なぜ早朝勤務は嫌われるのか

スーパーやコンビニなどでよくある、早朝早出の勤務形態だが、夜と同じぐらい朝も人がいないという状況に陥っている。
あるセブン店長のサイトでは6時で退店する深夜の人を7時や8時まで引っ張ればという論理が提案されているが、深夜の人も体力に限界がある。
深夜の人の負担が増え「辞めます」ということになれば朝どころの話ではなくなってしまう。
一般的には前の日の夜から勤務している人に朝ラッシュをお願いする店長は非常識としか言いようがない。
人手不足は店長のせいなのだから、店長の努力が足りないのである。時間を増やすではなく人を増やすのが経営である。人が見つかるまではできる限り自分がシフトに出て人を探す努力をするのが店長である。

なぜなのか。
早朝も深夜と同様、一般サラリーマンや学生は8時や9時始業で早朝は起床して出発の準備をしているからだ。
もしかしたら1時間なら働ける人もいるかもしれないが、後述の理由によりきっと長くは続かないだろう。

例えば朝勤の時給を昼よりも150円高く設定したとするが、それを上回るほどの業務があり、結果残るのは人間性のかけらもない粘り強い人だけだ。
レジをやるごとに人間性が欠けていく。
・6時勤務開始だと5時には起きなければいけない。
・昼ラッシュに匹敵する客数(一時間あたり100人)
昼ラッシュに比べてイライラしている人が多くイライラが伝染する。キレやすくなる
・客がいるときはいるが、いないときは全くいないなど波があって余計に疲れる
・ゴミ箱の取り替え
・夜中の半分ほどの量の納品
を1~2時間で処理するのは、不可能に近い。
レジをやりながら上記のような多忙な業務を並行で処理するとストレスで脳がいかれていく。
数ヶ月経って気づいたら辞めていた、というケースが目立つ。

朝勤が安定しないのは以上のような理由だ。
時給を上げるにも限界があるので、まず朝の時間帯の納品は最小限にするなど働きやすい配慮をした上で、紹介制度を導入するなど必死に努力するしかない。

コメントする