車両保険見直しで自動車保険料を半額に!

あなたが契約している自動車保険、言われるがままに契約していませんか?
特に若いからなどとして、オプションてんこ盛りで契約すると月2万円になることも。
しかし、事故をすると事故しない場合より15~20%割高の「事故有係数」が落ちた等級年数分適用され、実費以上の出費になることも。
※2012年秋から、保険会社各社が保険料収入を補うため事故有係数が導入されました

通販型自動車保険は確かに安いですが、事故すると一発解約や対応が悪いという話も。
自動車保険会社を乗り換えようという記事は巷にありふれてるので、そんなのは面白くありません。(しかもリスクもある)
この記事は、今の代理店型のままで、いかに安くするかという事に重きを置いています!
しかも、毎月のリベートで生計をしている代理店は絶対に教えてくれないオプションの見直し方を伝授します!
※東京海上日動の名称で説明しています。他社の場合は多少名称が異なります

1.対人対物は無制限【必須】
これは絶対必須です。厳守しましょう。電車1両壊すと1億、コンビニに突っ込むと数百万です。

2.対物超過修理費特約【必須】
相手の車の修理費が時価額を超える場合に保障されます。
いくらか分からないものに備えるのが保険ですから。

3.車両保険
自分の車が壊れた時に使う保険ですが、以下の三種類があります。
あり ・・・全タイプ保障
エコノミー ・・・自損事故等は対象外
なし ・・・すべて対象外
これが、毎月の保険料の半分を占めている高額オプションです。
免許取り立てで運転が慣れない場合の最初の1年は「あり」で、それ以降はエコノミー、
5年使うと中古価値も殆どありませんので、「なし」で良いかと思います。
ただし「なし」にしてしまうと相手との示談で不利になる場合がありますので、注意が必要です。
※エコノミー以下の場合、修理費は自腹になりますが、そのときクレジットカード払いをすれば、その場で現金を用意する必要はありません。
もちろん万が一のために100万円程度の枠を持っておくことが重要です。
※自己負担額を初回0にすると割高ですので、10-10をオススメします。

4.車両新価保険特約
車両保険とセットで、車両保険設定額の50%を超える時に、新車の購入額を保障します。
車検まではつけることがオススメされています。

5.弁護士費用特約
車両事故に際してかかった弁護士費用を補償します。

6.搭乗者傷害保険
搭乗者の保障です。

7.人身傷害保険【搭乗中のみ】
自分自身の保障です。他の車や歩行中の事故も補償されるようですが、保険料を抑えるためには「搭乗中のみ3,000万」の選択をオススメします。

8.レンタカー特約【不要】
最近はディーラーや街の修理工場でも代車が手配されることが多く、殆ど必要ありません。
しかし、「夜に事故してそこからの移動手段が必要な場合など」と営業トークを仕掛けてきますが、自分でその場で申し込めば良いだけです。
これも月500円ぐらいする高い特約です。

9.車内携行品保障特約【不要】
これは、車内に50万円を超えるような高価な品物を置いていない方には、必要ありません。
ナビにもセキュリティが内蔵されており、今時ナビを盗んでも他車では動かないようになっています。

10.個人賠償責任保障特約【不要】
月数百円でつけることができる保障です。
車とは関係無く、自転車でケガをさせたなどといった場合に、治療費等を保障してくれます。
自転車に乗らない、外出しない等、リスクのない方には不要です。

ただし!保険を使うと!
原則3等級ダウンで事故有係数適用となります

このことを事故申請の場面で代理店は説明しません。保険屋も説明を控えます。

詳しい内容はこちらを読んで頂くとして、
例えば事故無9等級の人が、事故有6等級にダウンしたとします。
つまり24%の値上げが、3年間続きます。
保険料月2万円の人が、24%値上げなら、24,800円
合計で172,800円の増加となります。

いくら負担が増えるのか?と尋ねても、誰も試算してくれません。
「使うことをオススメします」としか言いません。

15万円以下の自損事故に関しては、保険は使わない!
次使ったら2等級以下になる場合は、高額案件以外は保険は使わない!
断って自費で修理しましょう。
保険会社に交渉だけさせて保険を使わず、保険会社に代金を振り込むような使い方も可能です。(この場合クレジット払いはできませんが)

さらに、最も若者が多いとされる2等級・1等級に関しては、かなり割高の割増率が設定されています。
とにかく自損事故は保険に頼らないことが、保険料を節約する秘訣です。

Xperiaを1日半持たせる節電設定12項目

スマホは電池持ちが悪い!という人がいますが、それはあなたの設定が悪いだけです。
外出先でバッテリーが消耗し、電池式充電器を買った経験ありませんか?
寝ている間にバッテリーが消耗しアラームが鳴らず遅刻した経験ありませんか?

最新機種至上主義の携帯会社では絶対に教えてくれない、電池節約設定を伝授します!
※Xperia Z1を元に記載していますが、ベースはAndroidなので
ほぼ同じような項目があればオフにすると改善期待できます。

設定とはオフにするものです。
「不便になるのでは?」「壊れるのでは?」と思ってしまいがちですが、ここに記述している設定は
奥まっているくせにバッテリーだけ浪費する項目で、オフにしても大差ありません。心を鬼にして、どんどんオフにしましょう。

0.大前提
BluetoothやWi-Fiは常時有効でもいいが、使う時以外は
「位置情報」「画面の自動回転」は必ず[オフ]
標準搭載の「ブラウザ」は使わずChromeを使う

1.Wi-Fi→詳細設定
・オープンネットワークが利用可能な時に通知する[オフ]
・スキャンを常に実行する[オフ]
・Wi-Fi最適化[オン]

2.設定→個人設定
・クイック設定ツール→設定しないパーツ[オフ]
・通知の管理→使わないアプリ[オフ]
・ステータスバーアイコン→必要ない情報[オフ]

3.通話設定
・通話音質設定[オフ]
  独自の高音質設定ですが、通話に音質など不要です。
・スピーカー音拡張設定[オフ]
・ゆっくりモード[オフ]

4.音設定→サウンドエフェクト
スマホであまり音を聞かない人は、オフがオススメです。
オンにしても違いが分からない人も、オフにしましょう。
・Clear Audio+[オフ]
・サウンドエフェクト[オフ]
・ダイナミックノーマライザー[オフ]

・操作時バイブレーション[オフ]

5.画面設定
映像以外、高画質機能は意味をなしません。
ただのブラウザが高画質になっても文字しかないのでバッテリーの無駄です。
・X-Reality for mobile[オフ]
・画面の明るさ 最小
屋外など必要な時のみ「自動」に設定
・画面の自動回転[オフ]
・スリープ →2分後
ここはケチると操作性に影響してくるので、2分後にしておきましょう。
・スクリーンセーバー[オフ]
・通知LEDでお知らせ[オフ]
ガラケー時代の名残ですが、LINEのおかげで必要なし。

6.電源管理
・STAMINAモード[オン]
スリープ時の無駄な通信等を遮断する機能
・低バッテリーモード[オン]
バッテリーが指定値を下回ると端末の通信を遮断する機能

7.位置情報 [オフ]
 オンにした時には必ずモードを「機器のみ」に設定する
・ロケーション履歴[オフ]

8.セキュリティ
・ウィジェットの有効化 [オフ]

9.PoBoxの設定
  テキスト入力画面「あ A」を長押し→設定マーク
  ソフトウェアキーボード設定
  ・トグル入力[オフ]
  ・自動スクロール[オフ]
  ・キー操作音、キーバイブ[オフ]
  ・キーポップアップ[オフ]
  ・フルスクリーンモード[オフ]
  ・候補表示行数(縦画面) 1行
  入力サポート
  ・自動大文字変換[オフ]
  ・入力ミス補正[オフ]
  ・自動スペース入力[オフ]
  辞書と学習
  ・オンライン辞書[オフ]

10.自動同期[オフ]

11.Twitterやメールアプリ等の不要な自動通知[オフ]

12.Playストアのアプリの自動更新[オフ]

これだけたくさんオフにできるにもかかわらず、知らずにバッテリー消費しているのは
充電時間の無駄です、もったいないことをしています。
携帯会社に行くと「最新機種にしましょう」と言われるところを、上記設定を徹底すれば延命させることができます。

バッテリー消耗は、いろいろな社会的損失を生み出します。
携帯会社の言うとおり端末を買い換えると、10万円近い出費となります。
今持っている端末を自分でできるたった0円の設定で、少しでも長持ちさせましょう。

Transecend激安カードが1年半でお亡くなりになった件

当方カーナビに音楽再生用としてSDカードを入れて使っているが、1年半で故障した。
車内の環境は真夏だと50度以上になる。
ましてやカーナビ内部だと80度ぐらいになっていてもおかしくない。
※車載用SDも売っているが、とてつもなく高いので買う気が失せる

USBリーダーライターの挙動も怪しかった。
1年以上電源をつけっぱなしのPCにリーダーライターを刺しっぱなしにしており、
その影響でSDカードも壊れたのかもしれない。
2つ壊れたが、どちらともアクセスLED付のもの。USBからの熱でLEDが飛んだか?
※読み書きの必要がない時は「取り出し」や「デバイスの安全な取り外し」を使って必ず電力を遮断しましょう

熱の影響か? リーダーライターの影響か?
これまでAmazonで買ったTransecendの激安カードを1年半使っていたが、
まず音楽が読み取れなくなってきた。
「このデータは再生できません」というようなエラーがカーナビに表示され、まあいいやと放置。
その後、曲を消すことはできたものの新しく入れることができず、
Windowsのフォーマットでも話にならないためSD Formatterでいろいろなオプションを試してフォーマットするが、それでも話にならず。
※SD Formatterでもフォーマットできないとなれば、ハード側の問題となる。つまりリーダーライターかSDか壊れたと言うこと

メーカーに頼んでまで原因を調べてもらうほどの値段でもないので、リーダーライターとSDを新調することにした。
リーダーライターは、ドラッグストアで売っていたオーム電気製のもの。(前回はバッファロー)
SDカードは、日本製の東芝。

実はSDカードの開発は東芝が参加しており、品質が悪いわけがないという考えのもと。
ネットでも東芝のメモリは非常に評判がよく、白芝だの青芝だの言われている

ところで、東芝に変えて音質が良くなったようにみえるのは気のせいか。
あまり言ってしまうとソニーの「SR-64HXA」のように
玄関のチャイムから既に高音質だったとか、音だけじゃなく人生も変わったとか、
写真を撮ったら美しい顔が撮れたとか、ごはんがおいしく炊きあがるとかもはや意味不明なことを
言われてしまいそうだが、ソニーも数値化できない部分で高音質になっているといいたいらしい。
また、音楽ソースやスピーカー、アンプ等高性能なものを入れないと聞き分けはできないとも言われている。
要するに東芝・パナソニック等の国内メーカーのSDは、海外メーカーよりも耐ノイズ性などが
丈夫な作りになっているのではないか。
(サンワサプライ、バッファローなどの二次メーカーは除く)
国内メーカーは、子どもが出てくるようなせこいことはしていないと思われる。

そして、これはかなり前から言われていることであるが、大容量の実現には高密度化が必要となり、
それを同じ筐体で実現するので、その分隣との壁が薄くなる。隣との壁が薄くなると、必然的に壊れやすくなる。
なので音楽で使う分など大容量が必要ない場合には、128GBなどの容量もある時代だが、あえて8GBを選ぶという選択も有りだろう。
また、音楽再生程度であれば高速である必要もないので、標準のカードで十分。高速カードは内部クロック数が高くなっており、ノイズ発生要因となる。

少し話がそれたが、音楽再生は数秒ごとにデータを読み取る。SDカードにとって過酷な使われ方となる。
特に車載・音楽再生用に使われる方は国産SDカードをオススメしたい。