車のフロントガラスが凍結した時の対処法5つ

車のフロントガラスが凍結した時の対処法、なんて検索するといくつか記事が出てくるのですが、内容に納得がいかないので自分なりに書いてみました。

関東地方ですので雪こそ積もりませんが、最近は夜間の気温がマイナスになる状況の地域での話です。
毎日雪が積もるような地域では、この話は通用しないとお考えください。(そういう地域では屋根をつけたりカバーをつけたり、既に物理的な対策をしていますよね)

毎朝6時や7時など、日が昇る前に動こうとするとフロントガラスが凍っていることが多くありますが、
他のサイトは「凍結防止剤を買え」と言っていて、Amazonへのリンクを張っています。
あ、つまり、そういうことですよね。すごい煽り方だなあ、と同時にこういうのがWebの品質を落としてるんだなあ、とつくづく感じています。
本当にあのようなブログの主は車を持っているのか?凍った経験はあるのか?と問い詰めたいぐらいです。
○○の対処法!と煽っていて一言目にはなんでも買え買えって、そんなにお金ないし。という話です。
そしてそういうブログに限って、「アイドリングは環境に悪いからダメだよ」と書いています。
どのサイトでも「お湯は使うな、ぬるま湯なら良いけど」とも書いています。どうやら彼らは、お金のかからない方法はよしとしないようです。

が、しかし、私はここ数年、他のブログが環境に悪いと否定する
デフロスター(アイドリング)で氷を溶かしています。はっきり言って、これが一番効果的だと思っています。
※デフロスターとはいわゆる曇り取りのことで、吸い込むようなマークになっているものです。詳しくは車の取説を読んでください。
設定温度をHi(最強)にして風量も最大にするのがコツです。
軽の場合は難しいですが、普通車の場合は3分もあればガラスの下半分、5分もあれば何もせず椅子に座っているだけで全部溶けます。
ナビが付いているならその3分や5分でテレビを見る、音楽を聴く、スマホで情報収集など他のことをすればよいのです。
下半分が解けたらこっちのもので、ワイパーを何度か作動させればほぼ全ての氷が溶けます。
氷が溶け終わる頃にはコールドランプも消えているので、そうなれば足元や顔などにモードを切り替えて、暖風を浴びることができます。

スプレーは購入にお金がかかる(車内に放置した場合爆発の危険がある)、お湯やぬるま湯なんてどこにでもあるとは限らない、となればデフロスターで自分で溶かす方が安全かつ手っ取り早いです。
デフロスターですから、車内も暖まり一石二鳥です。
環境に悪いだとかアイドリングがどうとか言いますが、最近の車ならばアイドリングは1,000回転以下ですからそれほど騒音にもなりません。
1,000回転の3分や5分ですからガソリン消費量も微々たるもので、数円とか数十円の世界でしょう。少なくともスプレーよりは安いです。
朝の3分や5分は無理!という人もいますが、前日の天気予報をチェックするなり体感で明日寒そうだなと思ったら少し早めに行動すれば良いだけの話です。
それでも、というのであれば遠隔のエンジンスターターを取り付ければ良いですが、氷を溶かすためや温かい車に乗りたいためだけにそこまでするのもナンセンスです。

 

で、もし他にも対処法があるとするならば。
2.手や服(コート)で氷を取り除く
クレジットカードで取り除けました!とかいうブログも存在しますが、絶対に辞めてください。ガラスが傷つきます。
ワイパーが作動しないほどの雪・氷の場合は、まず雪や氷の絶対量を減らすことを考えてください。
先の尖っていないものでもガリガリやると、氷を溶かしたり落としたりすることができます。
また手の熱で氷が溶けることもあります。その分自分の手は冷たくなりますけどね。凍傷等ないようにほどほどで。
3.フロントガラスに撥水コーティングをする
よくガソリンスタンド等で勧められても無視しているコーティングですが、確かに理論上効果があるように思います。
実際にやったことはないので分かりませんが、他の人のブログを見るに凍結はするそうですがコーティングをしないよりは凍結軽減できるようです。
4.出勤を遅らせるか、電車を使う
7時は凍っていても、8時だと解けていることはよくあります。出勤時刻が自由な職場(なんて少ないとも思いますが)なら、遅らせるのもアリです。
また、電車、バスがあるのならばそれらを使うのもアリでしょう。冬場は夜間や早朝に車を動かさないようにすればよいのです。
自転車・・・と書こうとしましたが気温がマイナスで路面が凍っている状況で自転車はお勧めできません。
全然いけるっしょ!という場所でコケた経験があるので危ないです。同じ理由で原付もお勧めできません。
5.氷を溶かす能力があるウォッシャー液を使う
ウォッシャー液ですが、たまにそれすら凍っていることもあります。
氷を溶かす能力がある特殊なウォッシャー液なるものがあるようですが、それにすれば毎回全く凍らずに出てきてくれるのでしょうか?
疑問なので、足を踏み出せずにいます。対処法の一つとして挙げてはおきますが、確実とは言えない方法です。

時間とお金、安全性をバランスして考えれば、やはりデフロスターが一番です。
凍結対処はデフロスターと覚えておき、安心快適な車ライフを送りましょう。

コメントする