誰からも慕われるリーダーになる10の方法

これはよくある啓発本などに載っている内容に近いものではありますが、載せておきます。
これらの内容を理解せず、また最近の若者の傾向を理解せず、ぎくしゃくしていたり宙に浮いているリーダーが多いように思います。
もちろん反対意見もあるかもしれませんが、これはネットですので。個人のいろいろな意見があっていいものだと思っています。

1.褒める
簡単なことですが、難しいことです。
相手が上げてきた提案やアイデアを、まずは褒める。心の中ではなんだこれと思っても、口に出さずまずは「いいじゃん」
嘘つきたくない、自分の本心を出したい、と思っても一言目は肯定です。

2.否定から入らない
本当に誰からも慕われるリーダーになりたければ、何か提案があって、自分がそれが気に入らないとしても真っ向から否定しないことです。
まず一言目は「良いと思う」といって、肯定することです。その後で「~~は~~にした方がいいと思う」などと自分の意見を述べます。ただし「~すべき」など断定的な表現は避けて、必ず「思う」をつけることです。「思う」をつけることでこれは意見ですと明確に主張でき、最終的にどうするかは相手に決めさせることができます。
また、その際には、なぜそうなのか、相手が納得できる理由をつけることです。
単にダメ、気に入らない、やり直せと言っても、相手が反発するだけです。相手も相手なりにプライドをもって仕事をしていることを理解しなければなりません。

3.感謝・謝罪・挨拶する
日々の小さな事でもなんでも、感謝することが必要です。そして間違った時は謝ります。例え立場が上だろうと、迷惑を掛けたことに関しては立場の上下は関係ありません。さらに、挨拶も重要です。挨拶がされないと、人間としてみられていないような気分になります。何も伝えることがなくても、毎日の挨拶だけはしっかりしましょう。

4.積極的に任せる。任せたら文句は言わない
独裁的で全部自分一人でやった方が上手くいく、どうせ人に任せても品質が低いし自分でやった方がいいと考えているリーダーが多いですが、これでは後輩も育ちませんし、意味がありません。
リスクがあることも、どんどん後輩に任せていく。そして「責任は俺が取る」と言えば完璧です。実際に何かトラブルが起きても責任の取れる立場でないといえない言葉ではありますが、後輩をやる気にさせるには十分です。
そして任せた以上は、文句は言わない。これは大変重要です。文句を言ってしまうと、「じゃああなたがやれば?」となり、任せた意味が無くなってしまうどころか、逆に自分の仕事が増えてしまい、評判も下がり、何も良いことがありません。

5.目標を設定する
ただし、罰則をつけてはいけません。あくまで目標は目標であり、目標に到達しなかったといってお前ではダメだ、などといった暗くさせる言葉をかけてはいけません。「次は頑張りましょう」などといった前向きになれる言葉をかけましょう。怒られると思っていた場面で怒られなかった場合に人は安心し、その人についていこうとします。逆に、目標を達成できた時は、褒めてあげましょう。

6.丁寧な表現を使う
「~~してください」「~~やってください」「必ず~~ください」「なぜでしょうか?」「やり直し」などといった、命令形になるような表現は控えるべきです。例えば「捨てます」は「処分します」に言い換えるだけでも、ソフトな言い回しになります。「やってください」は「やった方がいいと思います」とするだけでも、自発的に促せます。小学生の頃から「勉強しなさい」と言われた子どもは勉強しないのと同じで、人は命令形を極端に嫌います。いろいろに解釈でき、自発的に行動できる、無難な言葉をかけるべきです。これは自分の発言一つで命取りになる政治家が保身に使っている手法です。

7.肩書きを捨てる
一部の会社では肩書きで呼ぶのを禁止している会社もあります。人は肩書きが付くと舞い上がって調子に乗る傾向があるため、組織の中をフラットにして風通しを良くするためには、例え肩書きがついていても名前で呼ぶ習慣をつけるべきです。ただこれはあくまで会社内の話で、外向的な電話などの場面では肩書きを使いましょう。

8.順番に意見を聞く
組織の中には、目立ちたがり屋の人、控えめな人などいろいろな性格の人がいます。会議をすると大体目立ちたがり屋の人がしゃべって終わり、という場面も少なくありません。これでは会議のメリットである数の力が生かせません。いろいろな意見を強制的に聞くために、「○○さんはどう思う?」などと振ると良いでしょう。もちろんこの答えに関しても否定は厳禁です。意外とプロジェクトに意欲的ではない控えめな人が、現状を打破するアイデアを持っていることもあります。今すぐ絞り込まなければいけない場面でも、皆のプライドを傷つけないために、その場では決定せず、後日書面で決めるのが平等で良いでしょう。

9.雑談をする
これは社内規則的にどうなの?というような、ルールを破った人についてくるというのも事実です。会社では雑談をしないという一般常識がありますが、雑談はエンジンのオイルのようなもので、人間を人間として認識するためには必要不可欠なものです。「今日元気?」「そういえば○○って言ってたけど」といった具合に、毎日その人ごとに変わった言葉をかけることで、見てくれてるんだ、と思うようになります。緊張する場面で雑談をすると、一気に相手の緊張をほぐすことができます。

10.リアルでのコミュニケーションを取る
何より人間である以上、メールなど文字だけのやりとりではなく、大事なことは実際に会って話したり、電話でのコミュニケーションをメインとした方が、信頼されます。相手が求めていなくても、自分が大事な話がしたいと思ったら、自分から行動を起こすのがよいでしょう。スマホなどネット時代である今こそ、リアルでのコミュニケーション力が求められ、またこれをするかしないかが大きな差になってきている時代です。
相手の性格等を否定せず、受け入れる努力をすることも、大変重要です。自分が話をする前に、まずは聞く。聞くことで聞いてくれているんだ、もっと話そう、という気分になります。まずは聞くこと。これがコミュニケーションの原則です。7:3で相手に多くしゃべらせるというコミュニケーション術もありますが、確かにその通りでしょう。

 

できていない項目はあったでしょうか? でも、これらを一気に実行すると空回りしてしまいます。
できていない項目があったとしたら、少しずつ例えば月に1項目ずつ実行していき、更にそれを継続させることで、プロジェクトが上手く回りやすくなります。一時的に実行できる人間は多いですが、「継続は力なり」とことわざにあるように、それを継続することが重要です。
またその空気が後輩にも伝われば、後輩のプロジェクトも上手くいくでしょう。
少しずつ世の中のギスギスした雰囲気が柔らかくなることを願っています。

自撮り棒や人に頼まなくても手ぶらで写真を撮る方法

ズバリ、「セルフタイマー」を使うことです。

 

セルフタイマーとは、指定した秒数後に自動で撮影する機能のことで、スマートフォン含めほとんどのデジタルカメラにはこの機能が搭載されています。
5秒、10秒、30秒などといった感じです。

ただし条件があり、
1.箱などを用いて、撮りたい被写体が人間を使わなくても収まるようにすること。
2.指定した数秒後も、その状態を維持していること。(ぶれたり、落ちたりしないこと)
設定項目ないよ!という機種もあるかもしれませんが、ほとんど使われないため、奥の方に隠れています。「・・・」や「MENU」など怪しいボタンがあれば押してみてください。
それでもなければ、セルフタイマーという機能がないので諦めてください。

シャッターボタンを押すと、LEDが点滅し始め、やがて点滅間隔が早くなり、撮影されます。
このように被写体からでも大体のタイミングがつかめるように工夫されています。

自撮り棒は流行っていますが、棒であるゆえに危ないという理由から、禁止の掲示をしている施設もあります。
また近年は人に頼むのもはばかられる時代になりました。
10年前とかは普通に「撮って頂きたいんですが・・・」というと快く応じてくれた温かい人が多かったですが、今は少なくなってきているかもしれません。

機械の便利な機能を活用して、良い写真が撮れるようにしましょう。

オービス・覆面を見分ける8の方法

ちょっとグレーな内容かもしれませんが、安全運転のために知識として蓄えておくべき情報をお教えします。

公道を自動車で運転する上で、一番軽微かつ捕まりやすいのが速度違反。
平日昼間や土日などに集中的に監視され、俗称「ねずみ取り」といわれます。
一応警察も、鬼ではないので、これらの装置には特徴をつけており、事前にスピードを落とせるような予告をしています。
3年以上全国を運転して、ある程度見分け方が分かりましたので、書いておきます。
これらに注意して運転すれば、違反費用を納付せず節約になります。
(※仮に違反をきられても、書類にサインせず正式裁判すればほぼ不起訴になり罰金は無料となりますが、裁判所に出頭しないと逮捕など精神的な負担は大きい)

オービスを見分ける方法
1.道路上にカメラと白いボックス、中央に白い白線
道路上では、ナンバーを撮影するだけのものや、混雑状況を測るだけのもの、感知信号のための装置などいろいろな装置が設置されていて紛らわしいのですが、一番確定的なことは「カメラ・白いボックス」です。
3車線道路の場合、
○ □ ○ ○ といった感じです。
オービスは速度を測ってナンバーを撮影・伝送する必要があることから、大がかりな装置を設置しなければならず、さらに費用も高額なため、直線道路など違反が取りやすいところに設置されます。県道などにも設置されていることが多く、予告看板が無い場合もあります。
道路中央に5cmほどの横向き直線が引かれている場合はオービスです。これは、どの地点で違反したのかを証拠として明確に記録する必要があるためです。夜間は見分けにくいので、注意してください。
首都高などは道路上部に構造物を設置せず、側面から撮影する新しい機器も出てきています。この場合も、必ずカメラ・白いボックスや以下のパトランプがありますので確認してください。
2.パトランプ
オービスと思わしきものをみかけたら、その近くにパトランプがあるか探してください。あった場合、オービス確定となります。実際どのように挙動するのかは不明ですが、違反と思われる車両に警告するためのパトランプかと思われます。
3.「速度取締設置路線」
高速道路や高速道路と同じ規格で作られた国道などに見られます。具体的な文字やニュアンスは地域によって異なりますが、「速度取締」はオービスのことと思ってください。これは、この先にオービスがある事を示します。高速道路では、見分けがつきにくいので、必ず3回予告します。2回目の看板ではオービスっぽいものと併設、3回目の看板とオービスを併設するフェイント的な道路もあります。交通量の多い道路、県境等に多いです。

覆面を見分ける方法
ナンバーやアンテナで見分けるという情報もありますが、これらの情報は警察が対策しており、既に古いです。見た目は普通に市販されている車と変わらないと思った方が良いです。
1.2人乗車
高速で犯人を追いかけることもあるその性質上、運転やその後の違反者との接触には危険が伴うため、万が一の危険を考え、2人乗車となっています。
2.スモーク
後ろのガラスがスモークであると言われています。また、バックミラーが2つ付いている場合も怪しいです。
3.青色制服
機動隊は、必ず青色の制服を着用します。普段青色の服を着て運転する人は少ないでしょうから、目立ちます。夜間はわかりづらいですが。
4.スポーツカー
違反者を追いかけるために、高速で馬力の出る車が使われます。よって、以下の車は対象外となります。
軽自動車は除外。レンタカーである事を示す「わ」ナンバーは除外、大型車、窓から芳香剤を下げている車や、ハンドルカバーをつけている車、ファミリーカーも除外。プリウスも除外。パッソなどのコンパクトカーも除外。ベンツなど外車はまずあり得ない。
5.車線の行き来を繰り返す
速度を正しく測定するため、違反者と同じ車線上で測定しないと検挙できないという定めがあります。なので、ターゲットを見定めるために車線の行き来を繰り返す場合があります。その場合は一旦左車線に戻り、これでもかというぐらい法定速度まで落として運転すること。一方、高速道路等で、追い越し車線がある場合にそれらしき車両が違反と思われる車両を追いかけない場合は、覆面ではないと判断できます。

 

オービスは撮られたらおしまいですので猶予も何もありませんが、覆面は人間が検挙することから、覆面と気づいたらすぐスピードを落とすことで検挙を免れたという例も報告されています。そもそも人間が違反と気づくまでには数秒かかり、さらに測定にも数秒かかるため、直前でも早く気づけば対処は可能です。
また、オービスは赤切符以上で撮影されるといわれています。なぜなら、道路の流れを基準にしてしまうと、非常に多くの車が撮影されてしまい、警察の処理が追いつかなくなるためです。学校などで補習にぶち込まれるのは40人クラスでも毎回4人とかそれくらいであるというのと同じです。
覆面の場合、法律上1km/h違反していても厳密には違反なのですが、車両やタイヤの誤差なども考慮し、10km/hはお見逃しで20km/h以上から違反を取っているケースがほとんどかと思います。ただこれもさきほどと同様、明らかに他の犯罪も犯していると思われるであろう極端な違反をしている車がやはり優先的にねずみ取りされます。

これらは決して違法運転を助長しているわけではなく、見分けるすべを身につける事で見知らぬ場所で検挙されないよう、普段から安全運転をしてもらう為に公開しています。取られる取られない以前に、安全運転が第一です。