ラムダッシュ洗浄機 水漏れ修理6,000円が無償になった件

個人的にラムダッシュ洗浄機を使用していますが、同じような人が今後出てくる可能性があるため投稿します。
この洗浄機は、ES-LV7A/ES-LV9A世代のものになります。

ラムダッシュの洗浄機は、1年半ぐらいで水漏れする機械的な脆弱性を抱えています。(ちょうど保証期間が終わった後に壊れるソニータイマーのようなものです)
人の手で掃除しても無駄です。
こんな症状があれば水漏れを疑ってください!
・洗浄終了後、周りが水浸しになる
・新しい洗浄液をセットしても2回でチェックランプが点灯する
どうやらチェックランプは、洗浄液の残り量で判断しているようです
・洗浄中、水があふれるんじゃないかというぐらいまでかさが増える

当方ヒゲは濃い方です。
使い方としては、かなり雑な使い方をしており、毎日ひげそりを使用後水洗い等はせずそのまま洗浄機に突っ込んでいます。
つまり1日1回洗浄ということですね。
洗浄機の洗浄方法というページもありますが、毎日忙しいのでそんな物は無視してきました。いや、だって洗浄機を洗浄するとか意味不明でしょ?何のための洗浄機?って壊れる前にパナソニックにクレーム入れたことありますがおそらく改善はされていないのでしょう。

価格.comなどのネットでは「無償で修理できた」という事例もあるようですが、どこが壊れているかによって有償になることもあるようです。
今回の場合はホースの破損ではなく目詰まりのため有償・6,000円(税抜)になるようです。
買った時の価格を考えれば安いんでしょうが、やはりこれだけ見ると高く思えてしまいます。

5年もった、10年もったという人もいますが、それは単体利用の場合のみ。
シェーバーは替刃ビジネスといわれますが、洗浄機の寿命をあえて短くすることで買い替えを促す、つまり洗浄機ビジネスとも言えるのではないでしょうか。

また、毎度のことですがパナソニックのシェーバーは5枚刃に関しては大きく機種ごとの機能差がありません。
大きくと言うか全くですね。ヒゲを剃ることに関する根本性能は全て同じで、充電器の段階表示がどうとか、メタルボディしか差はありません。
しかも洗浄機はすぐ壊れる。
それで最上級モデルとその下のモデルの差が1万円もありますので、どっちがお得かはいうまでもありません。
何でも最上級が良いという人もいますが、これに関してだけは、よく考えてください。シェーバーは消耗品ですので。
とにかく、購入に当たって、洗浄機が壊れやすいと言うことは頭に入れておく必要があるでしょう。

ヒゲを剃る性能に関しては日本メーカーらしく、そり残しもなく自然に剃れるだけに、洗浄機の改善を今後期待します。

続報
「この見積もりに納得がいきません」「通常使用の範囲によるもので、無償修理にしない場合は今後のパナソニック製品の購入は考えさせて頂きます」という旨のメールを送信したところ、電話がかかってきており折り返すと購入日を聞かれ
「1年半」と答えたところ「今回は無償で」「おつけできる洗浄液は1個のみとなります」という結論になりました。(実際は2個や3個、それ以上の洗浄液をロスしていますが)
ネットでの修理申し込みサービスもありますが、やはり修理に関しては電話での交渉が有利なようです。
世の中は声を上げない人はこの商法に飲み込まれてしまうようです。お気を付けください。

コメントする