スマホカバー・フィルムを選ぶ2つの鉄則

スマホカバーや、フィルムをつけない人がいますが、10万円もする商品を大事に扱わない人は、ダメだと思います。
たしかにガラケー時代は裸運用が常識でしたが。スマホはそういうわけにはいきません。なぜなら折りたたみじゃないので。
iPhoneなど、裸で使うのが正義だ!放熱にも有利!というサイトもあるかもしれませんが、落として壊れたらおしまいです。放熱どころではありません。
わずか3,000円ちょっとの投資で、10万円の商品が壊れずに済むのであれば、安いものです。

買えというのは分かった。
でもスマホアクセサリーはたくさんあって、何から揃えたら良いのか分からない。という人は多いと思います。
充電器はまぁいいとして、買ったら絶対にまず揃えて欲しい商品を紹介します。
販売店でもオススメされると思いますので、販売店のものでもよければ買っておいて損はないと思います。

 

私は、フレームだけのケースではなく、スマホ全体が包まれる形となるブック型のスマホカバーを強くオススメします。
これは適当なことをいっているのではなく、3年間ブック型で過ごしてきた実績を踏まえての答えです。
もし携帯店でケース何にしますか?と聞かれたら必ず「ブック型で」と答えて下さい。
強くと書いたのは、前述のように落とした時の壊れ方が違うからです。
例えばXperiaであれば下のような商品ですね。Z3など他の機種にも対応しているようです。
しかもこれの利点は、会社などでサボっていてもこれを知らない上司などからは「手帳を持っている」と見られることです。スマホだとサボり!!とかいわれますが、手帳だとおっ!できる社会人!というイメージに変わります。そのうち手帳に見せかけて実はスマホケース、とかも出てくるのではないでしょうか。既にあったりして。

フィルムについても、つけない人もいるのでしょうが、傷ついた画面が元に戻ることはありません。
万が一鋭利なものが刺さって液晶が割れた場合、割れた部分は表示できなくなります。他の領域まで広がった場合、真っ黒になり、バックアップやデータ移行すらできなくなります。(ガラケー時代は販売店でデータを吸い出せましたが、スマホではできません)
メーカーも、当然フィルムが貼られる前提で調整していますので、フィルムを貼らないとタッチ感度が過敏になる恐れもあります。
液晶面にガラスを貼ることは、かなり従来から行われており、デジカメやカーナビの液晶フィルム、ガラケーの液晶フィルム、iPadの液晶フィルムなど、いろいろなものが発売されており、このジャンル自体が決して新しいものではありません。近年は単価が低すぎて利益が取れないのか、ガラス製が開発され、傷がつきにくい!と謳っていますが、
液晶自体すでにガラスなんですけど・・・
そのフィルムがガラスだと割れたらおしまいなんですけど・・・
ガラスより滑りやすくしないとスマホの意味ないんですけど・・・
しかも高くないですか?!

というわけで、私はガラスフィルムをオススメしません。通常通りのフィルムをオススメします。

「ケースはブック型」「ガラスフィルムは買わない」
この鉄則を守って、楽しいスマホライフをお送り下さい。

コメントする