食費を月1万円に抑えるたった1つの方法

ごくごく当たり前のことなのですが、食費節約でほとんどの人が実行していない事があります。

それは「外食を減らす」こと。
何を言ってるの?そんなの無理!と思うかもしれませんが、自分を徐々に慣らしていけば意外と簡単にできます。
ショッピングモール等でわいわい食事は楽しいものですが、商品の値段がすごく高い。
ラーメン一つで500円、うどん一つで300円、家でも作れそうなクレープに700円、ただ果実をジューサーしただけの飲料に500円と、よく払えるなあと言う気がしています。
回転寿司となれば一人1,500円は行くし、バイキング(ブッフェ)もそう。
例えば二人で行けば3,000円になり、週に1回行っていたとすると3,000円×4回で月にすると12,000円の出費となります。
500円の料理を週3回・2人で行ったとしても、同じ12,000円の出費になります。

単に満腹にしたいだけならカップラーメンやスーパーにあるような弁当・総菜で十分事足りますし、500円も出せば十分満腹になれます。
コンビニに行っても単価の高い弁当は買わず、同じ出費で大きな満足を得られる総菜パンを買うのです。
話がしたいだけなら、別にLINEの通話でもいいわけです。
その場所に価値があるんだ、ということなんでしょうが、それは外食産業の策略に乗せられています。

 

人間はもともと、1日1回満足な食事(700kcal以上)と、適度な間食、水分補給をしていれば生き続けることができます。
1日3食があたりまえだ何を言っているんだ!と言われそうですが、「朝」「昼」「夜」毎食必ず取らなければならないといった固定観念に縛られていると、
コスパの悪い外食産業に金を落としてしまうことになります。
そもそも「とらない」という選択をすれば、出費は0円で済むわけです。
ネットにフルーツだけで生き続ける男がいるという記事がありましたが、腸は環境適応能力がありますので、無理に3食とらなくても
徐々に減らしていけば1食でも十分ですし、食事の内容も徐々に変えていくことで、適応させることができます。
「徐々に」というところがポイントで、一気に変えてしまうと病気になってしまいます。

最も貧乏だった時は、3日連続でカップラーメン(太麺シリーズ)と水だけで暮らしたこともあります。
1食150円ほどで買えて、少なくともフルーツより安いです。水も1.5リットルの物を店で安く買えば、冷蔵庫の電気代を加味しても月1万円で生活できます。
ただし、食事を減らした分、エネルギー消費も減らさなければなりません。
他の人と同じように、外出やジョギングなどといったことはせず、暇な時間は家にこもり寝る。テレビも目、耳や頭が疲れるので、見ない。
寝る時間は人生の無駄な時間と唱える人もいますが、その時間に下手に行動して下手に何かを買って消費するよりは、安全です。

 

雑誌等では「貧困家計の家計簿!」などとたまに特集が出てきますが、その中でも必ず項目としてあるのは「外食費」「習い事」
食費なら分かるが、外食費って? ヤマザキの総菜パンで十分でしょう。
また、習い事も2つや3つ掛け持ちさせている人もいますが、子どもにとっては大変なことなので、どうしてもさせたいなら1つでよいでしょう。
少しでも安い業者を探すことも大切です。塾業界であればベネッセをはじめとする通信教育にすると安く済ませることができます。
どうせ塾にも行かないし、行っても自習みたいな感じで場所貸ししかしていない、教師の質も大学生なので決して高いとは言えないからです。
貧困家計は収入が少ないのにいろいろと無理をしているので、赤字になるのです。
感情を捨てて出費を断捨離していくことが重要です。

他にも家計の節約術としては、
・電気製品は店舗で買わずネットで買う(新品でも50%オフとかザラにある。長期保証が魅力だが最近の電化製品はほとんど壊れない)
こだわりがないなら中古にすると更に安く済みます
新製品へのこだわりを無くし、古い製品を壊れるまで使う
・毎日コンビニでジュースを買ってるなら、近くのドラッグストアで箱買い
・毎日の定食を辞めてコンビニの総菜パンに切り替え
・毎週のジャンプ買いや定期購読を辞める
・スマートメーターに交換し電気代節約(アナログは地震等で針が傾くと過剰計測になりますが、デジタルなので正しい使用量になります)
・服の購入を辞めて、毎年使い回す
捨てなければ、買うこともありません
・携帯を大手三社からMVNOに乗換、固定電話を廃止
・賃貸の場合、少しでも安いところに引っ越して家賃を節約(家賃は交渉で下がることは少ないので、安いところに引っ越すしかない)
引越し費用と将来浮く費用を天秤に掛け、元が取れるようであれば実行
車移動が主である田舎ならば、どこに住んでも大きく変わりません
・年賀状の送る相手を厳選して切手費用を節約  100人に写真入り年賀状を業者に頼んでいたとすれば、自宅プリンタで印刷して30人にするだけでも大きな節約
・買替計画を延期して節約  4Kなんて意味ない、HDで十分、見れればいいなどと自分を説得させる
・生命保険やガン保険、自動車保険などを見直し
・無駄な年会費を払ってる物は解約  PCデポとかもそうだがジムやクレジットカードの年会費なども同じ。

などなどたくさんありますが、要は「そもそも外出しないことで節約」できる部分は大きいのです。
まずは一人の時の外食から見直すことで、節約する人生を実践し、一円でも多く金を残せるようにしましょう。
ただ、苦労する節約はよくありませんので、事業仕分けのように無駄をなくすというニュアンスでやると自然に取り組めると思います。
なんせ、一度払った金は元には戻らないのですから。

コメントする