新車装着タイヤを半年で交換すべき1つの理由

自動車が走る上で、欠かせないのがタイヤ。
しかし、近年はディーラーの点検パックもあり、ディーラーに任せっきりという人も多いのではないでしょうか。

タイヤ

車も少しでも安くするために、新車に装着しているタイヤはコストを削減したお試しタイヤであるといわれています。
かなり言い方がゲスいですが、事実です。
メーカーからしても、目に見えない部分でコストカットできるのでしめしめというところですね。
はっきり言うと、市販品よりもかなりゴムが薄く、溝が浅くできています。同じブリヂストンだとしても。
いくらで卸しているのか知りませんが、テレビを百均で買うようなものと思って頂ければ。大量納入とはいえ、タイヤメーカーからすれば赤字に近く、ボランティアのようなもので、ただタイヤに会社名を刻めて、名前が知れて宣伝になるから作ってる、程度のものなんでしょう。
ゆえにちょっとしたことでパンクしたり、スリップしたり、すり減ったり、ということが出て、場合によっては事故になったり損害を与えることもあります。
私も新車装着タイヤでしたが、1年(30,000km)でパンクしました。
交通量のない時間帯で、かつ一般道でしたので、幸い事故はありませんでしたが、気づいたのは、自転車であればパンクしても何とか走れますが、自動車は空気がなくなると全く走れないこと。数メートルが限界です。非常に危険です。高速道路に路肩がある理由がよく分かりました。
ガタガタと何かと何かがこすり合っている音が、恐怖感をより増長させます。
空気補充が大事といわれますが、ディーラーに任せていれば大丈夫だろうと思っていた節もあったのかも。でもパンクはゴムのすり減りが原因だから、空気関係無いんじゃ?とも思っています。
レッカーで近くの修理工場まで運んでもらい、その店が在庫していた適当なタイヤをはめてもらいました。もちろん新品です。

 

 

違うタイヤに変わると、感覚や走り心地も変わりますが、1ヶ月もすれば慣れます。
とにかく何が言いたいかというと、「パンクする前に交換しましょう」
新車装着タイヤは先ほどもいいましたようにお試しですので、そしてディーラーやタイヤ販売店に金が入るようにすぐすり減るようにできています。
目で見て明らかにすり減っているなと思ったら、交換しましょう。目安は、半年。
くれぐれもディーラーに行って「今着いているのと同じタイヤをください」と言ってはいけません。
市販品よりもものすごく高い上に、品質は市販品の何十分の一だからです。

え、タイヤ買うとか節約じゃないじゃん、と思うかもしれませんが、何かあってからでは遅いのです。
命を運ぶのがタイヤである以上、何千万、何億という損害を発生させかねない新車装着タイヤは、資金の余裕ができたら速やかに交換し、将来の安全をお金で買いましょう。
一般的な会社員であれば、半年に一度ボーナスが出るでしょうから、それで買いましょう。一度普通の市販タイヤに買い換えておけば、以降は3年おきぐらいでも大丈夫です。
ちなみに4つ全部で本体と技術料込みで3~5万円程度で交換できます。現金がない方はクレジットカード払いに対応している販売店も多いので、尋ねてみてください。

コメントする