アルバイトといえども仕事?! それはウソである6つの理由

アルバイトは、店長やオーナーなどの正社員に比べ、「非正規」とよばれるくくりに入る職業ですが、反面自由度が高いのが特徴です。
これらの自由度が少ない職場は「ブラックバイト」とよばれ、敬遠されているのが現状です。

アルバイトといえども仕事であることは確かですが、正社員と比べ待遇が違うので、私は待遇分の仕事だけをすれば良いと考えています。
30~40代の頭の堅い人間は社員と同じレベルの仕事をバイトにも求め、それができないと発狂したりしますが、そもそもきちんと教える時間も取ってないのに一人前の人間になることは不可能。このような職場は速攻で退職すべきです。バイト先、仕事先なんて石ころのようにあるのですから。

1.時間ちょうどに上がれない
アルバイトは、時給制である場合がほとんどです。サービス残業などもってのほかで、時給制である以上は契約時間を過ぎたら帰ることができるわけです。
00分に退勤処理をし、店は1分で出る。次の人が遅れても、穴埋めするのは店長。
バイトでそのメリットを生かさない手はありません。
2.急なシフト変更がある
シフトが固定され、その前後に柔軟に予定を入れることができるのもアルバイトの特徴です。
なので、急にシフト変更のお願いを言われても、当然断るのがアルバイトでしょう。
はいはいと社畜のようになっていると、社員にならないかという悪魔の誘いを受けてしまいます。
軽い仕事なので時間拘束さえ受け入れられれば掛け持ちも自由で気軽に稼げる。これがバイトのメリットです。
3.休み希望が出せない
社員のように週5固定ではなく、テスト期間や文化祭などで気軽に休めるのもアルバイトの特徴。
経営者は困った顔をするかもしれませんが、そのような覚悟でアルバイトを使っているのですから自業自得です。
学生なら、学業を優先するのは当然のことです。それに備えて他のバイトなり人なりを雇っていない経営者の責任です。
4.時給が上がらない、ノルマやペナルティがある
「昇給あり」なんて書いている店に限って時給が上がらないのはよくある話ですが、正社員並の仕事を任せておきながら発狂する店も、アルバイトを軽く思っている為時給を上げることをしないわけです。
セブン加盟店で「ノルマ・ペナルティなし」と募集の張り紙に書いた店があるようですが、なくて当たり前
当たり前のことをわざわざ書かなきゃいけなくなったのは悲しいことです。
5.仕事にケチをつける
アルバイトは時間拘束を受けるだけの仕事ですので、仕事内容やその質、店の損害やチェーンイメージにまで関わるような仕事は本来、任せてはいけないはずです。たとえば中学生でもできるような簡単な仕事内容でなければいけません。ファミレスの調理などは当然正社員も関わっていると思いますが、今の人手不足の時代、このような難しい仕事に限ってケチが付くことが多く、いちいち細かいことでケチをつけていると皆辞めてしまいます。レジ、配りに行くだけ、清掃など失敗してもフォローができる範囲、ケガをせず安全な範囲の仕事を任せるべきです。そして失敗は責めないこと。これもできていない経営者が多いです。
6.即日辞めれる
正社員も即日辞めることはできますが、引き継ぎがあったり社会保険関係の手続があったりで、ぶっちゃけ即日退職はできませんが、バイトなら引き継ぎがないので即日バックレ、即日退職が可能です。もちろん給与が手渡しの所なら最終月は振り込みにしてもらうなど職場に行かなくて済むようにしておきましょう。
メール電話一本、置き手紙一枚で退職できるのがバイトのメリット。
もちろんそれが社会常識に照らしてよいかどうかは置いておき、そのような手段をとることが正社員に比べて比較的許されている、皆やっているという点においての記述です。

ちなみに労基法ではバイトも手厚く保護されており、一日8時間を超える勤務は禁止されていたり、休憩時間にも規定があったり、もちろんバイトでも有休が取れます。詳しくは労基法でぐぐってください。

「バイトといえども仕事ですから」と口癖のように言ってくる店は、即辞めましょう。
バイトは、単なる時間の切り売りです。社員並の高い責任や、ペナルティ、ノルマなど当然あってはいけません。なぜなら、賞与も手当もないバイトだから。
そこを今の経営者や店長世代は勘違いをしています。
楽しく時間の切り売りができない職場は退職して、とっとと他に移りましょう!

コメントする