スマホカバー・フィルムを選ぶ2つの鉄則

スマホカバーや、フィルムをつけない人がいますが、10万円もする商品を大事に扱わない人は、ダメだと思います。
たしかにガラケー時代は裸運用が常識でしたが。スマホはそういうわけにはいきません。なぜなら折りたたみじゃないので。
iPhoneなど、裸で使うのが正義だ!放熱にも有利!というサイトもあるかもしれませんが、落として壊れたらおしまいです。放熱どころではありません。
わずか3,000円ちょっとの投資で、10万円の商品が壊れずに済むのであれば、安いものです。

買えというのは分かった。
でもスマホアクセサリーはたくさんあって、何から揃えたら良いのか分からない。という人は多いと思います。
充電器はまぁいいとして、買ったら絶対にまず揃えて欲しい商品を紹介します。
販売店でもオススメされると思いますので、販売店のものでもよければ買っておいて損はないと思います。

 

私は、フレームだけのケースではなく、スマホ全体が包まれる形となるブック型のスマホカバーを強くオススメします。
これは適当なことをいっているのではなく、3年間ブック型で過ごしてきた実績を踏まえての答えです。
もし携帯店でケース何にしますか?と聞かれたら必ず「ブック型で」と答えて下さい。
強くと書いたのは、前述のように落とした時の壊れ方が違うからです。
例えばXperiaであれば下のような商品ですね。Z3など他の機種にも対応しているようです。
しかもこれの利点は、会社などでサボっていてもこれを知らない上司などからは「手帳を持っている」と見られることです。スマホだとサボり!!とかいわれますが、手帳だとおっ!できる社会人!というイメージに変わります。そのうち手帳に見せかけて実はスマホケース、とかも出てくるのではないでしょうか。既にあったりして。

フィルムについても、つけない人もいるのでしょうが、傷ついた画面が元に戻ることはありません。
万が一鋭利なものが刺さって液晶が割れた場合、割れた部分は表示できなくなります。他の領域まで広がった場合、真っ黒になり、バックアップやデータ移行すらできなくなります。(ガラケー時代は販売店でデータを吸い出せましたが、スマホではできません)
メーカーも、当然フィルムが貼られる前提で調整していますので、フィルムを貼らないとタッチ感度が過敏になる恐れもあります。
液晶面にガラスを貼ることは、かなり従来から行われており、デジカメやカーナビの液晶フィルム、ガラケーの液晶フィルム、iPadの液晶フィルムなど、いろいろなものが発売されており、このジャンル自体が決して新しいものではありません。近年は単価が低すぎて利益が取れないのか、ガラス製が開発され、傷がつきにくい!と謳っていますが、
液晶自体すでにガラスなんですけど・・・
そのフィルムがガラスだと割れたらおしまいなんですけど・・・
ガラスより滑りやすくしないとスマホの意味ないんですけど・・・
しかも高くないですか?!

というわけで、私はガラスフィルムをオススメしません。通常通りのフィルムをオススメします。

「ケースはブック型」「ガラスフィルムは買わない」
この鉄則を守って、楽しいスマホライフをお送り下さい。

日本人が割れたiPhoneを使い続ける理由

Androidのシェアは全世界で8割を超えていると言われますが、Androidは開かれたOSで、誰でも無料で自由に開発できるためです。独自機能の開発や、端末スペックや価格、販促方法もメーカーが自由に決めることができます。
シェアが高いということは、それに比例して、良質なアプリも多いということ。もちろんアップルはアップルで独自の審査がありますから、野良アプリは少ないかと思いますが、数の力には勝てません。
Googleは「OSで金を取る」のではなくアプリ作者の課金システムからのバックなど「サービスで金を取る」ため、まずはモバイル環境でOSを使ってもらうことを重視したのです。
無料にしてメーカーで競争させることが天下を取るための秘訣ということを、マイクロソフトから学習したのでしょう。
最初にAndroidを使ってくれれば、ずっとAndroidを使う。どの端末を最初に使うかが、本当に重要なことなのです。

さて、筆者は長年Windowsを使ってきまして、海外も含めいろいろな良質なフリーソフトに恵まれてきたわけですが、そういうわけで「自由」なプラットフォームであるAndroidを支持しています。
Windows自体はクローズドなOSですが、IBM PC、いわゆるPC-AT互換機によってWindows PCのハード開発はどのメーカーでも自由に行えるようになりました。
このことが、Windowsのシェア1位につながっていることは、知らない人も多いかと思います。
Appleはソフトもハードもクローズドなので、突然アプリストアからアプリが消えたりなど、アップルの機嫌を損ねるとユーザーは大迷惑してしまいます。
そしてそのクローズドな環境こそがアップルの魅力でもあるのですが(ハードとソフト両方を開発しているので、双方の最適化がしやすい)
一社でしか開発していないということは、その会社が潰れたら終わりなのです。まぁ、アップルは一度つぶれかけになっていますから、懸念が全くないとはいえません。

 

さて、端末のブラッシュアップが急速に進むAndroidに比べ、iPhoneのブラッシュアップは遅れているように感じます。
なぜなら、全世界で8割のシェアが示しているように、世界的には「ブランド」はもはや通用しなくなっているからです。
今では大手キャリア3社ともに販売しており、日本でのシェアは概ね50%と、世界的に見ても異常に高い数字になっています。
日本は変わったことをやると叩かれる国ですから、家族がiPhoneなら同じもの、会社の同僚がiPhoneなら同じもの、要するに受け身なのです。IT知識も皆無の人が多く、人に聞くことで疑問を解決する手法をとるため、同じ端末を持つことは必要不可欠なのです。
またテレビCMに洗脳されやすく、それ自体が高スペックかどうかや値段よりも、「東大」や「日本製」などといったブランドを重視する国民性なのです。テレビCMを流すには何億と金がかかりますから、それを流せるだけの信頼のある会社、信頼のある製品というとらえ方をするのです。しかも大手キャリアはAppleとの契約の中で、AndroidよりもiPhoneを目立たせるような宣伝契約を結んでいます。そりゃ売れますよね。

ただiPhoneが日本製ではないというのは、知らない人も多いと思います。内部の部品には日本製が使われているという話はありますが、少なくともアップルは日本のメーカーではありません。買っても日本産業には微々たるプラスにしかなりません。
国内市場を応援したければ、国内メーカーの端末を買いましょう。でも、iPhoneはアップルしか作れませんので、国内メーカーとなるとAndroidになってしまいます。まぁ今はどちらのOSも表面的な使い方は似通ってきてますので、どちらを選んでもたいした差はないと思いますが。
画面が割れたまま使っている人も多いですが、素材がガラスである事実も、知らない人は多いと思います。そもそも割るなら使うな、買うなと思います。割るような使い方をするならガラケーで良いじゃん?と。理由を聞くと「まだ使えるから」「修理が高いから」「愛着心あるし」なんていう答えが返ってくることでしょう。
テレビCMで何億も使ってiPhoneという名前は確かに広まりましたが、がさつな使い方をして文句をたれている人が多いようにも思います。iPhoneを使うことは、芸術品や骨董品を使うことと同じなのです。高額な価格設定はその根拠です。確かに、日本独自のガラケーは、定額制・写真が高画質・素早いレスポンス・投げても落としても壊れない・防水防塵が魅力でしたからね。日本市場で売り出す以上は、外資メーカー(Apple含む)は日本市場への参入にあたり、過去に日本で一世を風靡していたガラケーの内部構造を研究すべきかと思います。
日本人は見た目も重視しますが、見た目の素材までは重視しません。風呂が大理石がいいなんていうのは、ごく一部の富裕層のみです。もしスマホがプラスチックだったとしても、他が良ければ売れます。

 

さらにソフトバンクがガラケー時代に開発した「2年縛り」のおかげで、高い端末でも非常に売りつけやすい料金システムが既に構築されていたのは、Appleにとって好都合でした。
それに感謝し、日本だけ特別にFelica(おサイフケータイ)搭載が許されたのでしょう。Felicaではマスコミ受けしないので、「iPhone7、スイカ対応」というようなかなり偏った見出しの報道が相次ぎました。ジョブズが生きていれば絶対にしなかったと思いますが(ブランド維持を理由にSEの発売を許可しなかったと言われているほどです)。今のAppleはかなりユルくなっています。
このように低いシェアになっているにもかかわらず端末開発や販促を続けなければいけないジレンマのせいで、端末価格は高く維持され続けています。でも、端末価格が10万になっても、日本ではこれは2年分割で買うのが当たり前で、さらに「月々割」とかいって毎月値引きして実質の値段を提示する商法(総務省はこれを廃止しようとしていますが)も当たり前となっているので、日本では売れ続けるのでしょう。
MacBook AirやRetinaが出たような、あのときのアップルの勢いは衰えてきているように思います。iPhone Airのような、信じられないほど薄いスマホを作るようなことをしないと、今のブランドを維持するのは不可能でしょう。

新車装着タイヤを半年で交換すべき1つの理由

自動車が走る上で、欠かせないのがタイヤ。
しかし、近年はディーラーの点検パックもあり、ディーラーに任せっきりという人も多いのではないでしょうか。

タイヤ

車も少しでも安くするために、新車に装着しているタイヤはコストを削減したお試しタイヤであるといわれています。
かなり言い方がゲスいですが、事実です。
メーカーからしても、目に見えない部分でコストカットできるのでしめしめというところですね。
はっきり言うと、市販品よりもかなりゴムが薄く、溝が浅くできています。同じブリヂストンだとしても。
いくらで卸しているのか知りませんが、テレビを百均で買うようなものと思って頂ければ。大量納入とはいえ、タイヤメーカーからすれば赤字に近く、ボランティアのようなもので、ただタイヤに会社名を刻めて、名前が知れて宣伝になるから作ってる、程度のものなんでしょう。
ゆえにちょっとしたことでパンクしたり、スリップしたり、すり減ったり、ということが出て、場合によっては事故になったり損害を与えることもあります。
私も新車装着タイヤでしたが、1年(30,000km)でパンクしました。
交通量のない時間帯で、かつ一般道でしたので、幸い事故はありませんでしたが、気づいたのは、自転車であればパンクしても何とか走れますが、自動車は空気がなくなると全く走れないこと。数メートルが限界です。非常に危険です。高速道路に路肩がある理由がよく分かりました。
ガタガタと何かと何かがこすり合っている音が、恐怖感をより増長させます。
空気補充が大事といわれますが、ディーラーに任せていれば大丈夫だろうと思っていた節もあったのかも。でもパンクはゴムのすり減りが原因だから、空気関係無いんじゃ?とも思っています。
レッカーで近くの修理工場まで運んでもらい、その店が在庫していた適当なタイヤをはめてもらいました。もちろん新品です。

 

 

違うタイヤに変わると、感覚や走り心地も変わりますが、1ヶ月もすれば慣れます。
とにかく何が言いたいかというと、「パンクする前に交換しましょう」
新車装着タイヤは先ほどもいいましたようにお試しですので、そしてディーラーやタイヤ販売店に金が入るようにすぐすり減るようにできています。
目で見て明らかにすり減っているなと思ったら、交換しましょう。目安は、半年。
くれぐれもディーラーに行って「今着いているのと同じタイヤをください」と言ってはいけません。
市販品よりもものすごく高い上に、品質は市販品の何十分の一だからです。

え、タイヤ買うとか節約じゃないじゃん、と思うかもしれませんが、何かあってからでは遅いのです。
命を運ぶのがタイヤである以上、何千万、何億という損害を発生させかねない新車装着タイヤは、資金の余裕ができたら速やかに交換し、将来の安全をお金で買いましょう。
一般的な会社員であれば、半年に一度ボーナスが出るでしょうから、それで買いましょう。一度普通の市販タイヤに買い換えておけば、以降は3年おきぐらいでも大丈夫です。
ちなみに4つ全部で本体と技術料込みで3~5万円程度で交換できます。現金がない方はクレジットカード払いに対応している販売店も多いので、尋ねてみてください。