Windows10 自動更新再起動を阻止する方法

Windows 10では、厄介な事にWindows Updateインストール後、ご丁寧に自動再起動してくれる機能があります。
8までは自動更新をオフにしてだましだまし使えていたのですが、10ではオフにする機能がUI上は存在せず、更新率を上げたいというMSの思惑がすけすけで
ユーザーの同意なくアイドル時に勝手に再起動するとは
もはやパーソナルコンピュータではなくMSの遠隔操作マシンではないかと思えてしまうほどです。

Chromeなどの異常終了時にタブを戻してくれるソフトウェアであれば良いのですが、
そうでないソフトウェアの場合は、作りかけのドキュメントがパーになってしまいます。
タイムラグのない作業環境を実現するために当方では常時PCをオンにしており、再起動されてデータが吹っ飛ぶのは一番困るわけです。(もっとも停電でも同じですが…)

UIとしては提供されていませんが、高度な知識を持つユーザー向けに方法が公開されていますので教授します。
なお、もともとこの設定は先ほど述べたように高度な設定である事から、この操作はWindows 10 Pro版でのみ実行できます。

「ファイル名を指定して実行」あるいは「検索」から
gpedit.msc
と打ち込む。

コンピュータの構成→管理用テンプレート→Windows コンポーネント→Windows Update
と開く。

以下の設定は無効にします。
・Windows Updateの電源管理を有効にして、システムのスリープ状態が自動的に解除され、スケジュールされた更新がインストールされるようにする
・スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する
・自動更新を構成する
・自動更新を直ちにインストールすることを許可する
・推奨される更新の自動更新を有効にする
これらはとにかく「更新を自動的にぶっこむ」「スリープ状態を解除して更新を自動的にぶっこむ」「ぶっこんだら勝手に再起動する」といううざい機能の塊です。

以下の設定は有効にします。
・スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない
ログイン中で操作していても勝手に再起動するクソ機能です。こちらは表現が否定形になっているので有効にします。

そして再起動すると設定が反映されます。
目には見えませんが、自動再起動から解放されることと思います。
*1ヶ月に一度ほどは作業環境を終了して手動更新されることをおすすめします(その場合でもインストールするまでは再起動は要求されません)

追記ですが、Windows 10では既定の設定ではかなりのデータを自動送信するように設定されています。そのために圧縮などの作業がアイドル時に行われ、無駄な電力を消費します。
スタート→設定→フィードバックと診断から、
・フィードバックを求められる頻度「しない」
・デバイスのデータをMicrosoftに送信する「基本」を選択します。
また、「ストア」アプリの「設定」にて「アプリの自動更新」をオフにします。
この設定を行うと、通常時の作業も若干軽くなります。

1件のコメント

  1. 名前未設定

    これ再起動しないとダメなんですね…。
    「3:30に再起動するよ」なんて10分前に言われたので慌てて止めようとして表記の設定をしたのですが、無慈悲に再起動かけられました。
    というか、ユーザーが今まさに操作しているのに再起動かけるなんて非常識にも程がある!

コメントする