業者涙目!200円で分解せずエアコンファン部分を掃除する方法

夏・冬に必需品のエアコン。最近フィルターは目詰まりしていないのに風の出が悪くなったり、振動や騒音が大きいと感じていませんか?
業者に頼むと1万円ぐらいするエアコンクリーニングを、なんと簡易的なものですが200円でやってしまおうという企画です。
エアコンクリーニングは、フィルターを水洗いし、アルミのギザギザ(フィン)の目に見える部分のほこりをテープで取るか掃除機で吸い取る、そして最後に内部のファンさえ掃除できれば機能はほぼ回復します。
もちろん業者に比べて質は落ちますが、業者の10分の1のクオリティで良いから、という人にはオススメです。
スプレーや液体は使わないので、汚水も出ないので部屋を汚しませんし、大がかりなスペースも不要、エアコン下に液晶テレビがあっても安心。故障の心配はありませんし安全です。専門知識も不要で分解しないのでドライバーも不要、業者を部屋に入れずに一人でできます。(部品破損のリスクはありますけど)
※お掃除付エアコンなど構造が複雑な物はこう簡単にはいかないかもしれません

用意するもの
1.割り箸1本
あわよくばコンビニやスーパーで無料で入手できます。
歯ブラシでやってる人もいますが、ここはあえて割り箸にこだわります。
2.アルコールティッシュ10枚程度
無い場合は購入してください。百均にもあるかと。
普通のティッシュではダメです。最悪アルコールのものがなければウェットティッシュでも良いです。
3.輪ゴム数本
これも100均に売ってます。
4.掃除機、ゴミ袋
理由は後述します。
5.脚立または椅子
エアコンまで体が届く作業できる何かを用意してください。回る椅子の場合は転倒に注意。
6.気合と根性

手順
1.ルーバー羽根を取り外す
ルーバー本体を取り外すのは初心者には難しいので、ルーバーの羽根だけ取り外します。
構造は小学生でも理解できるレベルで、単純にプラスチックの遊びを使って力を加えて取り外すだけです。外す時は根元ではなく外側からがおすすめです。
ただプラスチック製で柔らかいので、力を加えすぎると壊れてしまいます。壊れたら数千円かかるそうです。
うまくルーバーの羽根を取り外せたら、これはこれで洗ってカビを落としておきましょう。
※このカビを落とすだけでもかなり快適な風になります。原理は分かりますよね。

2.ファンの位置を確認
かなり奥の方にあり、 個人レベルではそううまくはいかないようにできています。
この内部のほこり(?)をとると、消費電力だけでなく振動やカラカラといった騒音も軽減できます。
高級エアコンは内部ファンにコーティングがされているようですが、廉価エアコンにはそのような物はなく、ほこりがどんどん付着していきます。

3.特製グッズを作成する
以下のように、割り箸とアルコールティッシュを輪ゴムで結合させた特製グッズを作成してください。
割り箸が長ければ長いほどこの戦いは有利です。
手先が器用な人は割り箸を手で代用してもいいですが、手にカビが付くので必ず作業終了後は洗ってください。

4.ゴミ袋をエアコン本体下部にセットしておく
エアコン本体が丸ごと受け止められる程度の幅のゴミ袋がよいです。
この時点でエアコンの電源が切れていることを確認してください。

5.特製グッズをファン表面に付いているカビに接触させ、取り除く
このときぽろぽろとカビのようなものが落ちていきますので、注意。
ファンは円柱形になっていますので、割り箸でくるくる回せば全部取れると思います。
私の場合、4分の1程度の段階で既に真っ黒になってしまいました。
そのときはとりきれないので、アルコールティッシュと輪ゴムを新たに取り替え、チャレンジします。
このアルコールを含んだティッシュにより、カビが除菌されます。

6.運転を開始する
のですが、ファンから分離したカビのかけらが宙を舞いますので、ゴミ袋で受け止めるか、掃除機を向けてスタンバイしておいてください。
このときエアコンの風量は自動ではなく強にしておき、掃除機の強さも強にしておいてください。
数十秒するとカビのかけらが取り切れますので、終了です。

<それでもファンのカビが取れない時は>
コロコロのテープ部分・ガムテープ・梱包用透明テープを使って、直接ファンに巻き付けてカビを取ります。粘着力が高ければ高いほどいいですね。
これは効果的ですが、コロコロをファン内部に巻き込むリスクもありますので注意。このリスクを低減するには、半周でやめる・テープを手で固定しながらファンを回す・50cmなど長めにテープを使う、などの対策があります。
ちなみにコロコロテープ(異物)がファン内部につまり取れなくなると、6万円(電気の救急車)という高額修理になる恐れもありますので、最悪壊れても良いという人のみお試しください。
※私もこの事態に陥りましたが、スイッチオンにして回し続けていたら運よく排出口に出てきて救出。難を逃れました
※電気の救急車は個人では頼まないこと。調査だけで6,000円かかるのですが、直して欲しい心理を悪用して「調査だけでも」と必死に押してくるので、最後は私から「検討します」で電話切りました。頼まないというとかなり態度を悪くしますね。

普段やっているフィルターだけではなく、この内部ファンも掃除することで、消費電力の改善が期待できます。
例えば冷房の場合、28度自動にしていてもエアコンの温度センサーはエアコンの近くにしかないので、冷えたと判断して冷房を止めてしまいます。しかし部屋は涼しくなっていないので人間が27度や26度、風量を増やすなどすることによって必要上に電気を消費してしまうのです。
私の試算では、これをやると1日で1kWh節約(24時間27度稼働の場合)となり、1ヶ月では30kWh、1KWh単価を20円とすると一ヶ月600円の節約になります。これにより風量が増え、部屋がすぐに規定の温度になるためです。
自社の修理を獲得したい・エアコン業者から抗議を受けると嫌なのでメーカーはこの掃除の仕方を公開していませんが、これぐらいのことであれば簡単ですので個人でやってしまいましょう。

ディーラーってどうやって行くの?アポ必要?予約は?

答えから先に言いますが、車の購入には段階がありますよね。
①カタログをもらう
②試乗する
③見積もりを出してもらう
④ローンの審査が通るかの確認、値引き交渉
⑤契約
⑥納車、と。

このうち①~③までは購入検討の段階なので、アポなしでOKです。電話連絡もなしで、土日とかにいきなり訪問しても構いません。何か聞かれたら「試乗したいんですが」などといえば、話を進めてくれます。コンビニなら入りやすいけど、あんなに大きな店舗に入るというのはすごく気が引くものです。
もちろんカタログをもらいに行くだけでも良いし、試乗するだけでも良いし、見積もりをもらうだけでもいいし。車は高い買い物ですから、イメージをつかむことが非常に大事なのです。これらの客を冷やかしだなんだというネットの意見もありますが、携帯みたいにコロコロ買える物ではありませんから、実物を見ながら時間をかけて慎重に比較することが必要です。中にはカタログをもらってから買うまでに数ヶ月かける人もいます。家族会議に通したり、いろいろありますからね。
医者の初診票じゃないですけどアンケートのような物に記入する店舗もあり、それに基づいて話を進めてくれます。
そして、その時初めて会う営業マンが、おそらく最後まで話につきあってくれることになります。長ければ数年、数十年のおつきあいになることも。車は人から買うものだってよく言いますけど、本当にその通りです。どの店でも同じ車なら同じ商品ですけど、人が違えば車も違うように見えるのです。
営業マンの話が聞きたければ暇な平日、購入で値引きを引き出したければキャンペーンやイベントのある土日をオススメします。値引きは無視してあなたの好みに合った、話が合う営業マンから買う、というのも手かもしれません。もしあとから営業マンが好きじゃないとなったら、全国どこのディーラーでもサポートしてくれます(申請が必要かもしれませんが)

④以降は後日改めてお電話しますという形であったり、明日はどうですか?と日にちを聞いてくる形で日取りが決まります。
もちろんむこうから提案してくることもありますが、客の休みや都合の良い時間に合わせてくれます。

じゃあ逆にディーラーに予約するのはどういうときなんだという話ですが、基本的に納車後のことです。
点検や修理の予約、車検の予約、などといったディーラーに付随している工場に入庫する時には、基本的に予約が必要です。
予約無しでもやってくれたりしますが、基本的に予約客が優先なので、長時間待つことになります。

とはいえディーラー側も人員配置の都合などから予約をしておいて欲しいのは事実のようで、Webサイトから店舗に見積もり予約や試乗予約ができるようには一応なっていますが、使っている人はほぼいないでしょう。

ぶつからない車は?!自動車各社安全装備をまとめてみた

ぶつからない車(自動ブレーキ)の国産車の性能をまとめてみました。
内容は各社サイトから抜粋、あるいは予防安全性能アセスメントを参考にしています。
物損事故だと大したことないですが、対向車との事故だと数百万、人身事故だと何億という費用がかかるので、自動ブレーキの充実した車は運転に自信がある人でも絶対にオススメです。メーカーオプションで10万円前後、というメーカーも多いですが、私は必ずつけることを勧めます。

ホンダ
シティブレーキ:30km/hまでの衝突被害を軽減。20km/h分の減速と思われる。
センシング:自動ブレーキ(最高速度制限無しで50km/h分の減速、歩行者・対向車は80km/hまで:40km/h分)、誤発進抑制、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱防止支援、車線維持支援、前車追従機能付ACC、先行車お知らせ、標識認識
※車種によっては渋滞追従機能付ACC、オートハイビームも
センシング付車両の成績は概ね良好。

トヨタ
センスC(簡易版):80km/hまでで30km/hの減速(回避性能は20km/h)、車線逸脱時の警報、オートマチックハイビーム、先行車お知らせ
センスP:80km/hまでで歩行者30km/hの減速、無制限で40km/hの減速、路外逸脱防止支援、オートマチックハイビーム、前車追従機能付ACC
問題なのは、高級車にPが乗らずCが乗っていること。高級車はプライド高いユーザーが多いので下手に支援すると危ないという判断なのかは分かりませんが。
成績はCもPも完全な衝突回避はできないので、50km/hで走行中には10km/hの速度で衝突することになる。
なお、レクサスにはセンスPに準ずる機能が搭載。

スズキ
レーダーブレーキサポート:30km/h以内で作動。20km/h分の減速と思われる。停止後はクリープ現象により前進する。
デュアルカメラブレーキサポート:100km/h以内で車両50km/h、歩行者30km/h分の減速。停止後はクリープ現象により前進する。
誤発進抑制、車両逸脱警報、ふらつき警報、先行車発進お知らせ
デュアルカメラの成績は概ね良好。

スバル
アイサイトver.2:無制限で30km/hの減速、渋滞追従機能付クルーズコントロール、誤発進抑制、ふらつき車線逸脱お知らせ
アイサイトver.3:最高速度制限なし、50km/hの減速、渋滞追従機能付クルーズコントロール、車線逸脱防止、アクティブレーンキープ、誤発進抑制、誤後進抑制、ふらつきお知らせ、先行車発進お知らせ

ダイハツ
スマートアシスト1:30km/h以内で20km/hの減速、誤発進抑制、車線逸脱警報、オートハイビーム、先行車お知らせ
スマートアシスト2:50km/h以内で30km/hの減速(歩行者、割り込みは対象外)、車線逸脱警報、誤発進誤後進抑制、先行車お知らせ
スマートアシスト3:80km/h以内で30km/hの減速、80km/hまで被害軽減(歩行者=50km/h以内で30km/hの減速)、車線逸脱警報、誤発進誤後進抑制、先行車お知らせ

日産
インテリジェントエマージェンシーブレーキ:80km/h以内で30km/h減速(歩行者対応)、車線逸脱警報、後退時衝突防止支援
新型ミリ波レーダー:2台前の車検知、無制限で60km/h減速(歩行者対応)、アクセル踏み戻し、渋滞追従機能付クルーズコントロール、後ろ側方衝突支援システム、車線逸脱防止支援、後退時衝突防止支援、ハイビームアシスト

マツダ
スマートシティブレーキサポート(SCBS):30km/h以内で衝突回避もしくは低減、誤発進誤後進抑制、車両のみ
スマートブレーキサポート(SBS):145km/h以下で衝突回避や軽減、車両のみ 40km/hの減速と思われる。
アドバンストSCBS:上記2つを統合。80km/h以内で車両・歩行者にも対応。
i-ACTIVESENSE:自動ヘッドライト、誤発進誤後進抑制、標識認識、後方衝突支援、レーンキープ、車線逸脱防止、ふらつき警報、前車追従ACC

三菱
FCM-City:30km/h以内で15km/hの減速、誤発進抑制
FCM:オートマチックハイビーム、渋滞追従機能付ACC、80km/h(歩行者は65km/h)以内で衝突回避もしくは低減(20km/h分の減速)、車線逸脱警報、後側方警報システム、誤発進抑制、車線逸脱防止、ふらつき、先行者お知らせ

これらを表にまとめると、下のようになります。
※各社の最も先進的なバージョンを記入
○○km/h以内で○○km/h減速=○○→○○

ホンダ トヨタ スズキ スバル ダイハツ 日産 マツダ 三菱
被害軽減 ∞→50 ∞→40 100→50 ∞→50 80→30 ∞→60 145→40 80→20
歩行者対応 ∞→40 80→30 100→30 ∞→50 50→30 ∞→60 80→50 65→20
誤発進抑制 ×
誤後進抑制 × × × ×
路外逸脱警報
路外逸脱支援 × × ×
前車対応ACC × ×
渋滞対応ACC × ×
先行車お知らせ × × ×
標識認識 × × × × × ×
後側方検知 × × × × ×
ふらつき警報 × × × ×
ハイビームアシスト × × × ×

衝突を回避したいなら! 日産・マツダ
後ろ側方からの衝突も予測できる全方位型優等生です。
便利な機能が欲しいなら! ホンダ・スバル
標識認識や先行者お知らせなど、技術を応用した便利機能が入っています。
スズキは軽にしては頑張ってると思います。
トヨタは他社より一歩出遅れている感じで、あまり安全装備に興味が無いとも言えます。