G・蜂を殺虫剤を使わず絶命させる4の方法

店舗等で殺虫剤が使えない環境の場合、虫を絶命させる方法は限られてきます。
が、以下の方法を実践すれば殺虫剤を購入することなく絶命できるので節約になります。
殺虫剤は、効果覿面ですが、きちんと向きや用量を守らないと無駄遣いすることになります。
適当にやってたら一匹殺すのだけで一本(1,000円)使い切ったなんて人もいるようです。

0.動かなくさせる
ターゲットの基本は、動かない方が定めやすいのです。
Gも蜂も、数分はぶんぶん飛んでいますが、数分経つと飛ばなくなり、どこかに静止します。この静止している間がチャンスです。
Gは羽根を持っていますが、基本的には歩行して飛び回ることはあまりありません。人間が追いやると暗いところに逃げ込んでしまい対処困難になりますので、基本的に追いやらずに静止状態の内に攻撃を仕掛けます。
もしその静止した場所での攻撃が難しければ、角を作った状態で角に追いやる、逃げ場を無くすなど、こちらも頭を使って動かなくさせることを考えます。

1.ほうきで外に逃がす
蜂の場合は無理ですが、それ以外の虫の場合は、比較的大人しい動きをする虫が多いので、外用の掃除のほうきに乗せて、そのまま外に逃がすことも可能です。

2.洗剤をかける
食器用洗剤などなんでもいいですが、表面活性剤の入った洗剤をかけます。洗濯用洗剤でも効果があると言われています。
それでも効かないなら、マジックリンが効果的です。一回スプレーして効かないなら、数回スプレーしましょう。

なぜ死ぬかというと、界面活性剤が虫の気門をふさぐからです。
個体によっては死ななかったりしますが、確実に飛ぶことはできなくなります。暴れているだけで近距離しか移動できなくなりとりあえず時間稼ぎできますので、その間に次の対策を考えます。
※蜂の場合は飛べない状態でも、もがいている時に必死に毒針を向けてきますので、絶命するまでは近くを拭こうとしたりしないこと。

3.熱湯をかける
100度前後の沸騰したお湯をかけると、確実に死にます。
人間がやけどするレベルのお湯であれば効果的です。
お湯をかけた場合、床が濡れて滑る可能性がありますので、必ず処置終了後は拭き取りましょう。

4.掃除機で吸い取る
これも生きている状態で吸った場合は生き返る可能性がありますので、あくまでも前の手順を行ってから最終仕上げとして実行するのがよいでしょう。

<ハード的対策を考える>
虫が何度も発生する場合、建物の構造に問題がある可能性がありますので、専門家を呼び隙間がないかなどチェックしてもらいましょう。
アパートやマンションの場合はできるだけ新しい建物に引っ越しを検討しましょう。

虫が苦手な人は見たら固まってしまうそうですが、虫も虫で人の姿を見るとすぐに逃げてしまいますので、落ち着いて対応しましょう。
特に飲食店等の場合はガスも使っており引火の可能性もあるのでスプレーは使えない、というところも多いでしょう。
そのような場所の場合でも放っておくと増殖してしまうので、上の方法を実践し、少しでも個体数を減らすように努力しましょう。

車のローンはアルバイト・パートでも通るのか

はっきり言いますが、車の審査はユルいです。
なぜなら、車そのものに価値があるので払えなくなった時は車を売れば良いからです。
車は生活必需品である関係上、派遣でもアルバイトでもパートでも、定期的な収入があれば車は持てます。(とはいえ年収200万が高級車、とかは通らないと思いますが。また毎月の支払額も関係してきます)
今は無職だ、学生だ、専業主婦だという場合でも、営業マンが上手くごにょごにょすれば買えることもあります。学生なら親が保証人になればほとんど通るでしょう。
ボーナス払いができないなら、毎月同じ金額を返す均等払いもできます。
ジャックス等の第三者信販会社の場合は電話による勤務確認をする場合がありますが、ディーラー系の信販会社の場合は電話確認が無い場合もあり、ディーラーの成績にも関わるので、意地でも通そうとします。
ちなみにこれは営業マンや店による差は少なく、ごねたところでどの店でも同じ結果が返ってきます。

また銀行ローン等の場合は「OK」か「NG」しか返ってきませんが、車の場合は「○○してくれたら通す」と条件を教えてくれることがあります。
これは普通のローンでは絶対あり得ません。
条件として多いのが「毎月の支払いをもう少し減らして」とか「頭金を○○万円入れて」とか「保証人をつけて」「これ以上のオプション追加は厳しい」といった具合。同じローン会社で2台目以降車を買う場合は、支払い遅延がなければ条件無しですんなりと審査が通ります。
ディーラーで車を買うのはやめておけというサイトがありますが、ディーラーローンがゆるい点はディーラーの強みだと思います。

また年収や勤務先の記入項目はありますが、参考にする程度で大きなウェイトは占めていません。
それよりも本人の支払いの履歴や今の借り入れ状況(電気や水道や家賃、保険料は含みません。あくまでも「ローン」「借金」のみ)を重視します。

自分の職業が人に言えない職業で営業マンに「通りますか?」なんて質問できない人もいるでしょう。
それでも結論としては先に書いたように、定期的な収入があるなら受かります、というのが答え。
車のローンに通らない人は、おそらくどのローンも通りません。
ローンの審査を通すだけなら無料で、しかも15分程度で結果(条件)が分かります。審査に通ったから必ず契約しなければいけないものでもありません。
車を買いたいなら、気軽に店に立ち寄り、営業マンの話を聞きましょう。

ハイブリッド車はまだ100年早い

車は動けば良い、支払額をなるべく抑えたい私にとっては、ハイブリッドは100年早いと思っています。

ガソリン車とハイブリッド車の差額が40万円程度あるわけで、カタログ燃費では10km/ℓ程度の燃費の差があって7万km走るとおよそ元が取れるようですが、
実燃費では5km/ℓ程度しか差が無く、そうなると1年9,000km走ったとしても5年間で12万円程度しか差が無いことになります。(単価150円で計算)
また、ハイブリッドといっても完全なモーター走行ではなく、エンジンがかかったり止まったりするわけで、エンジンがかかる時の音や揺れが微妙に感じられ、どのタイミングでそうなるのかはドライバーからは予測不能です。
ハイブリッド天下のトヨタでも、ハイブリッドからガソリンに切り替わる時のぎくしゃく感はゼロではありません。Gがかかるのは普段ガソリン車を乗っている人間からすると不快です。
レンタカーでハイブリッドを借りてみれば分かりますが、燃費30なんて無理で、平均して25程度、アクセルベタ踏みだともっと悪く軽自動車とほぼ変わらない、ということになります。
特にトヨタのハイブリッド(アクア等)は燃費重視仕様のためにエアコンが控えめになっており、夏は暑い思いをすることでしょう。
年寄りにハイブリッドが多いのは年寄りは慎重な運転しかしないからであり、飛ばせる時に飛ばしたい人はハイブリッドはまず向きません。

ガソリン車との装備の差も挙げられますが、それを40万円で埋めるのはかなり無理があります。
静かだ、というのはあるかもしれませんが、社外品の部品を使えば5万円程度で済みます。

また静かすぎて歩行者との事故の不安、事故に遭った時の感電の可能性、構造が複雑で一般業者が直せない部分がある等、デメリットもあります。

もし40万円出すならば、20万円をナビに使ってあまりの20万円で月々の支払いを下げた方がよっぽど幸せになれます。

「燃費が良い」「静か」といううたい文句に惑わされることなく、完全なモーター走行の時代が到来するまで、ハイブリッドはお預けがよいでしょう。