こんなものも?! コンビニで予約注文する方法

コンビニのほぼすべての商品は、電話あるいは対面で無料で「予約」をすることができます。
予約とは、取り置きと似たようなものですが「○○日に○○個欲しいのですが」という、いわゆる特注のようなものです。
本部は宣伝していませんが、売上の低い店ではこれをやると売上をかさましできるので、ギフトと同じぐらい重要なものです。
従業員にとっては忙しくなるだけで何の得もありませんが、近年増えています。

例えばこんなときに。
・入学式や卒業式のお祝いとして(学校)
・地域や町内会の集まりやイベントとして
・ちょっとしたパーティーに
・職場での会合に
・部下へのプレゼントに(職場)

予約商品として多いのは以下のようなものです
・弁当、おにぎり30個 ペットボトル飲料30本 サンドイッチ30個
・パン30個
・PBのビスケットやドーナツ
・アイス取り置き(夏)
・QUOカード50枚(現金のみ)

そして、大量注文すると以下のようなサービスを受けられる場合もあります(店長との交渉による)
・職場、学校、あるいはイベント先への指定日指定時刻の配送
・この商品とこの商品をこの袋に、などといった個包装
・商品代金端数分のカット

申し込みは基本的には早いほうがいいです。弁当類などのいわゆるデイリー品の発注は毎日やっていますが、物によっては2日前のものもありますので、デイリー品は3日前までにしてください。
菓子やQUOカードなどの商品は、週3日配送が基本ですので、1週間前までに申し込むことをオススメします。

基本的には後払い(届き次第レジでその場で会計するので多彩な決済方法が可能)ですが、大量注文の場合は前払い、あるいは店長指定口座への振り込みが必要な場合もありますので、詳しくは店舗に相談してみてください。担保(?)として名前と電話番号を聞く店舗がほとんどです。
本部のサイトから購入できる物もありますが、絶対に前払いで配送に関してもスタッフは配送せず配送業者がやりますので時間も数時間単位です。それに対して地元の店であれば融通が利くので、最終日に現金で払うといったものや配送も地元に熟知した店のスタッフ及び店長がやることで指定時刻までに届けるといったことが可能になります。
皆様もリアル店舗の強みを生かしてコンビニを活用しましょう。

コメントする