スマホ壊れた?! 通信できない時は7GB制限を疑え

当方auの機種を使っていますが、ある瞬間からいきなり通信ができなくなってしまいました。
電波オフモードにして解除してもダメ、再起動してもダメ、SIMカードを抜き差ししてもダメ。

携帯壊れたのか?過去に落としたのがたたったのか?修理なのか???などいろいろ考えがよぎりましたが、
でもよくよく見ると、微妙に通信ができていることに気づきます。
「これってもしかして7GB制限じゃないか?」と重いサポートページにログインすると、残データ容量が0.0GB。
通知が来るキャリアメールはアプリごと無効にしていたので、気づかなかったのです。
※3G時代にはありませんでしたが、LTE通信ではデフォルトとして毎月の通信容量が7GBを超えると通信速度が128kbpsに低下します。(いわゆる規制)
これを解除するには、追加料金を支払う必要があります(1GB1,000円程度)
携帯を買った時にろくに説明を受けていない人もいるかと思いますが、近年大容量の通信をするアプリが多く出てきており
7GB以外のプランも選べるようになっていますが、ほとんどの人が7GBプランを選んでいるのが現状かと思います。
別に私は無理に規制だらけの不便なLTEにしてもらわなくても3Gで間に合ってますけどって感じですけどね。
※auでは超過時にSMSは届かないようです

「YouTubeなど動画を見まくらなければ7GB制限には到達しない!」と思っているあなた、大間違いです。
私は半月で7GBに到達しましたが、その内訳
・YouTube 2.32GB
・チャットアプリ 2GB(文字のやりとりのみ。毎日のように使用)
・定額音楽再生アプリ 1GB
・Chrome 500MB
・Skype 300MB
・2chブラウザ 200MB
・Twitter 100MB
・Google Playストア 100MB
・その他 500MB
YouTubeが要因として大きいのは確かですが、テキストを中心とするアプリでも毎日ちりも積もれば山になります。広告画像の受信も容量にカウントされるため、無料アプリをよく使う方は注意が必要です。
音楽再生アプリも音楽をストリーミングとはいえダウンロードしているわけですから、毎日1時間聞いていたとしてもこれぐらいの量になるでしょう。
Skypeには通話機能がありますが、丸一日通話していても「通話料」はかかりませんが、4Gで接続した場合は「通信量」にカウント、つまり事実上通話料がかかるわけです。
家にいる時はWi-Fiでオフロード接続していても、それ以外の時に使いまくっているとこうなってしまいます。また家にいても例えば一日間違ってWi-Fiをオフにしていた状態でYouTubeを見たら、それだけで「はい1GB!」となるわけです。非常に危険。

ということで128kbpsに制限されていたわけですが、課金すると即解除されました。
ちなみに128kbpsの世界とは
・テキストのみのコンテンツは素早く表示される(LINEやTwitterなど)
ただし広告に画像を使っているアプリは時間がかかる
・YouTubeは5秒分の動画の受信に30秒かかるような状況。ぱらぱらマンガに近く使い物にならない
・Yahooスマホ版ページなど、画像を含むサイトは軒並みアウト
・スカイプの通話は雑音が混じり、半分程度音が飛ぶ
・メールのチェックは可能
・auサポートページ(データ課金ページ)へのアクセスは可能

7GB制限中はステータスバーに規制中と表示するなど、もっとユーザーフレンドリーな対応が求められるかと思います。

コメントする