かんたん!NVIDIA 最新ドライバの入れ方

NVIDIAというグラフィックチップが内蔵されているコンピュータはすべて、NVIDIAというメーカーが作っている最新のドライバを当てることができます。
最新のドライバを当てることでバグや不具合、応答性の向上、パフォーマンスの向上が図れます。
(まあ、場合によっては外れで不具合やバグに見舞われることもありますけどね)

かなりの頻度でドライバは更新されていますが、正直面倒なので、Windows Updateの更新で再起動がかかるタイミングや月1回など自分で頻度を決めて更新すると良いかと思います。
別に更新しなかったからといって何か問題が起こるようなものではありませんが、何となく最新の方がいいよねという気分の問題です。

メーカー製PC(NECや富士通などが作っているパソコン)の場合は、メーカーから別途ドライバが提供されるため、ユーザー側の操作は必要ありません。
メーカーが最新のドライバを提供していない場合、またメーカーがNVIDIAから入手しろとの指示があった場合はこれに限りません。
危ないから辞めておく、何となく不安だ、怖い、という方は今のままにしておくのが得策かと思います。

1.ドライバ更新ページを開く
2.手動検索または自動検索で、ドライバを検索する
自動検索を動かすには「Java」と呼ばれるコンポーネントが入っている必要があります
3.ファイルダウンロードの画面になるのでドライバをダウンロードする
※200MB近くあるので、環境によっては時間がかかります
4.ファイルの解凍が行われた後、高速インストールか、カスタムを選択する
※高速の場合は、いわゆる上書きインストールとなり、コンポーネントの選択はできません
5.画面が数回点滅し、インストールが行われる
6.インストール完了
※場合によっては、再起動が必要な場合もあります

5~10分程度でインストールができます。よくゲームをする方や、動画視聴や編集など高度な処理をする方は、最新のドライバを当てることをお勧めします。

コメントする