コンビニに売ってる切手は4種類だけ

コンビニは郵便屋ではありませんので、扱っている切手は最小限です。

2円、62円、82円、200円印紙

これしか扱っていない店がほとんどです。
在庫に関してはその時々によりますが、ほとんどの店が数十枚単位のシートで持っている場合が多いので大量注文もできます。

たまにこれ以外の切手を聞いてくる客もいるようですが、その場合は「この組み合わせで何とかしてくれ」といいます。
「それなら損するのでいいです」なんて帰っていく客もいますが、まあ知らんぷりです。
店によって120円切手があったりなど品揃えが違うのはもちろんですが、基本的にこの4種類は最低限扱っています。
※コンビニ店員が郵便物の重さを量って料金を知らせることは郵便法で禁止されてるので客が自分で判断して必要な切手を買う必要があります
「はがきなら62円、封筒なら82円」と常識的なことを答えることはできますが、「この重さはいくら?」というのはできません。

まぁ切手は廃棄もないし損もしなければあまりも得もしない商品でありますが、基本的に郵便局に買いに行くので
マイナーで売れない切手を扱っていても紛失盗難リスクが大きくなるだけです。
なぜ扱いが店によって違うのか、最小限しか扱っていないのかという理由は「種類を増やすと管理が大変なため」「一度マイナーな切手を扱うと客がその店に集まり止められなくなるため」に加えて最初に述べた「コンビニは郵便屋ではないため」が答えです。
マイナーな種類の切手を注文されると店員が戸惑うので、必ず上の組み合わせで枚数を言ってあげると親切でしょう。

コメントする