食費を月1万円に抑えるたった1つの方法

ごくごく当たり前のことなのですが、食費節約でほとんどの人が実行していない事があります。

それは「外食を減らす」こと。
何を言ってるの?そんなの無理!と思うかもしれませんが、自分を徐々に慣らしていけば意外と簡単にできます。
ショッピングモール等でわいわい食事は楽しいものですが、商品の値段がすごく高い。
ラーメン一つで500円、うどん一つで300円、家でも作れそうなクレープに700円、ただ果実をジューサーしただけの飲料に500円と、よく払えるなあと言う気がしています。
回転寿司となれば一人1,500円は行くし、バイキング(ブッフェ)もそう。
例えば二人で行けば3,000円になり、週に1回行っていたとすると3,000円×4回で月にすると12,000円の出費となります。
500円の料理を週3回・2人で行ったとしても、同じ12,000円の出費になります。

単に満腹にしたいだけならカップラーメンやスーパーにあるような弁当・総菜で十分事足りますし、500円も出せば十分満腹になれます。
コンビニに行っても単価の高い弁当は買わず、同じ出費で大きな満足を得られる総菜パンを買うのです。
話がしたいだけなら、別にLINEの通話でもいいわけです。
その場所に価値があるんだ、ということなんでしょうが、それは外食産業の策略に乗せられています。

 

人間はもともと、1日1回満足な食事(700kcal以上)と、適度な間食、水分補給をしていれば生き続けることができます。
1日3食があたりまえだ何を言っているんだ!と言われそうですが、「朝」「昼」「夜」毎食必ず取らなければならないといった固定観念に縛られていると、
コスパの悪い外食産業に金を落としてしまうことになります。
そもそも「とらない」という選択をすれば、出費は0円で済むわけです。
ネットにフルーツだけで生き続ける男がいるという記事がありましたが、腸は環境適応能力がありますので、無理に3食とらなくても
徐々に減らしていけば1食でも十分ですし、食事の内容も徐々に変えていくことで、適応させることができます。
「徐々に」というところがポイントで、一気に変えてしまうと病気になってしまいます。

最も貧乏だった時は、3日連続でカップラーメン(太麺シリーズ)と水だけで暮らしたこともあります。
1食150円ほどで買えて、少なくともフルーツより安いです。水も1.5リットルの物を店で安く買えば、冷蔵庫の電気代を加味しても月1万円で生活できます。
ただし、食事を減らした分、エネルギー消費も減らさなければなりません。
他の人と同じように、外出やジョギングなどといったことはせず、暇な時間は家にこもり寝る。テレビも目、耳や頭が疲れるので、見ない。
寝る時間は人生の無駄な時間と唱える人もいますが、その時間に下手に行動して下手に何かを買って消費するよりは、安全です。

 

雑誌等では「貧困家計の家計簿!」などとたまに特集が出てきますが、その中でも必ず項目としてあるのは「外食費」「習い事」
食費なら分かるが、外食費って? ヤマザキの総菜パンで十分でしょう。
また、習い事も2つや3つ掛け持ちさせている人もいますが、子どもにとっては大変なことなので、どうしてもさせたいなら1つでよいでしょう。
少しでも安い業者を探すことも大切です。塾業界であればベネッセをはじめとする通信教育にすると安く済ませることができます。
どうせ塾にも行かないし、行っても自習みたいな感じで場所貸ししかしていない、教師の質も大学生なので決して高いとは言えないからです。
貧困家計は収入が少ないのにいろいろと無理をしているので、赤字になるのです。
感情を捨てて出費を断捨離していくことが重要です。

他にも家計の節約術としては、
・電気製品は店舗で買わずネットで買う(新品でも50%オフとかザラにある。長期保証が魅力だが最近の電化製品はほとんど壊れない)
こだわりがないなら中古にすると更に安く済みます
新製品へのこだわりを無くし、古い製品を壊れるまで使う
・毎日コンビニでジュースを買ってるなら、近くのドラッグストアで箱買い
・毎日の定食を辞めてコンビニの総菜パンに切り替え
・毎週のジャンプ買いや定期購読を辞める
・スマートメーターに交換し電気代節約(アナログは地震等で針が傾くと過剰計測になりますが、デジタルなので正しい使用量になります)
・服の購入を辞めて、毎年使い回す
捨てなければ、買うこともありません
・携帯を大手三社からMVNOに乗換、固定電話を廃止
・賃貸の場合、少しでも安いところに引っ越して家賃を節約(家賃は交渉で下がることは少ないので、安いところに引っ越すしかない)
引越し費用と将来浮く費用を天秤に掛け、元が取れるようであれば実行
車移動が主である田舎ならば、どこに住んでも大きく変わりません
・年賀状の送る相手を厳選して切手費用を節約  100人に写真入り年賀状を業者に頼んでいたとすれば、自宅プリンタで印刷して30人にするだけでも大きな節約
・買替計画を延期して節約  4Kなんて意味ない、HDで十分、見れればいいなどと自分を説得させる
・生命保険やガン保険、自動車保険などを見直し
・無駄な年会費を払ってる物は解約  PCデポとかもそうだがジムやクレジットカードの年会費なども同じ。

などなどたくさんありますが、要は「そもそも外出しないことで節約」できる部分は大きいのです。
まずは一人の時の外食から見直すことで、節約する人生を実践し、一円でも多く金を残せるようにしましょう。
ただ、苦労する節約はよくありませんので、事業仕分けのように無駄をなくすというニュアンスでやると自然に取り組めると思います。
なんせ、一度払った金は元には戻らないのですから。

コンビニがDQNホイホイになる日

もう世の中のどこにでもあって、何でも揃っていていつでも開いていて便利なコンビニですが、実は内部はすごくブラックです。
コンビニのホワイトな記事は他にたくさんありますので、ブラックな事を書こうと思います。

同じ「ワンオペ」「人手不足」という点ではコンビニとすき家は同じなのですが、決定的に違う点があります。
それは、コンビニはフランチャイズであり、店数も圧倒的に違うこと。
つまり、会社規模で炎上した場合、フランチャイズだと騒動が起きても全店すぐには変わらないことを意味します。
普段本部は、それらを「個人事業主」として解釈しており、店がトラブルを起こせば契約解除してしっぽ切り。
バイトがアイスケースに入ったローソン加盟店が良い例ですね。人手不足でも社員は派遣されず、オーナー家族で回すだけ。
月200万円以上の高額チャージだけむさぼり、店の経費は全額オーナー負担(人件費、レジ袋、箸、社会保険等)
店に損害が起きても本部には一切の被害を被らないようにしている本部の裏の顔を、知らない人は多いはず。

そして見逃せないのがコンビニ会計ですが、今回はさらっと終わらせます。
はっきり言うと、一般会計は「売上-売上原価-廃棄原価」からチャージを取るのですが、
コンビニ会計は「売上-売上原価」でチャージを取り、廃棄原価は全額オーナー負担。
廃棄率・原価率・チャージ率を50%とすると、一般会計だと100-50-25=25の50%で12.5がチャージ、25-12.5=12.5が利益です。
コンビニ会計だと100-50=50の50%で25。さらに廃棄が25だとすると、25-25で利益はゼロ。
こういう簡単な計算でも、コンビニ会計のほうが多くチャージが取れ、オーナー利益が減ることが分かるかと思います。

政府はこれらの仕組みが気に入らないので、
最低賃金上昇や社会保険の適用拡大、保険料の値上げ、消費税率上昇など、体力のないコンビニフランチャイズには消えてもらうべく施策を進めています。
事実上のフランチャイズ規制法ですね。

 

さらに、コンビニフランチャイズはそれぞれの店で独立会計となっています。
つまりオーナーの資金力によって経営が左右されるため、どの店も経営が苦しいのが現状です。
その中で「24時間営業」を維持するため、「最低賃金で6時間ワンオペ」といった違法ではないグレーなものから、以下のような違法な労働状態も慢性化しています。
1.実働8時間を超える労働が常態化している(例:朝9時から夜9時まで)
労使協定を結べば可能だが、そんな物を結んでいる店など殆どないだろう
オーナーは電話対応やクレーム対応、苦情対応等で24時間休めない。店を出せば出すほどそのリスクは増える
2.アルバイトには有給休暇はないと説明する。そもそもオーナー自身が労基法を理解していない
3.少なくとも4週に4日は休まなければならないが、30連勤などという強者もいる
4.残業代や休日出勤手当を支給しない
5.ギリギリの人員で回しているので、休憩が労基法の規定通り取れない(レジが忙しくなると呼び出される)
6.雇われ店長を雇い、固定給しか支払わない(1のような勤務をすると最低賃金以下になるケースも)
7.日々の精算や発注、検品、品出し、清掃、シフト作成、アルバイトの採用やトレーニングは本部は行わない。店が行っているためかなりの負担に

また、「接客」と軽い言葉で言っていますが客からの暴言等も多く、従業員同士がケンカしたり、雰囲気の悪い店もあります。
定着率は低く、目安としては「半年で半分の従業員が入れかわる」のが現状です。
標準的な店舗であれば、一店舗あたり15~20人でまわしていますが、半年経つと7人辞めて、入ってくるのはそれ以下・・・
というのがここ数年繰り返されているループです。一人当たりの負担が増大して、人手不足になるのは目に見えて分かりますね。
人手不足のために安定しない高校生を雇い、高校生のテスト期間や文化祭等の急な休み、体調不良等に振り回されるのも、すき家にはない特徴ですね。
買う方は現役高校生が見れて眼福なんでしょうけど。

ワンオペといってもコンビニは調理しないし一人ごとの洗い物もないし・・・と思っている人もいると思いますが、
代わりに「揚げ物調理」「清掃」「品出し」という地獄作業があり、時給も最低賃金です。
また時間帯によっては洗い物もあります。
更に一番厄介なのが、コンビニ各社、基礎基本の仕事は同じであるがために、逆を言えば差別化をしなければなりません。
そのために毎週のペースで新しいサービスや新しい商品が始まり、近年は若者でも覚えるのが大変な勢いになっています。
すき家のような体力仕事は少ないですが、面倒な物を最低賃金で引き受けているのがコンビニです。

 

このようなブラックなコンビニの現状は、新聞・テレビ・雑誌等では、一切報道されません。
むしろそれらを隠して「今年も増収増益」「今年も1,000店出店」といったような、賑やかな言葉が紙面を飾ります。
これは、コンビニ各社が賄賂つまり広告を打つことで、その企業の不祥事を報道させないようにしている一種の圧力かと思います。
特に影響の大きいテレビには、毎月加盟店から巻き上げた利益でテレビCMをガンガン流して、ホワイトなイメージを宣伝しつつ、実質的な報道統制をしているということです。
あの文春ですら、コンビニ本部批判をしたくても、できないのです。

仮にすき家のように全店レベルでストライキが起きた場合、(そう遠くない未来に起きると思いますが)でもなんとか店は回りそうですね。
客のほとんどは「コンビニって便利だけど、24時間営業してて大丈夫なのか?」
「あの店長いつ行ってもいるけど大丈夫なのか?」と本心は思っているはずですし、すき家が24時間営業休止した時も大きな混乱は報じられていません。
何のための24時間営業?誰のための24時間営業?
地域のセーフティステーションをうたっていながら、実は強盗の舞台にされているコンビニ。酔っ払いが暴れ回るコンビニ。
一種の自己矛盾を抱えながら、でもそんな叫びもオーナーは本部の仕組みに飲み込まれているため大きな声を上げることができず、報道も統制されていて表に出てこない。
つまりは世の中の変化に対応しきれず、世間の中では既に最低の職業というレッテルを貼られてしまったのがコンビニなのです。

意外とハマる?Chrome内蔵のゲーム

あなたの自宅PC、職場のPCにchrome入ってますか?
なんと、chrome最新版では、ネットアクセスがない時にマリオみたいな暇つぶしゲームで遊べる機能があります!

職場のPCが一時的にネットにつながらなくなっており、偶然↑を連打したところ、ゲームが始まり???となった。
ググったところ、イースターエッグであることが判明した。といういきさつである。

ネットを一時的に切断して「インターネット接続がありません」を表示させるか、
アドレスバーに chrome://network-error/-106 と入力する。

↑キーかスペースキーを押すと、画面が突然動きだし、ゲームが始まる。

基本的なルール
短押し・・・低く飛ぶ
長押し・・・高く飛ぶ
↓キー・・・カラスをよける
スコア100獲得ごとに、マリオ風のコインの音が鳴り、レベルが上がる。また、レベルが上がっても基本的なルールは変わらない。
速さがだんだん速くなるが、一定以上は速くならない。

ちなみに、やり込むと、画面が反転して黒くなる。
が、1000ポイント獲得でまた白画面に戻る。



さすがに800ポイントを超えると、流れが速くなり、反射神経との兼ね合いもあって、キーボードで操作するのは困難になってくる。
もはや黒画面になると本来の趣旨はなんなのか??と突っ込みたくなるが、今日の運試しに、職場での暇つぶしに、皆さんもお試しあれ。