XperiaZ1 SIM接触不良がauショップで直らなかった話

直ったという話はよく聞きますが、世の中そう上手くはいかないこともあります。
今回は直らなかった話をしたいと思います。

さて、約3年使っている愛機のXperia Z1ですが、2、3日ほど前から何もしていないのに勝手に
「SIMカードが取り外されました」という表示が出て、再起動
その後「SIMカードが取り付けられました」という表示が出て、再起動
1日で50回ぐらい再起動していました。再起動ループにはまることも。そうなったら生きている間に「電源を切る」を選択して、SIMカードを抜いて放置。
また使う時は、SIMを入れて、おそるおそる電源を入れて、ソニータイマー()が発動しないかビクビクしながら操作。
端末が使える時間は10分ぐらいで、再起動だけでバッテリーを消耗するというタダの文鎮になりはてていた。

端末の寿命が縮む!!

自分でできることとして、SIMを取り外して、取り付けてみたもののやっぱりダメ。
SIMや、ソケットに息を吹きかけてもダメ。
繊維が付くため逆効果なのは分かっていますが、SIMをティッシュで拭いてみてもダメ。

ただしSIMを外すと再起動しなくなることから、SIM接触不良だろうと思っていた。

 

そして本日、auショップA店へ。
「1時間ほどの待ち時間でできますので」ということで、店内で待つことに。
新規やiPhoneなどの客が多い印象。
1時間経っても、2時間経っても、呼ばれず。機種変更でも新規でもないただの利益をもたらさない客は後回しにされているのだろうと思った。
その間も端末は再起動を続ける。SIMを取り外す遊びをしてみたものの、解決せず。
結局、3時間経っても呼ばれず。
さすがに限界なので「キャンセルで」と行って、店を出た。
店員にぶちぎれたかったが、店員にキレてもしょうがないので我慢。
※このauショップA店には、auお問い合わせ窓口を通じてクレームを入れておきました

 

そして、駅から少し離れて田舎のauショップB店へ。
なんと!客が一人もいなかった!
auショップB店で早速この事情を話すとSIMとSIM挿入部をダスターで吹き飛ばしてくれて、

「これで様子見てください」「季節の変わり目で起きることがあります」「長く使っていらっしゃるとホコリなどが入って誤作動することがあります」「カードである以上、どうしても接触不良は起こります」「ポケット等の揺れでも影響ないようには設計してはいますが・・・」「これでもダメな場合はSIM交換か修理になります」

との事。
効果あるのかなぁと思いつつ「わかりました」と良い、店を出て5分後
やっぱり再起動。
早速ショップに戻ると、入店して即店長と思わしき人に「やっぱダメですかぁ?」と聞かれたのはビックリ。顔パスかと思ったが、5分前の客だもんね。覚えてるよね。
事情を説明したところ、店員の前でも再発。苦笑していた。
「SIMカード交換にしますか」「修理にしますか」「ケータイサポート使って交換にしますか」「それとも!勢いで機種変更しちゃいますか??」と4択を迫られたので、まぁこういうのはリスクが小さいものから試すのが無難ですから、
「SIMカード交換で」と伝え、手続完了書にサイン。
SIMカード交換は、破損・紛失等でなければ、原則無料。作業としては5分程度の作業。まぁキャリアのものだし、経年劣化するのを分かっているからでしょうね。

 

au ICカード

今のところ、現象は再発していない。
経年劣化でたった1mm欠けただけでもSIM接触不良として再起動してしまう。
見た目に異常はなくても、経年劣化で縮んだり欠けたりすることがあるようだ。それとも、この2年半でSIMの材質が変更されたのか?
とにかく落としたり強い衝撃を与えた場合に、SIMが欠けるのだろう。たしかにこの3年で10回ぐらい落としてるからなあ。それが累積してある瞬間に、認識されなくなり再起動を繰り返す。
また、こうなった場合は、いくらSIMを掃除しても解決しない。端末を交換しても解決しない。機種変更とかいう問題ではなく、カードの問題。
かといって、携帯を落とすなというのは人間である以上、無理。携帯として売る以上は、以下のスペックは必須のように思う。
1.週5・8時間勤務する一般的な会社員(歩き回ったり、着座したりする)がポケットにスマホを入れても、3年間壊れない
2.1.5mの高さから、10回落としても壊れない(※ここでいう壊れないとは、見た目ではなく動作異常がないという意味)
3.新幹線や飛行機などの高速で移動する場所・気圧が不安定な場所でも壊れない
4.バイブの強さを工夫し、1日30回・3年にすると3万回バイブを鳴らしても端末に不具合が起きない

 

そして、キャリアの店に行く時の注意として、
1.きちんと問題点をはっきりさせておかないと、勢いで機種変更させられてしまうので何が終われば帰るかをはっきりさせておく
ある程度ネットで情報を仕入れておかないと、向こうの思うつぼにさせられてしまう
2.ネット回線、スピーカーや浄水器、タブレットなどの押し売りは断る
断ると言っても回線料金月いくらですかと聞かれたら「3,000円」という感じで、それ以上のトークが進まないようにする
タブレットも「既に持っています」と言えばそれ以上のトークは進まない。タブレット2台持ってもしょうがないですからね
3.なるべく土日は混むので避ける
4.1時間以上待たされる場合はキャンセルして、他の店に行く(店員がその場で言う時間はあくまで予測でしかない)
特にこの時期はiPhone発売でしかも土日となればなおさら混んでいるので注意が必要。再起動を繰り返すのは充電がなくなるだけでなく端末の寿命にもダメージを与える緊急事態ですから、土日とかいってる余裕もなく、混んでても待とうとは思っていたが、さすがの私でも3時間が限度だった。

もし同様の症状が出ている人がいたら、キャリアで無料で解決してくれますのでお試しあれ。
キャリアの窓口なんて待ちたくない、嫌いだという人でも、この症状はキャリアの窓口で直した方が一番手っ取り早いので受け入れるしかないかと。
また、最近買い換えたばっかりだし私には関係無いという人も、1年後・2年後この症状が出たら、窓口に持っていけばよいということも覚えておくとよいだろう。

 

~続報~
この原稿を書いた後6時間ほどは安定していたが、仕事に持ち出すと再発
かなり動き回る職種なので、(ならばポケットに入れるなという話だが) 本体側のSIMソケットの不具合と断定し、以下の対策を検討。
修理・・・データを完全消去しないと受け付けてもらえない(あるいはショップにて問答無用で初期化される) 期間が2週間ほどかかり、修理工場で再発しなかった場合は異常なしで返ってくる上に、その間は代用機貸出になる。アプリのインストールや設定などが二度手間になる
ケータイサポートプラス・・・所詮戻ってくる端末は同メーカー・同シリーズ同機種である事から、再発の恐れあり。またリフレッシュ品といえども完全な新品ではなく、抵抗がある。また中身の基盤等が中古であった場合、今後何年使えるかが不明。スマホのアプリインストール等や再設定は手間がかかるため、なるべく端末入れ替えは最小限にしたい
※ネットでは、Xperia Z1は落とすと中身が壊れる潜在的な不具合を抱えているらしい
3年で壊れるソニータイマーさん、よくできております
(私の場合は接触不良なんでまだよかったです)
再び上記のショップに出向き、使用年数がもうすぐ3年となるため、上記のサービスを使うよりも、機種変の方がメリットが大きい。
ショップ店員と私で「機種変するしかないですね」と満場一致の結論になった。

来月末ぐらいにはXZとかいう本命モデルが出るんだろうが、それまで待てないので、仕方なくXperia Performanceを選択(いわゆるZの廉価版)
スペックを追い求めてきたソニーが使い心地に舵を切るという前代未聞の端末で、ネットでは叩かれまくっているが、auではこれしかないので仕方がない。
auはドコモと異なり、スマホの機種数を絞っているので、お財布対応はかなり限られる。サムスンはスペックは良いんだが爆発が怖いし、シャープは過去に苦い思い出があるので却下。
チップの消費電力が35%減ということなので、期待したい。Android 6.0では、4Gに進化し、アプリ実行前に個別に許可を設定できるようになったメリットはあるが、デメリットとして端末にとって都合の悪い設定は、奥の方に隠れてしまったことだけを注記しておく(同期の設定など)
いよいよスマホも完成形に来たのかなと思いつつ、「携帯」として普通に使えるガラケー並の耐衝撃性能を兼ね備える設計にして頂きたい。

コメントする