Windows 7,8.1はWindows Updateに潜在的問題有

Windows 7や8.1などは、Windows Updateに潜在的な問題を抱えており、再インストール直後やリカバリ復旧直後など、更新プログラムを見つけるまでに数時間という単位の時間がかかったり、大量の更新が出てきてインストールした後に更新の確認に時間がかかったりなど、非常にめんどくさい問題を抱えています。
1日放置しても「更新プログラムを確認しています」のまま、何も表示が変わらなかったという例も報告されています。

確かに7は従来のWindowsの使い勝手を踏襲していて使いやすいのですが、そもそも古いOSを使い続けることは危険なわけです。
これらの問題の解決法を懸命に探し出して解説してくれているサイトもありますが、小手先の対策にしかなりません。
しかも、sfcやdism、チェックディスクなど、「いや、それ本質と関係ねえだろ!」とつっこみたくなるような解決法を紹介しているサイトもあります。

私もいろいろな対処法を試しましたが、時間が経過すると新しいパッチを自動配布して今までの対処法を無効とするなど、
MSはあの手でこの手で対策をかけてきています。
つまり、これはマイクロソフトからの暗黙のメッセージだと感じています。
「10にアップしろ」

10では、現在このような問題は生じていません。
私が現役で7,8.1を使っていたころは、このような問題には遭遇しなかった記憶があります。Vistaのころは、何時間か待たされましたが・・・
要は、最新のOS以外はマイクロソフト側がアップデートサーバーにアクセスできるコネクション数を制限するなど、サーバーサイドで制限を加えているために、このような現象が起きているのではないかと考えています。
10にアップデートさせるために過去のOSに時限爆弾まで搭載して消費者庁にマークされたマイクロソフトからすれば、ユーザーが毎月実行するアップデートにストレスをかけて、暗黙的に10にアップデートさせようとしてたとしても、おかしくありません。

また、根本的なところで、長く使い続けているパソコンではなく、リカバリしたPCなどでの問題発生が多いことから、一度「ライセンス認証」の項目も見て頂きたいと思います。
ほとんどの場合自動で行われますが、自動で行われず「○○日後に再度確認します」というような表示になっている場合は、即時実行してください。
Windows Updateを実行するためにはライセンス認証を通過していることが必須条件となっており、もしこれが完了していない場合は完了させてからWindows Updateを行ってください。
ネットでの認証、ネットが無い場合は電話での認証など、各種手段が用意されています。
リカバリや新規インストールしたら、アップデートの前にライセンス認証! 動作に影響はないですが、要チェックです。

今後のWindows Updateで待たされるリスクもあることから、早急に最新OS「10」にアップグレードすることをおすすめします。

コメントする