Transecend激安カードが1年半でお亡くなりになった件

当方カーナビに音楽再生用としてSDカードを入れて使っているが、1年半で故障した。
車内の環境は真夏だと50度以上になる。
ましてやカーナビ内部だと80度ぐらいになっていてもおかしくない。
※車載用SDも売っているが、とてつもなく高いので買う気が失せる

USBリーダーライターの挙動も怪しかった。
1年以上電源をつけっぱなしのPCにリーダーライターを刺しっぱなしにしており、
その影響でSDカードも壊れたのかもしれない。
2つ壊れたが、どちらともアクセスLED付のもの。USBからの熱でLEDが飛んだか?
※読み書きの必要がない時は「取り出し」や「デバイスの安全な取り外し」を使って必ず電力を遮断しましょう

熱の影響か? リーダーライターの影響か?
これまでAmazonで買ったTransecendの激安カードを1年半使っていたが、
まず音楽が読み取れなくなってきた。
「このデータは再生できません」というようなエラーがカーナビに表示され、まあいいやと放置。
その後、曲を消すことはできたものの新しく入れることができず、
Windowsのフォーマットでも話にならないためSD Formatterでいろいろなオプションを試してフォーマットするが、それでも話にならず。
※SD Formatterでもフォーマットできないとなれば、ハード側の問題となる。つまりリーダーライターかSDか壊れたと言うこと

メーカーに頼んでまで原因を調べてもらうほどの値段でもないので、リーダーライターとSDを新調することにした。
リーダーライターは、ドラッグストアで売っていたオーム電気製のもの。(前回はバッファロー)
SDカードは、日本製の東芝。
実はSDカードの開発は東芝が参加しており、品質が悪いわけがないという考えのもと。
ネットでも東芝のメモリは非常に評判がよく、白芝だの青芝だの言われている

ところで、東芝に変えて音質が良くなったようにみえるのは気のせいか。
あまり言ってしまうとソニーの「SR-64HXA」のように
玄関のチャイムから既に高音質だったとか、音だけじゃなく人生も変わったとか、
写真を撮ったら美しい顔が撮れたとか、ごはんがおいしく炊きあがるとかもはや意味不明なことを
言われてしまいそうだが、ソニーも数値化できない部分で高音質になっているといいたいらしい。
また、音楽ソースやスピーカー、アンプ等高性能なものを入れないと聞き分けはできないとも言われている。
要するに東芝・パナソニック等の国内メーカーのSDは、海外メーカーよりも耐ノイズ性などが
丈夫な作りになっているのではないか。
(サンワサプライ、バッファローなどの二次メーカーは除く)
国内メーカーは、子どもが出てくるようなせこいことはしていないと思われる。

そして、これはかなり前から言われていることであるが、大容量の実現には高密度化が必要となり、
それを同じ筐体で実現するので、その分隣との壁が薄くなる。隣との壁が薄くなると、必然的に壊れやすくなる。
なので音楽で使う分など大容量が必要ない場合には、128GBなどの容量もある時代だが、あえて8GBを選ぶという選択も有りだろう。
また、音楽再生程度であれば高速である必要もないので、標準のカードで十分。高速カードは内部クロック数が高くなっており、ノイズ発生要因となる。

少し話がそれたが、音楽再生は数秒ごとにデータを読み取る。SDカードにとって過酷な使われ方となる。
特に車載・音楽再生用に使われる方は国産SDカードをオススメしたい。

コメントする