Windows 10 Creators Update 新機能は?写真付レビュー

Windows 10 Creators Updateが4月11日に公開されたので、適用してみました。
細かいことや長いレビューは他のサイトに任せることとして、端的に使い勝手に関わる変更点を載せておきます。
ビルド番号 1607→1703

結論 軽くなっています!

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
このサイトから「今すぐアップデート」でツールを実行すると自動で始まる

大きな変更点

1.Edgeの大幅進化
ま、Chrome使ってる私には関係無いですね。

2.パフォーマンス向上
アプリの切り替えや画面の切り替え速度、スクロールが前に比べて体感3割向上。
Windows 2000並のサクサク感へ
左下スタートボタンを連続クリックしても機敏に反応するようになりました
Vista世代から存在する「デスクトップウィンドウマネージャー」に改良が加わったものと思われます

3.ペイント3Dの追加
これが面白いソフトで、ここまできたかMS、と思わせてくれるクオリティです
 
3Dソフトではありますが、2Dコンテンツも普通に作れます
フォトショップやGIMPなど高度な画像編集ソフトにしかなかった半透明ぼかしブラシも搭載。
高度な機能が小学生でも使えるレベルに落とし込んであるため、将来的に爆発的に普及しそうな予感です
YouTubeなどに作ってみた動画が上がっていくことでしょう。
ノーマルのペイントも残ってはいますが、こちらでも2Dコンテンツは作れるため、将来的には3Dに一本化したいのでしょう

4.OneDrive、自動デフラグの強制有効
使わない人は、オフにしておきましょう

5.設定→プライバシー内の全項目オフ
バックグラウンドでのアプリ起動の欄では、新たなアプリが増えていて勝手にオンになっているのでオフに
特にプライバシー最初の画面の「Windows追跡アプリの起動を許可して検索結果の質を向上…」は特に意味が分からないので真っ先にオフに

6.右下時刻のフォント変更
少し小さく表示されるので慣れない内は不便かも。

7.Windows Updateのインストール延期機能新搭載
消費者庁が問題にしてきた強制再起動問題に悩まされずに済みます。

新しい機能(大型アップデート)の更新プログラムは最大365日、セキュリティ等の品質更新プログラムは最大30日延期できるようになりました。
また、7日間の一時停止機能も新搭載されました。
再起動のリマインダー機能も搭載。ユーザーの許可無く再起動することもなくなりました。
MSさん、10の強制アップデートで相当怒られたんでしょうね。

8.関連づけを忘れる
写真を開こうとしたら「JPEGファイルをどれで開きますか?」と聞いてきて驚き。
記憶喪失か?と思いましたが、怒らず優しくアプリを指定してあげましょう。

大事なこと

・通常のパッチと異なり、OSアップグレードと同じ扱いになる為、1~3時間ほど時間がかかります。
途中で辞めることはできません(できるけど後々めんどくさい)
ハードディスクのデータが多い人は1日とかかかるかも。
時間に余裕がある時に実施してください。

上の画面にもありますが、プライバシー設定の選択の画面はすべてオフにしましょう
Cortanaもデスクトップマシンでは使わないでしょうからオフで。
「すべてを準備しようとしています」は日本語ではなかなか聞かないので無理矢理訳した感じがぷんぷんしますね。
・セットアップ中、何も表示されない黒画面が数十分続くことがありますが、故障ではありません
途中で電源を落とすと復旧処理が始まったり、最初からやり直しになりますので気をつけてください
・当方の環境では、深刻な不具合は特にありませんでした。
・クリエイターと名前が付いていますが、名前だけです。
クリエイターだけしかインストールできないものではありません。誰でも使えます
また、windows 10が既に入っている人は、無料でアップデートできます。
気に入らなかったら元に戻せますが、元に戻すのもまた数時間かかるので厄介。
・「個人データは保持されます」と表示はありますが、いつも通り消えたら困るデータはバックアップしてから実施を。
・サブマシンのタブレットで苦労したのが、「ディスクの空き領域を8GB確保せよ」というノルマ
一時ファイル(100MB)、ダウンロードフォルダ(80MB)、iTunes(300MB)を削除するなどしてなんとか確保しましたが、皆様もご注意を。

Creatorsにアップデートして、快適なWindowsライフをお送りください!

規則の抜け穴を突く現代のネットユーザーに物申す

メルカリに高額な学位記、額面以上の現金が出品されている-
クレジット枠換金ではないか-
ガソリンスタンドやデパート等の領収書が出品されている、経費で落とすためではないか-
「妊娠米」など効用のない商品が出品されている-
スッピンを見せたくないから居留守する、名前見られたくないからコンビニ受け取りは嫌だ-
クックパッドに乳幼児はちみつのレシピがある-
ツイッターで嵐チケットの交換に応じなかったとして逮捕-
救急隊員の食事は許せない-

これらは、ほんの10年前では起きえなかった話だ。
規則にないから何でもやっていいわけでは無い。規則がないなら常識で考えて。
そういうことをする人間に限って相手のイレギュラーは徹底的に叩く。

そんな何でもかんでもプレミアになるわけがない。
メルカリがTVCMでネットリテラシーに疎い一般人を大量流入させた結果なので、ある意味自業自得といえばそこまでだが。
ネットを適切に扱うには、免許とまでは言わないがある程度のルールが存在するのだ。
発送者の梱包リテラシーも全くもってないに等しい(その辺のビニールや紙に包んで終わりが多い。梱包とは衝撃を緩和する意味合いがあるのだが)ので、このサービスは即廃止か大幅に見直す必要があるだろう。
使い勝手を犠牲にしても、確認画面を10枚ぐらい同意しないと使えないようにすべき。本人確認をしないと出品できないようにすべき。
あえて使いづらくすることできわめて低品質(単細胞)なユーザーが流入してくることを防ぐことができる。
ヤフオクは住所認証しないと出品できないはずだが、メルカリはどうなんだろう。
匿名でかんたん取引!などというものはそもそもありえず、取引にはある程度身分を明かして手間がかかる物でそれが安心につながっているなので、それを理解しているユーザーは今もオークションサイトを使い続けているだろう。
そもそも匿名でやりとりできるというのは私は反対だ。匿名でメッセージがやりとりできるヤフオクでも、せめて個人の住所や氏名等は最初に交換しあっていたが。「取引終了までよろしくお願いします」「今回はスムーズな取引ありがとうございました」というのは定番のやりとりだったはずだが。
プレミアものに関してはその証明が難しく偽物出品のリスクもはらむため一切取り扱わない、即出品削除、2回目以降はアカウント削除という対応にすべきだろう。
バカなユーザーを放置しておくと、増殖して大変なことになるのは言うまでもない。

 

そもそもネットとは、お互いの暗黙の了解のもとで発展してきた文化だ。今もそうだが。
常識外れのことはしないよね、信用は裏切らないよね、引用はともかく無断転載はしないよね、で成り立ってきた文化が、最近はいろいろなところ、特にツイッターから炎上され、即ヤフートップに掲載される時代になった。炎上まで行かなくてもトレンドに載った物はニュースになる。
しかもその内容を見ると「あり得ないでしょ」と言いたくなるほど常識外れの内容。
ネットってここまで落ちぶれたのか、と声を上げたくなる。
まぁヤフーニュースもPVを前年比達成するために私のような個人ブログで書くようなごくごく当たり前の、どうでもいい内容(○○はなぜ○○か?、○○のメリットは?)を掲載してきており、明らかに書き手のレベルが落ちていると感じる。最近はあくどい手を使っており、1ヶ月前の記事の焼き直し(再配信)も増えてきた。提携で配信だかなんだか知らないが、ヤフーのブランドに信頼してニュースを見るわけだから、低品質な記事は排除するなど内容の厳選をして欲しい。

 

背景としては、携帯大手三社によるスマホばらまきがあるだろう。
スマホとは、通信機能付きの高度なネットリテラシーが必要なパソコンと考えたほうが早いだろう。
「スマホ0円!」とばらまきを行って大量の販促費を投じたがために、ネットリテラシーのないユーザーが大量流入し、ネットの文化は大きく変わってしまった。
TwitterやLINE、YouTube、この3サービスによって便利な時代になったが、ある意味では不便な時代になった。待てない短気なユーザー、すぐにイライラする単細胞ユーザーを増やす結果となった。数時間のサービスダウンだけでもニュースで上がってくる時代だ。昔は「ふーん」「そんなこともあるよね」と笑いあえていたのに。
今までは良識のあったものがなくなったがために、個人間の小さな事がニュースとして上がってくる時代になった。
ネットが再び「常識」を手に入れてくれることを切に願う。

楽に高速道路・長距離を走る方法10選

5月といえばGWということで、遠出の機会も多いと思います。
私は車を持っていて既に高速道路を2,000km以上走行しています。
そこで培ったノウハウを皆様にも伝授したいと思います。

高速道路をお得に走る方法
土日祝、深夜割引の活用  30%オフになります。活用しましょう。
渋滞回避のため、なるべく深夜や早朝に移動しましょう。
パックの活用  地域や範囲、期間など制約がある代わりに乗り放題などお得なパックもあります。

高速道路のメリット
乗れないことは「ない」 新幹線と違い満席ということはない。渋滞はあるが深夜や早朝はスムーズ。なるべく行楽シーズンや昼間は乗らないこと
渋滞は日付や時間を少しずらすだけで大きく変わる
到着時間は運転手の裁量 どういう速度で運転するか、休憩するのかなど、すべて運転手の裁量に任されている。
時間が許すなら一部利用で費用節約 新幹線と違い、途中下車も可能。時間が許すなら全部ではなく一部だけ高速にするとかなり変わります。

PA/SAの活用方法
トイレ  トイレは力を入れているPA/SAでは綺麗です。トイレに行かないと集中力が低下しますのでどんどん寄ること。自販機は現金のみ対応のものもあるので現金はある程度持っておくこと
商品は原則買わない  地域限定!など銘打っていますが、高いので注意。ご飯も厨房形式の店ではなく極力コンビニで済ませること
タダで飲める水  SAでは水やお茶がタダで飲めます。
ガソリンは下で給油してから乗る  非常時を除き、原則高速道路のスタンドは使わないこと。高いので。どうしてもというときは最小限に済ませること

楽に走る運転のテクニック
車で目的地に行く以上、高速道路にのったからには何としても高速道路で目的にたどり着くほかありません。嫌だから帰るとか、飛行機に車積めれば良いのにとか考えてしまいますが、無理なので。そうなればいかにして楽に走るかが重要になってくるのです。
1日600km以上高速を走ったこともある私なりのテクニックです。
1.普段走らない場合は練習を サンデードライバーなど、普段走らず急に高速長距離を運転すると大変なことになります。
慣れていないなら変に無休憩など強がることはせず、「高速では1時間おきに休む」ことを心がけてください。
必ず事前に十分な睡眠を取って、慣れていない場合は必ず近距離で何度か練習してから本番に臨んでください。
2.昼間はサンバイザーを右向き(窓側)に曲げて設置 日が肌に当たると運転効率が下がります。
3.空気圧を1割増に 高速道路を走る時は、空気圧は規定通りである事はもちろん、規定の1割増まで入れておくことをお勧めします。燃費も上がりますし楽に運転できます。
4.110km/h運転を心がける ただし100km/h区間の場合のみです。これ以上速度を上げると逆に燃費が下がりますし、覆面につかまるリスクも上がります。
新東名など新規格道路を除き、原則「規制速度+10~20」を心がけましょう。
覆面は基本的に20km/hオーバーから、オービスは30km/hや40km/hから反応すると言われています。
覆面に捕まったら、ドライブの雰囲気も台無しです。反則金も取られて家族からブーイングの嵐なんてことも。
覆面の特徴:県内ナンバーのスポーツカーやセダン(プリウスや軽、外車はあり得ない) 2人乗りで青い服着用
※この車を追い越す時は制限+10など切符切られない速度で追い越す
オービスの特徴:路面中央部に白い横線。原則看板による予告があるが、無い場合もある。撮影機械は上に取り付けられているが最近は側面にあることも
5.ガソリンは満タンに ガソリンがなくていつ止まるのかとひやひやしながら運転するのは楽しくないですよね。
上でも書きましたが、ガソリンは下道で満タンにしてから高速に乗りましょう。
そのため、インター付近にはガソリンスタンドが多いのです。
6.惰性運転や定速運転をする クルーズコントロールがあれば便利ですが、ない車でもアクセルを微妙に踏むと定速運転にできます。
下り坂ではアクセルを踏まずに走行すると燃費に貢献できます
7.車線変更はなるべくしない 車線変更する時は他車の動きや空きがあるかなど調べることが多く、何せ動かすという負担が増えます。
また急ぎたいからと追い越し車線にいると、煽ってくる車もいて精神的に疲れます。
目的地に早く着きたいのは分かりますが、なるべく車線変更をしないことで運転手のエネルギー節約になります。
8.エコモードをオンに 最近の新車ではエコモードが用意されています。近距離の場合は信号による停車があるのでオフで良いと思いますが、高速の場合は休憩以外は停車をしないのでエコモードをオンにして自動制御に任せた方がいいと思います。かなり燃費が違ってきます。
9.ハンドルを軽く持つ どうしても高速運転となるとハンドルに力を入れてしまいますが、高速道路ではその状況が何時間も続くわけです。ハンドルに力を入れると肩が凝ってしまいますので、なるべく軽く持ちましょう。
10.音楽を持ち込む 食事はPA/SAでできますが、音楽は購入できません。自分の聴きたい音楽がある場合はメディアを持ち込むか、Bluetooth対応のナビならスマホから音楽を流しましょう。好きな音楽を聴くことでリラックスして運転できます。

「運転に疲れたから家族とは楽しめなかった」なんてことにならないように、少しでも運転によるエネルギーを節約して、その後の行動で使えるようにしましょう。