なぜ早朝勤務は嫌われるのか

スーパーやコンビニなどでよくある、早朝早出の勤務形態だが、夜と同じぐらい朝も人がいないという状況に陥っている。
あるセブン店長のサイトでは6時で退店する深夜の人を7時や8時まで引っ張ればという論理が提案されているが、深夜の人も体力に限界がある。
深夜の人の負担が増え「辞めます」ということになれば朝どころの話ではなくなってしまう。
一般的には前の日の夜から勤務している人に朝ラッシュをお願いする店長は非常識としか言いようがない。
人手不足は店長のせいなのだから、店長の努力が足りないのである。時間を増やすではなく人を増やすのが経営である。人が見つかるまではできる限り自分がシフトに出て人を探す努力をするのが店長である。

なぜなのか。
早朝も深夜と同様、一般サラリーマンや学生は8時や9時始業で早朝は起床して出発の準備をしているからだ。
もしかしたら1時間なら働ける人もいるかもしれないが、後述の理由によりきっと長くは続かないだろう。

例えば朝勤の時給を昼よりも150円高く設定したとするが、それを上回るほどの業務があり、結果残るのは人間性のかけらもない粘り強い人だけだ。
レジをやるごとに人間性が欠けていく。
・6時勤務開始だと5時には起きなければいけない。
・昼ラッシュに匹敵する客数(一時間あたり100人)
昼ラッシュに比べてイライラしている人が多くイライラが伝染する。キレやすくなる
・客がいるときはいるが、いないときは全くいないなど波があって余計に疲れる
・ゴミ箱の取り替え
・夜中の半分ほどの量の納品
を1~2時間で処理するのは、不可能に近い。
レジをやりながら上記のような多忙な業務を並行で処理するとストレスで脳がいかれていく。
数ヶ月経って気づいたら辞めていた、というケースが目立つ。

朝勤が安定しないのは以上のような理由だ。
時給を上げるにも限界があるので、まず朝の時間帯の納品は最小限にするなど働きやすい配慮をした上で、紹介制度を導入するなど必死に努力するしかない。

無音パソコンを作る4の条件

スマホも無音ですから、パソコンも無音にしたいですよね。
ノートパソコンはファンがついていてうるさいので手放しました。
ただ、既に作られたメーカー製のパソコンを買うとなにもできないので、自作を勧めます。
現在、私の自作デスクトップはほぼ無音状態にしています。
少し選ぶ部品を考えるだけで、長く使える無音パソコンを作ることができます。
今まではグラボはファンレス製品がありましたが、電源やCPUクーラーも静音性を打ち出してくるようになりました。
完全ファンレスでi7を乗せたマシンを作った人もいるようですが、拡張性に乏しく通常のパソコンとは言えません。
今回はあくまで通常のATXケースの中でいかにファンレスを増やすかということです。

1.高級電源の使用
「一定の負荷以下はファンレス」という記述のある電源装置を買ってください。1万円以上。
ファンを回さないということは本体にある程度耐久性がないとできません。
80PLUSゴールドやらなんやらよりも、ファンレスの方が大事です。今の時代はファンレスが主流です。
ネットサーフィンや音楽を聴いているぐらいであれば電源に負荷はかかりませんので、ファンレスとなります。
電源は常に回り続けるものですが、セミファンレスになることでほこりが減り、寿命を延ばすことができます。

2.高級CPUクーラーの使用
名が通っていてネット界でも有名なCPUクーラーを買ってください。5,000円以上。
高級なクーラーを買うことによって、ファンを低い回転数でも冷やすことができます。ファンに頼らずヒートシンクなどの形状を工夫しているためです。少し装着が難しくリスクもありますが、マザーボードの裏まで締め付けるタイプの製品がオススメです。

もちろんi3やi5であれば完全ヒートシンクも可能だと思いますが、ゲームをしているとフリーズする可能性があるのでファン付をオススメします。(ファンレスとセミファンレスは大違いです。冷やす手段があるという意味でファンはあった方がいいのです。人間に聞こえない静かな範囲でもファンを回しておけば温度上昇を防げます)
そしてそれだけではダメで、マザーボードのBIOS設定から、クーラーに対して一定の温度以下は最低回転数で動作せよと設定しておきます。設定方法は各マザーボードのマニュアルをご覧ください。

3.高級グラフィックボードの使用
こちらも「一定の負荷以下はファンレス」という製品を買ってください。
完全ファンレスの製品もありますが、どうしても性能が劣ってしまいますので、性能も重視したい人はセミファンレス(一定の負荷以下はファンレス)を勧めます。

4.静音HDDあるいはSSD
パフォーマンス重視のHDDもありますが、うるさくても困ります。
7200rpmに比べて性能が落ちてもいいなら、5400rpmもおすすめです。
最近はSSDの信頼性も向上していますので、SSDもおすすめです。
HDDに関しては動作時はうるさいですが、アイドル時は静かなので、必須!といえるレベルの物ではないかもしれません。

1~3を実行することで、アイドル時は無音のパソコンにすることができます。
動画編集時等は少し音がしますが、それでもXP世代と比べれば圧倒的に静かです。
ファンレスは寿命が短いのでは?と思うかもしれませんが、5年間毎日電源をオンオフしていますが、壊れたことは一切ありません。もちろんエアコンによる環境下なのもあるかもしれませんが。
また厳密な無音という意味ではコイル鳴きも困りますので、全パーツへの電力供給を司るマザーボードも良い物(日本製固体コンデンサ使用)を買った方がいいかもしれません。

こんなものも?! コンビニで予約注文する方法

コンビニのほぼすべての商品は、電話あるいは対面で無料で「予約」をすることができます。
予約とは、取り置きと似たようなものですが「○○日に○○個欲しいのですが」という、いわゆる特注のようなものです。
本部は宣伝していませんが、売上の低い店ではこれをやると売上をかさましできるので、ギフトと同じぐらい重要なものです。
従業員にとっては忙しくなるだけで何の得もありませんが、近年増えています。

例えばこんなときに。
・入学式や卒業式のお祝いとして(学校)
・地域や町内会の集まりやイベントとして
・ちょっとしたパーティーに
・職場での会合に
・部下へのプレゼントに(職場)

予約商品として多いのは以下のようなものです
・弁当、おにぎり30個 ペットボトル飲料30本 サンドイッチ30個
・パン30個
・PBのビスケットやドーナツ
・アイス取り置き(夏)
・QUOカード50枚(現金のみ)

そして、大量注文すると以下のようなサービスを受けられる場合もあります(店長との交渉による)
・職場、学校、あるいはイベント先への指定日指定時刻の配送
・この商品とこの商品をこの袋に、などといった個包装
・商品代金端数分のカット

申し込みは基本的には早いほうがいいです。弁当類などのいわゆるデイリー品の発注は毎日やっていますが、物によっては2日前のものもありますので、デイリー品は3日前までにしてください。
菓子やQUOカードなどの商品は、週3日配送が基本ですので、1週間前までに申し込むことをオススメします。

基本的には後払い(届き次第レジでその場で会計するので多彩な決済方法が可能)ですが、大量注文の場合は前払い、あるいは店長指定口座への振り込みが必要な場合もありますので、詳しくは店舗に相談してみてください。担保(?)として名前と電話番号を聞く店舗がほとんどです。
本部のサイトから購入できる物もありますが、絶対に前払いで配送に関してもスタッフは配送せず配送業者がやりますので時間も数時間単位です。それに対して地元の店であれば融通が利くので、最終日に現金で払うといったものや配送も地元に熟知した店のスタッフ及び店長がやることで指定時刻までに届けるといったことが可能になります。
皆様もリアル店舗の強みを生かしてコンビニを活用しましょう。