電気代月300円? 一人暮らしに最適な冷蔵庫3製品まとめ

一人暮らしで冷蔵庫が必要という人は多いと思います。
私のように冷凍庫は空でも、何か飲み物ぐらいは冷やしたい、という人もいるはず。逆に飲み物は飲まないけどアイス等冷凍スペースは広い方がいいという人もいるでしょう。
しかし、知識もなく適当に安い物を買ってしまうと損してしまうことも。
長く使うものだからこそ、損しない買い物を、というのは誰もが思いますよね。

まず、冷蔵庫には大きく3種類あります。
「直冷式」・・・消費電力の点では優位だが、霜取りが必要
「ファン式」・・・消費電力はまあまあだが、霜取りが不要
「ペルチェ式」・・・霜取り不要だが、冷却能力では劣る。冷蔵と言うより保冷に近い。
※霜取り必要とは、放置しておくと冷却器の周りに氷の塊が出てくることを言います。定期的にこれを取り除かないと冷却性能が下がるのです

ということで、知識のない方は「ファン式」を選ぶのが安全安心と言えます。

ファン式の2ドアの製品でおすすめなのが、三菱の製品。電気代310kWh/年(月516円)

静かで電気代も抑えられており、国内メーカーにしてはデザインが優秀という点がうけています。
私はパナソニックの旧型モデルを持っていますが、この製品はパナの製品よりも1dB静かです。10dBで音の大きさは3倍になると言われていますので、1dBでもかなり大きいことが分かります。
正直デザインと静音の点に関してはうらやましいと思える製品です。
ただし国産メーカーの冷蔵庫は冷えがしっかりしている分、夏はカタログ値以上に消費するので注意。月700円ぐらい、5年使って冷却性能等が劣化しているともっと消費し月1,000円ほどになっているかもしれません。社の寮などで電気代が割引されるので気にならない、電気代無料の物件だという人にはオススメです。
「せっかくなら大きいものを買いましょう。断熱材の質が違います」などというサイトも多いですが、国産ファン式冷蔵庫は仕組みが同じ為、大きさが違ってもどの機種も大きく電気代は変わりません。

海外メーカーでもよく、ファン式で節電を重視したいんだという人にはこちらがオススメ。電気代232kWh/年(月386円)

消費電力は232kWh/年(月386円)と三菱の310kWh/年(月516円)より80近く低く、1kWhを20円として計算すると年間1,600円節約できる計算。
これはあくまでカタログ値の机上での計算ですから、実消費電力となるとかなりの差が出てくるように思います。(一般的に冷蔵庫はカタログ値以上に消費する世界です)
弱~強でのダイヤル式の温度調整も可能です。

ちなみに電気屋等に行くと「AQUA」というメーカーの製品を見かけるかもしれませんが、これは日本製ではなく中国製ですので注意してください。(中国製が悪いというわけではありませんが)

最後に、そんなたいそうな冷蔵庫は要らないんだ、という人向けにオススメなのがペルチェ式の冷蔵庫。
電気代150kWh/年(月250円)
ただ値段が安い分寿命も短いようで、2年程度で壊れるということも。どうせ2年程度しか住まないという人にはいいかもしれません。
またペルチェ式の特長を生かし、モデルにもよりますが5度~16度など広い範囲で温度調整が可能。

木目調が目を引くデザインが人気を集めているこのモデル。ペルチェ式は一般的には氷点下になることがないので霜は発生しません。
2リットルペットボトルが7本しか入らないので、明らかに自炊しない、飲料保存専用といった感じではありますが、その分電気代もお得です。
定格消費電力83Wですが、これは最大消費電力のことで、ほとんどの場合はこれの3分の1程度で済みます。1日1回ぐらいしか開けない人ならもっと節約になるかと。
このモデルではないですがペルチェ式にワットチェッカーをつなげて調べた人いわく月300円程度で運用できるとのことで、年間150kWh程度となると、他の一般的な冷凍つき冷蔵庫の2分の1という計算になります。1kWhを20円として計算すると、年間3,000円近く節約でき、本体が5年もてば電気代の元を取れることになります。
ホテルにあるような冷蔵庫とほぼ同じですので部屋にも置けますし、部屋に置くとクーラーも効いていますので夏場の冷蔵庫電気代抑制も狙えます。

冷蔵庫というと電気屋にあるような大型ばかりを想像しますが、調べてみるといろいろと奥の深い世界です。

コメントする