2,500円でできる!シャークフィンのすすめ

車の天井に付いている黒いアンテナは、実は簡単に取り外せます。
くるくる回すだけで、取り外しできます。幼稚園児でもできますね。

この黒いアンテナは、実はかなり空気抵抗になっています。寝かしたり立てらせたりできますが、これのデメリット
・立体駐車場や洗車機に入れる時に折りたたまなければならない
・見た目がごつい、ださい
・その割にはラジオの受信にしか使っていない(一部車種)
・他の車もつけているので差別化できない

これを、シャークフィン(別名ドルフィンアンテナ、フカヒレ)に交換します。
特に安い車の場合はディーラーオプションでも用意されておらず、入手できません。
もしオプションがあったとしても、1万円以上の出費は確実。車種によって2~4万円なんてことも。
そこで、市販品を取り付けます。(※取り付けても数年後には取り外し可能ですし、査定にもほぼ影響しません)
例えば以下のようなもの。
車種別のカラーに塗色した商品も出ていますが、そうなると8,000円以上かかってしまいます。とりあえずつければいいという人は以下がオススメ。

取り付けも簡単で、付属のネジでアンテナを接続して両面テープで固定するだけです。
走行中に外れるのではないかと不安かもしれませんが、そういう方は一応以下の商品の購入もお勧めします。
これは接着促進剤で両面テープの接着力をより強力にするものです。強力すぎて臭いが強かったり皮膚に影響があるほどの業務用製品です。
あらかじめ接着場所に塗る形で使用します。※接着場所以外に塗ると塗装ハゲの原因になるので注意

この形状のアンテナを着けると、以下のメリットがあります。
・受信感度は大きく変わらない
・立体駐車場で悩まない
・他の車と差別化できるので駐車場で見つけやすい
・直進安定性が向上する =これはハンドル修正が減り、走行中の疲れが減ることを意味します
・加速がよくなる
・風切り音が減る
・燃費がよくなる =3,000円程度のアンテナなら1年以内に元取れるかも

取り付けの仕方ですが、厳密にまっすぐでなくても構いません。
大体まっすぐになっていればOKです。

じゃあなぜこんないいものを、低価格の車にはつけないか。
それはコストの関係だからです。低価格の車のユーザーは風切り音や見た目は気にせず、単にラジオが聴ければ良いとしか思っていないからです。
一方、燃費を追求するアクアでは既に標準装備ということからも、空力に影響があるのは間違いないです。
もしまだ黒いアンテナだ、という人はぜひシャークフィンをご検討ください。DIYで誰にも頼まず10分ほどでサクッとできます。

コメントする