新東名「猪瀬ポール」はなぜあるの? ネクスコに聞いてみた

もうすぐお盆で、新東名を通る人も多いはず。
猪瀬さんは「俺のせいではない」と言っている新東名静岡区間にある通称「猪瀬ポール」ですが、「費用対効果を考えろ」と割と保守的な様子。
「東名があるから別に新東名は2でいいだろ、将来的にはあり得るかもな」と含みを持たせたような発言もあります。俺はネクスコの儲けを増やしたんだと効果ばかり強調。
ネット民のほとんどが「3にしろよ」と主張していて、走ったことのある人ならほとんどの人が思うと思います。

 
写真は新東名の猪瀬ポールです。加工して強調しています。橋脚部分は落下防止のためか盛り土がされています。

実際に走ってみると分かりますが、SA/PAの手前や合流付近などは3車線にしてあり、それ以外でも3のところはありますが、途中で2になったり、だったら全部3にしろよ、とは皆が思うこと。車線減少の看板が出ていますが、幅がコロコロ変わるのは事故の原因になるのは明らか。一般道なら許せるけど、金取る有料道路でこれやるのはどうなのよ。
2で作ってしまった愛知県区間は仕方ないにせよ、3で作った静岡県区間は3でいいでしょ、と思うのです。
もちろん警察が点を取れないとか速度超過につながる、違反車両の追跡が大変だ、とかはあると思うのですが、2の弱点は90km/hリミッター付の大型トラックに2車線ふさがれたら終わりと言うこと。どこかの車線で事故が起きたら1車線封鎖でも2なら1しか残らないと言うこと。3なら2残るのは小学生でも分かりますね。「東名」という名の通り、日本の大動脈である道路がこんな物で良いのか、作った職人達は悔しくないのか、という話ですわな。

ところで、なぜこんなものがあるのかネクスコ中日本に聞いてみました。フットワーク軽いですね。しかも一言程度しか質問していないのに、これだけ返してくれるのも親切。

お寄せいただいた「新東名のポール」につきまして、新東名の整備は、1989(平成元)年2月に完成6車線で基本計画策定され、そのうち長泉~東海間は完成6車線で1991(平成3)年12月に整備計画策定、1993(平成5)年11月に施行命令を受け事業を進めていたところですが、「道路関係4公団民営化」での建設コスト削減の議論、2003(平成15年)12月の国土開発幹線自動車道建設会議の議を経て、2004(平成16)年1月の整備計画で「工事はさしあたり4車線とする」と変更され、現在にいたっています。(御殿場~長泉間は、暫定4車線で1996(平成8)年12月に整備計画策定、翌年1997(平成9)年12月に施行命令を受けました。)

新東名(御殿場~浜松いなさ)については、民営化時に既に6車線にて工事着手していたトンネルや橋梁があることや民営化後に将来に4車線を6車線への拡幅施工する場合の検討を行った結果、工事の手戻りなどが生じ施工が困難な橋梁については、当初から6車線で建設した方がコスト的に有利であることを踏まえて施工し現在の運用(暫定4車線)となったものです。

なお、今回の開通は整備計画に定める通り暫定4車線にて供用することとし、舗装・交通管理施設等も4車線対応としているところです。

完成6車線の整備方針(ポール撤去)については、交通状況等の変化を踏まえ国土開発幹線自動車道建設会議等の場で議論がなされ方針が決定されるものと考えており、弊社としましてはその結論を踏まえ対応していきたいと存じます。

ちなみに大型車が並んで走るせいで小型車が追い越せないんだという意見についても、以下のように回答しています。

「小型車加速できないため大型車走行車線への看板を設置する等対策希望」につきまして、お客さまには高速道路をご利用の際に危険な思いをおかけしましたことをお詫び申し上げます。

キープレフトの徹底や追越車線の追越目的以外で走行しないなど走行マナー向上につきましては、安全で快適な道路空間の確保の観点からも重要だと認識しており、リーフレット「マナーガイド」の配布、電光表示板での呼びかけなどの様々な啓発に努めているところです。

今後も活動の強化に努めていくとともに、交通管理者である警察とも協同してさまざまな対策を検討してまいりたいと存じます。

※本記事では数字は片側車線数を意味します
お役所言葉が並びますが、簡単に言うと「新東名は2でやると決めた」「でも3で作ったところは2に減らして対応する」ということです。交通量が増加したら一応3にすることは可能というニュアンスの回答です。ポール撤去は会議を踏まえて対応したいということから、ネクスコ中日本は3に前向きと言うことが受け取れます。
ただもし仮に猪瀬ポールを外して3とした場合、道路塗装部分が増えることから定期的な修繕や管理の費用は増えることになります。今はポールでふさがれていて車両通行がないから放置で良い部分も、車両が通りだしたら定期的なメンテナンスが必要です。また事故時に油等がまかれた場合、取り除く面積が広くなり時間や費用がかかる恐れがあります。
最近amazon等の影響で宅急便が捌ききれなくて大変だという話が出ていますが、当然注文された荷物は大型トラックに載せて運ばれるわけですから、荷量増はすなわちトラック増を意味し、道路を走るクルマも増えるわけですから、整備計画を決めた2004年の時はそれでいいにしても、今では厳しい、でも今やる理由がないので、東京オリンピックをこじつけにして、2020年にはポールを外すというような対策も必要なのではないでしょうか。
交通量が云々以前に、東名のバックアップ道路なのですから。このままではせっかく3で作った職人達の汗がぬぐわれません。

コメントする