コンビニ100円コーヒーは赤字?! 試算してみた

セブンイレブンから始まったコンビニの挽き立てコーヒー。
100円でコーヒーが飲めると今ではコンビニ各社が熾烈に競争を繰り広げていますが、
まず100円という設定は無理があり、売れば売るほど赤字です。
なぜ赤字になるのか、詳しく説明します。

あるチェーンの価格表です。(およその数値としてご覧ください)

ミルク 19円
ストロー 1円
マドラー 2円
ふた 3円
ガムシロ2個 8円
28円
コーヒーフレッシュ2個 4円
シュガー1個 2円
カップホルダー2個入り 10円

また通常の商品と異なり、客がセルフでマドラーやガムシロなどを加えることができます。
今回は、ホットコーヒーにはストロー(1円)、マドラー(2円)、ふた(3円)、シュガー1個(2円)、フレッシュ1個(2円)の10円を使うこととし、
アイスコーヒーにはストロー(1円)、マドラー(2円)、ふた(3円)、フレッシュ2個(4円)、ガムシロ2個(8円)の18円を使うこととし、
カフェラテの場合はフレッシュを入れないこととし14円とします。
原価にかかる本部指導料(チャージ)は、ここでは一律50%とします。

試算した結果、以下のようになりました。

ホットS アイスS ホットM アイスカフェラテ
原価 89 70 138 135
チャージ 44 35 69 67
28 28 28 28
ミルク 19
10 18 10 14
利益 7 -11 31 7

わかりづらいので、イラストにしてみました。適当ですがお許しください。

利益7円のものを2個買ってカップホルダー(10円)に入れた場合、せっかくの利益が吹き飛び14円→4円になります。
またアイスSを2個買ってカップホルダーに入れた場合、赤字がさらにひどくなり-22円→-32円になります。

また、コンビニ店員の人件費を以下のように定義します。
カップや氷の陳列・整理作業 1日30分 500円
マシンの清掃作業 1日30分 500円
日々のクリーニングの消耗品代 1日50円
とすると、1日に必要な利益は1,050円となり、利益が7円しかないアイスカフェラテだけを売った場合、1日150杯売る必要があります。
逆に冬場はホットMだけを売ると1日33杯になるので比較的楽に元を取れます。
マシンの減価償却代金やマシンの修理代金は、チャージに含まれている物とし、ここでは計算しません。
また水の代金や浄水器のカードリッジ代金も、同様に試算不能なため含めていません。

このようにSサイズで客寄せしている現状に納得頂けましたでしょうか。
コンビニ各社がコーヒーに加えてドーナツやパンを押し売りするのも、Sサイズの赤字を補うためでしょう。
皆さんが美味しく飲んでいる挽き立てコーヒーの半分は本部に上納されるチャージと考えると、なんだかやるせない気分になりますね。
※売価-原価の差額は、カップ代および氷代かと思われます
お店を潰したくなければ、なるべくMサイズを買うようにしましょう。
そしてマドラーやストローなどは客の善意に任されてはいますが、たまにごそっと持ち帰る人も見かけます。必要以上に取りすぎないようにしましょう。
今回は必要な物はすべて組み込んで計算しましたが、本部が挽き立てコーヒーを導入した時このような試算をしていたかどうかは疑われるところです。

高須院長が蓮舫代表を提訴した意味まとめ

ポイント
① 「Yes○○」「陳腐」に怒りを覚え提訴
② おそらく勝てない
③ 金目的ではなく正義感からの行動

大西議員が国会で「医療に関するCMは名前と連絡先しか言えない規制があり、陳腐なCMになってしまう。例えば”Yes○○クリニック”と連呼するだけのCMとかですね」と
発言したことについて「Yes○○クリニック」は高須クリニックを指すことは明らかで名誉毀損があったなどとして
高須院長は大西議員、蓮舫代表、民進党、国などを相手取り損害賠償1,000万円と毎日新聞の朝刊に謝罪文章を一回載せるよう東京地裁に裁判を起こしました。
※陳腐なCMであることも怒ってはいますが、自身のブログではそれを認めています
「Yes○○」は女房の遺品でありケチをつけられると困る、とミヤネ屋で述べています

しかし、国会議員には免責特権があり、裁判をしても勝てない可能性が高いです。
ミヤネ屋でも勝訴の可能性は相当低いと弁護士のコメントがあります。謝罪してもらって示談、で終わる可能性も。
免責特権とは、国会議員が院内で発言したものについては責任を負わないという物です。
なので大西議員は責任を免れてちゃんちゃんとならないように、監督していた代表や国まで対象に加えているのです。

勝った場合は賠償金を貧しい子どもにあてる、とも発言しています。
※毎年何十億も売り上げている高須院長からすれば1,000万円の賠償金などおもちゃのようなものかもしれませんがね
負けた場合はどうするのか知りませんが、ネットやTVなどの世論アンケートでは勝ちだ、という発言もあります。

大西議員は「誤解に基づいている」「具体的なクリニック名は出していない。今後顧問弁護士と相談したい」などとしていますが、公式に謝罪の言葉は一切無し(事務所経由で申し訳ないとは謝罪)。初動が下手だと民進党は叩かれています。
一方、高須院長は「40年真面目にやっている」「悪いグループと抱き合わせにされるのが怒れる」「国の指導通りやって陳腐はムカつく」「施術料金は40年変えていない。押しつけや勧誘もしない」「民進党は攻撃ばかり、自民党は応戦。国会での発言が言いたい放題。庶民でも怒れることを伝えたい」「最高裁までやります」「徹底的にやります」とのこと。彼は正義感のある人ですから、間違っても彼を怒らせない方がよいのは明らかです。

結果はともかく、「医者は行動力が大事」といわれるように単なるパフォーマンスなのかもしれません。
これだけ報道されたのをCMでやろうとすると、かなりの金額を打たなければなりません。タダで宣伝してくれるマスコミの上手い使い方。
高須院長からすれば棚からぼた餅、よくぞ大西議員しゃべってくれた!といったところでしょう。チャンスはすかさず物にするあたりがさすが商売人。
※ただし、高須クリニックは儲けは目的としていないようで「整形しない方がいい、と断られた」という人もネット上にはいるようです
勝ち負け・儲けやお金や名声がどうこうよりも、「違うことは違う」と言う正義に基づく行動だけなのかもしれません。

auスマートパス劣化!即解約を!プレミアム論外!

auスマートパスの劣化が進んでいる。
以前(数年前?)はアンケート入力なしでコンビニで商品の引換ができたが、
最近はメールアドレス等を入力しないと引き替えできないようになっている。
まぁ不正防止や転売防止の観点から必要なのかもしれないが、パパッと引き換えできていたものができなくなったのは大幅減点。
ウイルスバスターやデータ紛失サポートも、上級者には必要ない。

また、ノーマルスマートパスにSUPER FRIDAY的な要素を付加したプレミアムなる制度がソフトバンクに対抗して1月から新たに始まったが、これもかなり劣化している。
目立って宣伝されているのは日替わりクーポンのようだが、曜日や店が指定されており、使いづらい。
1日200円相当のものがもらえるのはいいとして、火曜日はカラオケが1,200円割引とかうたっているが、カラオケは金土日にいくのがメインだろうから火曜日なんて無理。
店も限定(全国で300店舗程度)されており、店の少ない田舎ではほぼ意味は無い。
日曜日はピザ半額のようだが、別に真新しいサービスではないし、ピザを毎週食べようとする人は皆無だろう。
お得かもと書いているサイトもあるが、ウソ。

スマートパス プレミアム
データ復旧サポート
※別途1,000円必要
Wi-Fiセキュリティ
※公衆無線LANのみ
auのほけん特典
※ただし3ヶ月
iOS修理代金サポート
※機種変、退会で終了
ウイルスバスター
Lookout for au
データお預かり
どこから電話 for au
WALLETカード盗難紛失
遠隔操作サポート
auエブリデイ
クーポン
映画割引
UP!!!
コンテンツ使い放題
月額料金定価 372円 499円

ぶっちゃけ、詐欺としか思えない。
政府のスマホ0円規制で契約増が見込めず、パケット単価も頭打ちとなれば、情報料値上げで稼ぐしかないとして開発されたのが、プレミアム。
リア充的なサポート(笑)を並べて120円の差額の価値があるといいたいようですが、私には価値を見いだせない。

今だけ割引、無料キャンペーンというのも、加入率が思わしくないから煽っているだけ。
実質無料を強調して有料になる期間(年内)を小さい文字で表示しているのがヒントで、忘れた頃に課金させるシステム
半年後に解約することを覚えている方がすごい。
絶対にプレミアムには加入しないこと。

そして極めつけはauスマートパスと検索して一番上に出てきたページを押すとプレミアムの入会ページに飛ばされることだ。これは納得がいかない。
プレミアムができる前は、スマートパスのページが表示されたのに。

今スマートパスを契約している人で、使っていない人(特に上級者)は即解約を。
ショップ店員が「必須だ」「安くなる」と説明したかもしれないですが、私には今そのメリットはほぼ無し。
月額372円は、もったいなさすぎ。プレミアムの定価499円なんて、もってのほかだ。
幸いにもauは、比較的簡単にサービスを解約できるようになっているので、サクッと解約できるのは楽。
※毎月割中のユーザーはスマートパスを解約すると毎月割の金額が324円減額されるので注意
ま、減額されても月48円浮いて、年間576円・・・ もったいない精神でいけば使ってないなら解約が妥当だろう。