、最新のスマートフォンスペックを追随、追いかけるのはこの記事で最後といたします。
あと数年すれば(というかdocomoは今の時点で実現していますが)各社ともLTEを搭載したスマートフォンを発売して、CPUもパソコンと同じ3コア(トリプル)、4コア(クアッド)の時代をたどっていくことでしょう。

最後に、auのスマートフォンの歩みを書いておきます。
"ストレート型"Androidスマートフォンを世に送り出した最初の端末はIS03(シャープ・2010年11月)。
「日本独自の機能を搭載!」としてアピールしましたが、スペックを求めるユーザーからは少しばかり文句も出たりしました。
それでも、全体としては滑り出しは順調と評価されました。
2010年秋冬期は1カ月に1つ何らかのスマートフォンを発売(11月=IS03、12月=IS06、2月=IS04、3月=IS05)するというペースで、中でも悪い意味で注目を浴びたIS04(富士通東芝製・2011年2月)は、防水や、デザインを重視したユーザーからは好まれましたが、中のソフトは不具合満載といわれ、強制再起動などに見舞われて安定性の低いスマートフォンと評されました。
一方、IS05(シャープ製・2011年3月)は、概ね評価のよかったスマートフォンです。メーカーのノウハウというものは、製品の品質に顕著な影響が現れるということを、多くのユーザーが実感したものです。

ガラケーと同じく、スペックが頭打ちになれば、今度は ザインや独自機能で差別化を図ることでしょう。
今後、変わったデザインのスマートフォンが出てきたときには、スペックが頭打ちになってきて苦戦している、ということです。これからの動向に期待です。

地上アナログ放送 終了!

7月24日12時をもって、東日本大震災で被災した東北3県を除く44都道府県で地上アナログ放送が終了した。

厳密には「地上アナログ放送の番組」が終了したということで、送波は本日まで行われ、画面にはコールセンターへの問い合わせ先が表示されるようである。
25日からは、送波が停止して砂嵐になるため、今後もテレビを視聴するには、アンテナや受信機などの用意が必要となる。

民放のフジテレビでは、ちょうど「27時間テレビ」でこの歴史的瞬間を迎えたようであるが、この27時間テレビに関しても今年は今までとは異なり大々的なアピールや番宣はとくに感じられなかったように思う。大震災の影響?あるいは技術社員が足りなかった?予算不足で力を入れなくなった?
などいろいろ考えは浮かぶが、とにかく27時間も番組を続ける以上は、視聴者も盛り上がるような企画を用意する必要があると思う。マラソンといったって、ただ自分たちだけが楽しんで、ただ自分たちだけで盛り上げるようでは、何の意味もなさない。
今は何でもかんでもオンラインでつながって、その場から生中継ができるようなとんでもない社会になってしまった。それ故に、テレビ局の唯一の強みである「生中継」も、Ustreamなどのサービスに代替されつつあるのではないだろうか。
テレビに昔のような活気を取り戻すためには、視聴者目線で視聴者の欲している番組や企画を用意する必要があるだろう。テレビ局ならではの大々的なセットを生かした番組や、だれかの努力をひたすら追いかける番組などなど。めちゃイケやはねとびなどで罰ゲームとして人を熱湯に落下させる企画を放送しようものなら、すぐにどこかの団体が放送倫理違反だと言い張る。このような放送倫理団体の存在が、テレビの発展を妨げているように思う。
テレビを面白い番組にさせるなら、だれかの犠牲は必ず必要である。その犠牲を禁じる団体があって、しかもその団体の言うことを聞かないと番組収入に当たるスポンサーが減るというのだから、番組も渋々その団体の言うことを聞いているというのが現状であろうか。

地上アナログ放送の最盛期、これが一番テレビが盛り上がっていた頃だろう。
デジタルという概念が世の中に一般的に浸透しておらず、国民がアナログで満足していた時代。
スマートフォンはおろか、携帯電話の液晶が白黒、これでも十分満足していた時代。
今のように自由になった社会では、人々の生活や価値観も多様化したために、「これがうける」「これで視聴率がとれる」という答えが存在しなくなっている。それ故にテレビ業界も迷走し、結果的に視聴者からは「見たい番組がないからテレビは見ない」であるとか、「ニュースぐらいしか見ない」ということになるのである。
要するに、昔のようにコミュニケーションが今ほど自由にとれなかった時代では、新聞などのマスメディアが生活や価値観をある程度平準化させる役割を持っていたとも言える。故に、テレビ番組などでも「視聴率が取れる」番組を作りやすかったというのもあるのかもしれない。

地上デジタルに完全移行(東北3県の延期で今現在は完全とは言えないが)した世の中で言えることは、これから情報は新しい局面を迎える、ということである。
アナログ最盛期の時代があって、アナログとデジタルとが共存する時代があって、そしてこれからはデジタル最盛期の時代。
情報機器の世界でも情報を高速にやり取りできるシステムの構築が進んでいる。携帯電話一つとっても、スマートフォンという用語が一般化してデュアルコアだLTEなどという言葉が出つつある。大容量高速通信が可能になると、社会ががらりと変わるのはいうまでもない。
デジタル最盛期の時代を迎えて、人々はどう生きていくべきなのか。どのように情報機器を操って、デジタル情報と共存すべきなのか。
新しい局面を迎えた今、これらについて考え直す時期に来ているのではないだろうか。

追記:コメントから「中央揃えは見にくい」との指摘を受け、また私自身も長い文章では読みにくいことを実感しましたので、本文の文字を7/24から左揃えに変更しました。(表などは中央揃えの場合もあります)アナログ時代はこれでも良かったのかもしれませんが、デジタル時代はデータ量も増えて読みやすさが求められますから。

ページ幅の拡張について

本日5月22日より、本ブログのページ幅を1000ピクセルから1200ピクセルに拡張致しました。
これは、一画面に表示する情報量が多くなりつつあり、表などの掲載に制限があったということ、
またHDディスプレイなどが普及して、ページ幅の変更を行ってもほとんど支障がないと判断したためです。
他のサイトにおいて1200ピクセルというのはまだほとんどありませんので、少し時代を先取りした感はありますが。

つきましては、解像度が1024*768ピクセル以下の環境でご覧になると、スクロールバーが表示されて読みづらくなりますので、
その場合には解像度の高いディスプレイへの買い換えをお勧め致します。

今後は1200ピクセルに対応した改行位置および情報量にて記事を書いていきますが、今までの記事については、量があまりにも多すぎるため修正は行いません。
そのため、今までの記事をご覧になった場合には左右に余白が出来て少し不自然な感じもしますが、ご理解いただければ幸いです。

(追記)6月5日、以下の変更を行いました。
・ページの横幅を1200→1230ピクセルに
・両側に表示されていたサイドメニューをすべて右側に集約
→これにより、本文の領域がさらに200ピクセル拡大しました。ブログ=本文ですので、すぐに本文に目が行く構成にしたかったというのもあります。

それでは、今後とも「振り返る日常」をよろしくお願い致します。

管理人 yama